育児のうむ宝物:ずっといやしてくれる




*目にやさしい背景色を使用*











育児しながらやる他のことなら、手をぬいてもいいかも?








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き <子どもは、服がきらい>

2.成長すると、いうことをきかない

3.腹立たしいったらありゃしない

4.気がおさまるまで

5.記憶をさかのぼり

6.目を閉じたまま

7.宝物がささえてくれる

8.まとめ <宝物は、一生いやしてくれる>








それでは、物語のように、どうぞ














そこは、人が壁のない家に住むのしげる島







1.タウパの前書き <子どもは、服がきらい>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

島の子どもたちは、みんなスッポンポン!

気持ちが、いいんだってばぁ。

ぼくも学校から帰ったら、

制服の短パンを、ぬいじゃいます。


















   2.成長すると、いうことをきかない

胸がふくらんできた14才、ビシビです。

軒先に立って、高床にあぐらをかくお母さんに、強い目をむけました。

「お母さんみたいな服を、着るのなんていや」

服は茶色い布で、袋のようにダボッ、とつくってあります。

「だったらせめて、学校から帰ったら、短パンをはいたままでいなさい」

「イヤだ。私は生まれたままの姿が大すきなの、そんなこともわからないお母さんなんて、最低

ビシビが横をむいて、歩きだしました。

「なんだい、その口のきき方は」

お母さんがいそいで、高床からおりました。

「それが親にむかっていう言葉か――」

どなり声が、走りだしたビシビの背中を、おいかけます。


 

















   腹立たしいったらありゃしない

島の先端へむかう道が、ヤシの木のあいだをつづいています。

「まったく、あの子ったら」

ぶつぶついいながら、お母さんが歩いています。

「とっつかまえて棒で、ひっぱたいてやりたいよ。どれだけすっきりすることか。サッ」

はきすてるように発し、道を折れました。

ヤシの木のあいまにしげる雑木のあいだに、人が歩いてできた道がつづいています。

雑木の葉を、一方の手でたたきました。

「まったく、腹立たしいったらありゃしない」


















4.気がおさまるまで

ひらけた場所にでました。

雑木にまるくかこまれて、芝のような下草のはえた中ほどに、白い小石がまるく敷きつめられています。

その中心に、大人のひじから指先ぐらいの幅をした、シャコ貝が上の貝をななめにひらいた状態で、おかれています。

下の貝には、大人の指先ぐらいの大きさをした、白い石が3つ、よりそうようにしてありました。

祭られている神様を正面にして、下草にお母さんが立ちます

「気がおさまるまで少し、やすませてくださいな」

神様のほうをむいて、下草に横になりました。


















5.記憶をさかのぼり

ヤシの葉が、影をつくっています。

「やっぱりここは、気持ちが落ち着くわねぇ」

ヤシの木がしなり、幹がきしむ音がたちました。

お母さんの目が、神様にむいています。

影のなかで、葉のあいだをぬけてくる風をうけながら、思いだします。

ビシビがまだ手のかかる、幼ないころでした。

葉をあんだマットにあぐらをかき、地面にさした棒に、人のせたけ以上に細長い葉を、こすりつけます。

葉のはばのひろい部分をもち、腕をいったりきたりさせ、葉をたいらにのばします。

お母さんの足にあがったビシビが、腕に足をかけて肩へあがろうとします。

「ビシビ、おねがいよ。ひとりで遊んでて」

お母さんが、ビシビを地面におろし、作業をつづけます。

「も~、ビシビったら、葉がのばせないじゃない。屋根を葺きかえなきゃいけないの」

地面におろされたビシビが、くりかえし試みます。


















6.目を閉じたまま

「も~、ビシビったら、これじゃあ夜も、作業をするようだわ」

お母さんがビシビをだいて、立ちあがりました。

「おばあちゃんに、みててもらいましょうね」

だっこされたビシビは、ごきげんです。

「それじゃあ、お母さん、おねがいしますね」

そういって、ビシビのお母さんが、歩きだします。

ビシビが、泣きだしました。

とたんに泣き方が、はげしくなります。

おばあちゃんが、つれていくようにいい、お母さんがもどると、泣きやんだビシビが、りょう手をお母さんの首にまわしました。

その腕のやわらかさが、思いだされます。

だいて歩いていると、ビシビが一方の手を前にだし、開いたり閉じたりしました。

その指の、肉のもりあがりが、頭にうかびます。

神様へむくお母さんのまぶたが、閉じていました。


















 7.宝物がささえてくれる

お母さんが腕を、枕にしています。

お母さんをつつむヤシの葉の影が、風でゆれていました。

≪あのころは大変だったけど、なんでもかんでも、そんなに真面目に、やることなかったのよ。若かったから、そんなふうに思えなかったけど、屋根に葺いた葉が古くなって、雨が落ちてきたって、いいじゃない。横へ、よければいいのよ≫

目をつぶったまま、お母さんがほほえみました。

≪あのころのビシビ、かわいかったなぁ。もっと、もっと、じゃまされれば、よかったのよ。作業がすすまなくたって、いいじゃない。もっと、もっと、じゃまされれば、よかったのよ≫

ヤシの幹がしなる音をひびかせました。

起きあがったお母さんが、神様にむいてあぐらをかきます。

≪いいわ、ビシビが自分から、服を着るっていうまで、あの子は裸だわ。いいじゃない、もっと、もっと、じゃまされれば、よかったのよ≫








 8.まとめ <宝物は、一生いやしてくれる>







こんにちは、どふぁらずら。

育児がたいへん、つかれる!

そんな今、

うまれる宝物。

一生、いやしてくれるずら。




おっと!

相手を思いやる、こんなページがあるずら。

・共働き:うまくつづける >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供