結婚するときの約束:まもってますか?




*目にやさしい背景色を使用*











約束。

そのときには、できる、やれる、って思うんですよねぇ……。








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き

2.遊具のようなお父さん

3.お母さんが子どもたちと作業

4.結婚するときの約束

5.子どもに愚痴をこぼすお母さん

6.お父さんは約束をまもった

7.まとめ <期待するほうと、されるほう>








それでは、物語風におくります















- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -








1.タウパの前書き

こんにちは、島に住む10才のタウパです。

うちのお父さんとお母さんも、

なにか約束したのかな?

約束、

まもってるのか、聞いてみたいってばぁ。


















2.遊具のようなお父さん

ヤシの葉をあんだマットをしいた床に、腰に茶色い布をまいたお父さんが、あぐらをかいています。

3人とも女の子で、10才を先頭にした年子でした。

三女が、お父さんの肩にのって、お父さんの髪の毛をいじります。

二女が、一方の足に外をむいてまたがり、からだを上下させてはしゃぎます。

長女が、もう一方の足にお父さんのほうをむいて座り、からだを前後させながらお父さんと話していました。

3人が遊具で、あそんでいるようです。

耳をふさぎたくなるような、お母さんの声がとんできます。

「お父さんは、漁へいくの、3人ともおりなさい。おりてわたしといっしょに、作業にいくのよ。さぁ、はやく」

お父さんが、三女を肩からおろしました。

「さぁ、お母さんといっといで、お手伝いをするんだ」

茶色い服をダボッと着たお母さんが、子どもたちをつれて、軒をくぐって外へでました。

















 

3.お母さんが子どもたちと作業

潮がひいていきます。

水深が大人の指のふとさほどの海のふちが、白い砂のうえをすべるように、沖へ遠ざかっていきます。

浜をくだってすぐのところに、移動させた石を積みました。

「さぁ石をどけたら、こんどは砂をほるわよ」

子どもたちといっしょに、お母さんも膝をついて、りょう手をつかって砂をうごかします。

「若いヤシの実のかわが布のふくろに、たくさん入ってるんだけどね、こうして埋めておおくと、繊維がつよくなるの。繊維をよってつくるひもが、じょうぶじゃなきゃいけないのよ」

ふくろを取りだそうと、4人が砂をほります。


















4.結婚するときの約束

片手で砂をひきよせながらお母さんが、このふくろを埋めるときにした、お父さんとのやりとりを思いだしました。

「お父さんたら約束、1回もまもってくれたこと、ないじゃない」

「約束ってなんだ? なんにしたって俺は、やぶったおぼえはないぞ」

「なに言ってるのよ。子どもが、ご機嫌で自分たちであそんでたり、あそびつかれてねむってたりして、そのあいだにやっとの思いで作業をしてると、とつぜん泣きだして、作業と子どものめんどう、わたしがどれだけたいへんだったと思ってるのよ」

「いつの話だ?」

「3人とも小さいころよ。結婚したときにあなた、言ったじゃない。子どもが生まれて、ぐずったら、かならず俺があやす、って」

「ああ、覚えてるが、3人ともなんていい子なんだ、と思ってたからなぁ。おまえが、そんなにこまっていたとは、おどろいた」

















 

5.子どもに愚痴をこぼすお母さん

子どもたちが、膝をついて袋のまわりをほっています。

お母さんが、砂をひきよせながら言いました。

「わたしはね、あんたたちをだっこしたお父さんが、あなたたちが泣きやまずに、こまった顔を見たかったの。わたしばっかりたいへんじゃ、ずるいじゃない。泣いてるあなたたちを、お父さんがだきあげるのを、楽しみにしてたのよ」

お母さんの腕が、遠くへ砂をおしました。

「それなのに、あなたたちときたら、お父さんがくると泣きやんじゃうんだから。わたしは、お父さんにだまされた思いだったわ」

















 

6.お父さんは約束をまもった

二女と三女が立ちあがり、砂をりょう手ではこびました。

長女がりょう手で、砂をひきながら言います。

「お母さんは、だまされてないと思う。お父さんは約束をまもったよ。だってわたしたち泣きやんだでしょう」

お母さんが手をとめて、長女へ顔をむけました。

「わたしたちがねてる母屋の床って、地面にマットをしいてあるでしょう。うえをむいてねてると、一番よくわかる。ずしっ、ずしっ、って響いてくる。お父さんの歩く音がして、あっ、だっこしてもらえるんだ、って安心したり嬉しくなったりしたから」

二女が、つづけて言います。

「わたしも、おぼえてるよ。ずしっ、ずしっ、って」

三女が、片手をたかくあげました。

「ずしっ、ずしっ」

お母さんの口が、ポカンとひらきました。








7.まとめ <期待するほうと、されるほう>







こんにちは、どふぁらずら。

結婚するときの約束。

期待するほうは、おぼえてる。

んだから、

期待されるほうは、実行ずら。




おっと!

独身でも、幸せずら。

・小さな笑顔 >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓