忘れないトンが見はる:わすれ物をしない




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











わすれると、ウンチをなるぐらい、おしりのあながいたい。








本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <物がないから、わすれ物をしない>

2.見はり番がやってきた

3.おしりが顔の、忘れないトン

4.また、わすれたらおしりのあなに、かみつく

5.かみついた時は、いたくない・いつのまにか、おしりのあなにいる

6.また、ブタにお水をあげるのを、わすれた

7.おしりのあなに、かみついた・よくねむってる

8.もうわすれない・わすれたくない

9.まとめ <世界中のみんなを、見はってる>








それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ















― そこは、さんごしょうかこまれたのしげるしま








1.タウパの前書まえがき ものがないから、わすれものをしない>


こんにちは、しま10さいのタウパです。

ぼくが小学校しょうがっこうへ、もっていくのは毎日まいにち

ノート1さつとえんぴつ1ぽんだけ。

しまにはものが、ないんだってばぁ。

だから、わすれものをしないんだ。

でも、わすれて、

かあさんに、しかられちゃった。


















 2.はりばんがやってきた

(いえ)には、かべがありません。

(かど)()つはしらが、っぱでつくった屋根(やね)を、ささえています。

屋根(やね)の(した)に、タウパがすっぱだかで()っています。

うしろをむいて、ななめ(うえ)()ました。

「ウワッ、なにこれ!」

 びっくりして、()(おお)きくします。

「どお、タウパ、お(かあ)さんのいうこと、ほんとうだったでしょう。わすれないトンが、タウパを()てるわ」

(いえ)には、()をあんだマットが、しいてあります。

そこにお(かあ)さんが、あぐらをかいていました。


















3.おしりが(かお)の、(わす)れないトン

「ほら、わすないトンが、タウパをっと

タウパは、ななめ(うえ)()たままです。

そこに、ブタのおしりが、ういています。

うすいピンク(いろ)をした、(まる)いおしりです。

(みじか)いしっぽが、くるん、と(まる)まっています。

しっぽの(した)に、おしりのあながありました。

タウパが口をうごかします。

「これが、(わす)れないトン! ()てるって、おしりが(かお)ってこと?」


















 4.また、わすれたらおしりのあなに、かみつく

(かあ)さんが、やさしく()ます。

「タウパはブタに、お(みず)をあげるのを、わすれたでしょう。(しま)(あつ)いから、お(みず)がないとブタはつらいの。お(みず)をあげるのはもの役目(やくめ)だからもがわすれないように、わすれないトンが、()はってるのよ」

()はってるって、またわすれたら、ぼくはどうなるの!」

わすれないトンが、タウパのおしりのあなに、かみつくわ」

タウパがあわてて、両手(りょうて)をおしりにあてました。

「そんなの、いやだ!」

「だいじょうぶよ。つぎのまんげつまでわすれないで、ブタにちゃんとお(みず)をあげれば、わすれないトンは、タウパのうしろから、いなくなるわ」


















5.かみついた(とき)は、いたくない・いつのまにか、おしりのあなにいる

タウパがこまったように、まゆ()をよせました。

つぎのまんげつまでって、(つき)さまが、まん(まる)になるまででしょう。まだ、なんにちもある。それまでに、もしも、もしも、またわすれたら……」

安心(あんしん)して、わすれないトンが、かみついたときは、いたくないの。だからわすれないトンは、いつのまにか、タウパのおしりのあなに、かみついているのよ」

タウパがおしりから、両手(りょうて)をどけました。

「な~んだ。いたくないなら、わすれないトンが、おしりにいても、いいってばぁ」

















6.また、ブタにお(みず)をあげるのを、わすれた

ゆかにしかれたマットの(うえ)に、おのマットをしきます。

タウパのお(とう)さんや、お(かあ)さんがねむっています。

タウパがすっぱだかで、(よこ)をむいてねていました。

(わす)れないトンが、屋根(やね)(した)かんでいます。

「ぶっ、ひっひっ」

ブタのおしりが、ニヤッ、としました。

「のどがかわいたブタの(くる)しさが、わからないようだ。ぶひっ。二度にど、わすれないようにしてやる」


















7.おしりのあなに、かみついた・よくねむってる

(わす)れないトンが、タウパのおしりに(ちか)づきます。

(ちか)づきながら、(ちい)さくなっていきました。

おしりのわれめの、あいだに(はい)ります。

タウパのおしりのあなに、ガブッ、とかみつきました。

「くさっ! ゲロうだ

(はな)のあなのフタが、しまりました。

「ぶひっ。よしよし、かみついたのに、タウパはよくねむってる」














 



 8.もうわすれない・わすれたくない

タウパが()って、なみだを(なが)しています。

「お(かあ)さん、ウンチをすると、おしりのあなが、ものすごくいたい。いたいから、ウンチを()したくない。だけどれなくて、()てきちゃうんだ。ウンチが()てるとき、おしりのあなが、やけるみたいにあつい

「それは、たいへん。わすれないトンが、かみついているのよ。かみついていると、ウンチをするときにいたいの」

「そんなぁ、ぼく、毎日(まいにち)ウンチをするのに、いたいのやだ。ぼくもう、わすれたくない」

「わすれなければ、わすれないトンは、おしりのあなから、いなくなるわ」

タウパがかたほうの()を、(つよ)くにぎりました。

「ぼく、わすれないように、学校(がっこう)から(かえ)ったらすぐに、ブタにお(みず)をあげるようにする」

「そうね、そうすると、わすれなくなるわね」

「うん、(かえ)ったら、すぐにやるから。すぐだよ。すぐ。すぐだからね」 








 まとめ <世界せかいじゅうのみんなを、ってる>







やぁ、どふぁらずら。

わすれないトンが、はってる。

みんなのくにへ、

わすれないトンそらんで、あっといういくずら。

んだから、

小学校(しょうがっこう)から(かえ)ったらすぐ、明日(あした)用意(ようい)をする。

わすれ(もの)が、なくなるずら。




おっと!

ウソつきも、よくないずら。

(こころ)い >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供