眠れないときに寝つく:風と心地よく




*目にやさしい背景色を使用*











ゆかいな夢を、みにいきましょう。 








< 本文は:物語風に2分 >

目次

1.タウパの前書き<昼寝も風といっしょ>

2.安心できる慣れた場所で

3.そこが清潔ならもっといい

4.リラックスする姿勢・腹式呼吸

5.考えていることは、息といっしょに外へ

6.風を感じてやすらぎます

7.まとめ








それでは、物語のように、どうぞ















― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―








1.タウパの前書き<昼寝も風といっしょ>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

風は海からふいてくる。

風がとまるって、あんまりない。

ときどき強すぎるけど、いつも気持ちいいってばぁ。

昼間でも屋根の下で、風が寝かせてくれる。


















 2.安心できる慣れた場所で

浜辺に、ヤシの木がならび、すこし入ったところに、壁のない家が建っています。

四隅の柱が屋根と、その下の4畳ほどの広さの床をささえていました。

床は地面に立った大人の、腰ぐらいの高さです。

乾燥したヤシの葉の芯を、ならべて作ってありました。

壁のない高床の家に、いつも寝ています。

安心できる慣れた場所でした。


















 3.そこが清潔ならもっといい

地面と高床のあいだと、高床と屋根のあいだを、風がとおっていきます。

日中は家の中へ、地面や草木に跳ねかえった日差しが、飛びこみました。

高床に、厚手の葉をあんだマットをしいて、ねむります。

マットは日中、地面においたヤシの葉の上や草むらに、広がりました。

日差しが、汗を消して菌を殺してくれます。

高床の家と寝具は、清潔でした。


















 4.リラックスする姿勢・腹式呼吸

星の光のせいです。

ヤシの、スラッとした幹にかこまれた空間が、うっすら青味がかっていました。

はだかでねむるタウパに、どふぁらが背をむけて横になっています。

「どふぁら兄ちゃん、ねむれないんだけど」

どふぁらは、片腕を枕にして膝をまげた格好で、腰に巻いていた布を体にかけていました。

「うううっ、うっ」

しゃべれないどふぁらが、うなります。

それがタウパには、なんて言ったのか、わかります。

「リラックスする姿勢でしょう。あおむけになったよ。肩とおなじぐらいに、足をひらいた」

背をむけたままどふぁらが、うなりました。

「うん、両腕をのばして、手が体からすこし、はなれてる。手のひらを上にしてるよ」

「ううっ、うう」

「そうだよ。体の力をぬいてる。鼻からゆっくり息を吸って、口から長くはくんでしょう。わかった。くりかえしてみる」

 目をつぶったタウパの胸が、ゆっくり上下します。


















 5.考えていることは、息といっしょに外へ

「ううっ、うううっ、うっ」

タウパが、目をつぶったまま答えます。

「うん、よくわかるね。気になる女の子のことを、考えてた。」

どふぁらがまた、うなりました。

「頭の中から女の子を、はく息といっしょに、外へだせって、そんなこと言われても」

「うっ、ううっ」

「ほんとだ。息といっしょにだしたら、頭が楽になった気がする」

 タウパがまた、胸を上下させました。


















 6.風を感じてやすらぎます

どふぁらが目を閉じたまま、うなりました。

「うん、目をつぶって、体で風を感じてる」

タウパの声が、ねむそうです。

風ってやさしいね。赤ちゃんって、こんな気持ちなのかな? お母さんの手で、そっと、なでられてるみたいだ」

「うっ、ううっ」

「わかった。しゃべらないで、しずかに吸ってはく」

犬が、高床の横をすぎていきます。

かたい地面を軽やかにけって、頭をさげてほんのすこし急いでる、そんな足音でした。








 7.まとめ







こんにちは、どふぁらずら

風とねむる、心地いいずら。

慣れた清潔な場所で、リラックスする姿勢。

腹式呼吸しながら、考えていることを外へ。

ほんでもって、風を感じる。

壁のある家では、すこし遠くからせんぷう機の、微風ずら。

すやすや寝つくずら。




おっと!

部屋が片づいてない場合は!

・風のとおる空間 >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


* 画像提供