部屋の片づけ:めざせ! 風のとおる空間




*目にやさしい背景色を使用*





 





片づけは、思いきって!








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き <寒い期間をこせる物>

2.風のとおっていく、スッキリした空間

3.歌いながら毎朝掃除

4.自分の部屋が、浜のようだったら

5.いくらなんでも部屋を、そこまで汚くしない

6.浜は、海がきれいにする

7.まとめ <めざせ、風のとおる空間・目をつぶったら>








それでは、物語のように、どうぞ















― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―








1.タウパの前書き <寒い期間をこせる物>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

大人は、腰に巻いたりする布を、2枚ぐらい持ってる。

ぼくは、小学校へはいていく、お母さんのつくった短パン1枚だけ。

ふだんは、スッポンポン!

だから、雨が降ると、寒くてふるえることがある。

もしも、住んでるところに、寒い期間があるなら、

それを、

こせる物があれば、いいってばぁ。


















 2.風のとおっていく、スッキリした空間

葉をふいた屋根に、雨がサッと流れおちるような、傾斜がついています。

母屋の床は、地面にヤシの葉をあんだマットをしいて、離れは、大人の腰の高さほどに、ヤシの葉の芯をならべた、高床です。

どちらも四隅の柱が屋根をささえ、母屋の軒は大人が、腰を深くまげてくぐるほどで、離れの軒は立った大人が、頭をぶつける高さです。

「ううっ、うううっ」

しゃべれないどふぁらが、うなりました。

それがタウパには、なんて言ったかわかります。

「いいよ。母屋からはなれて、母屋にむいて、しゃがむんでしょう。どふぁら兄ちゃんは、離れから遠ざかるんだよね」

遠ざかったどふぁらが、離れにむいて立ちました。

それぞれの家が、青くかがやく海を背にしています。

「ううううっ、うっ」

「ほんと、どふぁら兄ちゃんの言うように、あらためてみてみると、軒と床のあいだに青い海があるのって、家の中がきれいに感じるってばぁ

床におかれた物がありません。

遠くの水平線から、風が流れてくるようです。 


















 3.歌いながら毎朝掃除

日がのぼってきます。

東の低い空が、ほんのり明るくなりました。

集落のあちこちから、ほうきが硬い地面をこする音が、しはじめます。

竹ぼうきのように枝と、弾力のあるヤシの葉の芯で、つくってありました。

木々にかこまれた自分の家の、敷地の掃除だけではありません。

集落を二分するようにとおる道を、掃きながらひとりの女が歌いだしました。

ゴミをとばし、大きな声で歌います。

歌声が、朝の光のさしこんだ木々のあいだへ響き、それにあわせて柄をにぎる女たちが、口ずさみました。

きれい好きな集落の者の、日課でした。


















 4.自分の部屋が、浜のようだったら

ゴミは、枝葉ばかりです。

はき集められ、あちこちに山になっています。

「タウパ、カゴ。カゴを持ってきて」

声をだしたのは、タウパの叔母です。

「それじゃぁ、ゴミをカゴに入れて。あとはよろしくね」

「えー、ぜんぶ、ぼくひとりで!」

「そんなに多く、ないじゃない」

タウパが、ゴミを入れたカゴをさげて、海へ歩きます。

ヤシの木のあいだから浜へでると、傾斜を半分ほどくだり、カゴをひっくりかえしました。

ゴミをはこんで、なんども往復します。

「も~かったるいなぁ。はやくゴロゴロしたい」


















 5.いくらなんでも部屋を、そこまで汚くしない

ヤシの木のあいだから声が、浜へ響きます。

「タウパ、終わったら、これもおねがいね」

タウパが、かまどの小屋の前へきました。

イモやパンの実の主食、ウツボやエイなどさまざまな魚介から、生ゴミがでます。

それをタウパが、カゴに入れます。

「魚の骨は、踏んだらいたいよ」

「じゃあ骨は、穴にすてなさい」

浜にでたタウパが、カゴをひっくりかえしました。

「アッ、犬がウンチしてる。でかっ!」

浜で、犬が糞尿をします。

そして、少しはなれた浜までいかれない、具合が悪かったり、急を要したりした人が、用を足しました。


















 6.浜は、海がきれいにする

1日に2度、潮の満ち引きがあります。

そのたびに浜の物たちを、満ちてきた潮がさらっていきます。

潮が引くと足あとまで消えた、浜がのこりました。

「自然の物が、自然にかえるにしても、海にだって限界があるって、どふぁら兄ちゃんが言ってた」

ゴミをすてたタウパが、海にむかっておしっこを飛ばします。

「やっと終わった。家で、風といっしょにゴロゴロするんだってばぁ」









 7.まとめ <めざせ、風のとおる空間・目をつぶったら>







こんにちは、どふぁらずら。

ゴミじゃないにしても、部屋が潮がさらう前の浜だったら。

片づけるずら。

風がとおるように。

目をつぶったら、水平線がみえるずら。





🚩掃き集めたゴミが、枝葉だけのこのころはまだ、浜にすてません。
  穴をほって燃やし、いっぱいになると、別の穴をほりました。
  暮らしの背筋が、ピン、としていました。




おっと!

部屋がきれいになったら、楽しむずら。

・ルールをもうけて >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供