ポジティブとネガティブの差



 
*目にやさしい背景色を使用*











ネガティブだったら、脱出しましょう。








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き

2.ネガティブは、まわりに悪影響・しみでる思い

3.友達がすくいに

4.生きてる意味がない・それほどのネガティブ

5.ネガティブは、まわりに伝わりやすい

6.強引にでも前をむく・ポジティブは、まわりを幸せにする

7.まとめ








それでは、物語のように、どうぞ















― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―







1.タウパの前書き


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

ぼくや友達もときどき、元気がなくなることがある。

そうどふぁら兄ちゃんに言ったら、

大人は、

元気になるのが、たいへんなんだって。

まるで、子供のなやみが、ちっぽけみたいに。

ぼくは、子供と大人、

どっちもつらいと思うってばぁ。


















 2.ネガティブは、まわりに悪影響・しみでる思い

「おい、おい、まただぞ」

腰まで海水につかって歩くナコが、進むさきへ顔をつきだしました。

「また、魚の群れがにげちまった」

網をたばね、一方の肩にかついでいます。

丸っこい鼻をしたナコは、どふぁらとおなじぐらいの年です。

「俺たちに気づいた魚が、あわてて散るなら、わかる。だが、群れごとゆっくり、沖へいどうしていく。これで3度目だぞ」

まゆをよせた顔を、となりを歩くどふぁらにむけました。

「ううう、ううっ」

しゃべれないどふぁらが、うなります。

それがナコには、なんて言ったか、だいたいわかりました。

「おい、おい、俺は、どふぁらのせいだとは、言ってないぞ。だけど、おかしいだろう。うむっ!?」

ナコが顔を、どふぁらの顔へちかづけます。

その背後には、スイミングプールのような、たいらな海面がひろがっていました。


















 3.友達がすくいに

どふぁらの顔の前で、ナコの口がうごきます。

「おまえ、なんだか、さえない顔してるなぁ」

「ううっ、うっ」

「ちがう。いつもより元気がない、って意味だ。なんかあったのか?」

どふぁらが、視線をおとしました。

「なんだ、おまえ、とうとう気になる女ができたか!」

どふぁらが首を、つよく横にふりました。

「じゃあ、育った島が、恋しくなったとかか? ホンシュウ島って言ったっけ、この島へくる前に住んでたの。この島が、いやになったか?」

また、どふぁらがつよく、首をふりました。

「そうか、そりゃあよかった。だけど、恋しくなったのは、あたりみたいだな」

ナコが丸っこい鼻さきを、海原へむけました。


















 4.生きてる意味がない・それほどのネガティブ

ナコとどふぁらの下っ腹が、海水をしずかにおします。

「恋しくなって帰るったって、船はきたばかりだ。次は、ふた月さきになる」

「ううっ」

「そうか、帰る気はないのか。だったら、なんだ?」

「ううっ、うっ、ううう」

「ここへくる前のホンシュウ島での、暗い気持ちを思いだしたって。それで、さえない顔してたのか!」

どふぁらが、うなずきました。

下をむいたまま、うなります。

「真っ暗闇だった。もうダメだと思った。なにもする気になれなかった。生きてる意味がなかったって、おまえそれ、いつか話す、って言ってたやつか!」

どふぁらのうつむいた顔が、さらに下へうごきました。

その顔のさきで、どふぁらの足がうごくたびに、水底で白い砂が、まきあがってはしずみます。


















 5.ネガティブは、まわりに伝わりやすい

日差しが、ナコとどふぁらの肩をやいています。

「そんなネガティブな、気持ちを思いだしてたとは! おまえ、俺たちは魚の生きる場所に、からだ半分、つかってるんだぞ」

ナコの声が、ひろい空間にきえていきます。

「とくに魚に、嫌われるほうの気持ちは、察知されやすい。つかまえてやる、ってつよく思っただけで、魚がにげるぐらいだ。おまえのしずんだ思いは、魚にとって恐ろしい姿形をした、ばけもの同然だぞ。どうりで魚が、気づかれないようにしずかに、遠ざかっていくわけだ」

ナコの顔が、どふぁらにむきます。

「おまえ、気づかれないようにするのは、俺たちのほうなんだぞ。魚に、それされたら、つかまえられないだろう」

どふぁらが片手を、ごめん、というように後頭部にあてました。

「わかればいい。つらいことはなかなか、忘れられないからな」 


















 6.強引にでも前をむく・ポジティブは、まわりを幸せにする

「しかたがねぇな。もう少し、こっちへいってみるか」

潮がひけば、みわたす限り干潟になる、水底がたいらな海です。

「どふぁら、おまえ、わかってるだろうな」

どふぁらがナコに、顔をちかづけました。

歯をとじてくちびるを大きくひらき、目を細めます。

「ぷっ」

ナコが、ふきだしました。

「わかってるじゃねぇか。そうだよ。そうやって明るい気持ちになる。前むきな気持ちは、自分だけじゃなくて、まわりだって幸せにするぐらいだ。魚のほうから、よってくるぞ」

跳ねあがったイルカが横をすぎ、小さな水しぶきをあげて着水します。

ナコが、片手を額にあてました。

「あちゃぁ」

丸っこい鼻に、しわがよります。

「よってくるったって、イルカはダメだ、イルカは。魚が、みんなにげちまう」 

ナコの額にあてた手が、前へのびました。

「だけど、あれをみろ」

海面から飛びだしたイルカが、からだを半回転させ、背中から落ちました。

「うれしそうに、イルカが喜んでる。どうだ、ポジティブはいいだろう」








 7.まとめ







こんにちは、どふぁらずら。

ポジティブとネガティブには、

このぐらい差がある。

暗い気持ちは、つらいずら。

んだから、あるていど落ち着いたら、

がんばって前をむくずら。




おっと!

気分転換になるずら。

・リフレッシュ >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供