ヤングケアラー:まわりが気づけ!




*目にやさしい背景色を使用*











学校で子供の仲のいい子が、そうだったりするのかもしれません。








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き <家族の助けになるのは、あたり前>

2.えらいねぇ・だけど、遊びにいけるもん

3.つらいねぇ・遊びにいけない

4.きのどくにねぇ・いつまで面倒をみるんだろう?

5.健やかな子供たち

6.まとめ <普通になって気づかない>








それでは、物語風におくります















― そこは、子どもが素っ裸であそぶのしげる島







1.タウパの前書き <家族の助けになるのは、あたり前>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

家族の助けになるのなんて、

島では、あたり前なんだってばぁ。

なんなの、ヤングケアラーって?

ぼくは、そんな言葉しらない。

だけど、

集落にも、そんな子がいるみたい、

かわいそうだってばぁ。


















2.えらいねぇ・だけど、遊びにいけるもん

女の子のキリは、タウパのクラスメートです。

すっぱだかで赤ちゃんをだっこして、母屋の床を歩いています。

となりのおばさんが、葉をふいた屋根の軒先に立ち、膝に両手をついて、家のなかへ顔をむけます。

「あらっ、じょうずにあやして、キリはお手伝いができて、いい子だねぇ」

キリが、笑顔をおばさんにむけました。

「お母さんいるかい、塩があったら、少しかしてほしいんだけど」

「トイレにいったから、すぐに帰ってくると思う」

男の子のルイトが、おばさんの横に立ちました。

「キリ、林へいこうよ、みんな遊んでる」

床に一面にしいたヤシの葉をあんだマットを、足がふんだ音がしました。

キリが、ふりかえります。

「お母さん、おばさんが塩ないかって、わたし遊びにいく」

お母さんが、赤ちゃんをだきあげました。

「ルイト、いこう」

家の手伝いの犠牲になっていないキリは、ヤングケアラーではありません。


















3.つらいねぇ・遊びにいけない

小学校からタウパといっしょに、集落へ帰ってきました。

女の子のナケラが、頭をさげて母屋の軒をくくり、家のなかへ入りました。

床にしかれたヤシの葉をあんだマットに、お母さんがだいていた男の子をおろしました。

「よかったわ。もう少しおそかったら、明るいうちに帰ってこられないわ。この子をみてて、わたしは、屋根にふく葉を集めてこないといけないの。お父さんも暗くなる前には、漁からもどると思うから」

1才になった弟の前に、ナケラがあぐらをかきました。

軒先に、男の子のウングがたち、体を前におって顔を家のなかへむけます。

「ナケラ、半島の先へいこうよ。みんな、海で遊んでる」

ナケラが申し訳なさそうに、まゆをよせました。

「いけない。弟をみてないと」

「今日もなの?」

「あしたもあさっても、この子が大きくなるまで、いけないと思う」

家の手伝いの犠牲になっているナケラは、ヤングケアラーです。

 
















4.きのどくにねぇ・いつまで面倒をみるんだろう?

女の子のネイラは、6年生です。

制服の茶色い短パン姿で、母屋へ入りました。

お母さんが、ほっとしたような表情をします。

「ちょうどよかった。お姉ちゃん、トイレにいきたいって、つれていってあげて。私は紐にするヤシの実のかわを、海へ埋めにいかないと、はやくしないと潮が満ちてきちゃうわ。トイレから帰ったら、お姉ちゃんの体を井戸のお水で洗って、そのあとお姉ちゃんご飯をたべるから、そばについててあげるのよ」

知的障害の姉の面倒をネイラがみます。

島には電気がないので宿題は、明るいうちか、朝起きてからします。

≪朝もお姉ちゃんがいるし、宿題、またできそうにないな……≫

ネイらが心のなかで言いました。

家族の犠牲になっているネイラは、ヤングケアラーです。


















5.健やかな子供たち

ルイトにさそわれたキリは、ヤシ林に入り幹のあいだを走ります。

人が歩いてできた道からはずれ、足を前後に大きくひらき、草むらを飛ぶように走りました。

「みんなどこにいるの?」

ルイトがチラッ、と顔を横へむけます。

「もう少しいったら、みんないるよ。しばらく遊ばなかったら、その木が大きくなってて、のぼるのおもしろいんだ」

高くのびた幹の先で、傘をひらいたようなヤシの葉が、青空をすかしています。

足元では草のあいだを、野ネズミが走っていました。

ルイトとキリの足とそろえるように地面をけり、いっしょに木登りをしにいくようです。








6.まとめ <普通になって気づかない>







こんにちは、どふぁらずら。

子供が犠牲になってる。

子供はもとより親も、それが普通になって、

気づかない!

まわりの人が気づいて、学校に一報するずら。




おっと!

こんなふうに宿題が、できるといいずら。

・友だちどうしの助けっこ >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供