天国へいく思い・ジジババのかわらぬ愛情




*目にやさしい背景色を使用*











もっともっと、いっしょにいたいよ。

どうして、いっちゃうの?








本文は:物語風に5分

ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き

2.ふうふのどちらかが、どちらかにつたえるやくそく

3.頭と体が、ちゃんと動くうちに

4.ひとりでそっといく人・みんなに見送られる人

5.自分の足で天国へいく

6.あたたかい気持ちにつつまれて

7.大人のほこり、それとも親のあいじょう

8.空気のすんだ新月の夜・天国からおむかえが

9.まとめ








🍒 それでは、物語風(ものがたりふう)におくります














― そこは、さんごしょうにかこまれたのしげるしま ―







1.タウパの前書まえが


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

そう()われてみると、集落(しゅうらく)には、

ねたままの、

おじいちゃんや、おばあちゃんが、いないかも?

(ほそ)(あし)でも、

つえをつかったり、かたをかりたりして、

(ある)いてるってばぁ。


















 2.ふうふのどちらかが、どちらかにつたえるやくそく

ゆかには、ヤシの()をあんだマットが、しかれています。

クンは90(さい)をすぎ、ハチはそのいくつか年下(としした)です。

ゆかに()ったハチが、こしをおろしてあぐらをかきました。

「クンには、(はな)しておこうと(おも)ってな」

つづけてハチの(くち)が、(うご)きます。

「わしは、あれといっしょに、天国(てんごく)へいくつもりだった。あれが、わけのわからんことを()いだして、(あたま)がおかしくなったのがわかった。じゃからわしがやくそくどおり、そろそろじゃ、と、あれにつたえたじゃ。そうしたらつぎの(あさ)には、いなかった。ひとりで、とっとと天国(てんごく)へいっちまったじゃ」

ハチが、自分(じぶん)のおくさんのことを(はな)しました。


















 3.あたまからだが、ちゃんとうごくうちに

のき(した)から(ひかり)が、(いえ)のなかへ(はい)っています。

ハチがゆっくりしゃべりました。

「むすこやまごは、わしに()いにくいじゃ。(あたま)がへんになっても、自分(じぶん)じゃわからん。じゃがもう、わしにつたえてくれる(もの)はおらん」

ハチがかた()で、いっぽうのふくらはぎをこすりました。

「そろそろじゃ、(からだ)()うことをきくうちに。(ある)けんようになってからでは、おそい。(つき)がなくなったら、いくじゃ」

いくのは天国(てんごく)へ、です。

クンが(かお)を、(よこ)(すわ)るカローアへむけました。

「わしらも、そろそろ天国(てんごく)じゃな、ばあさん」

カローアのしわのよったほほが、(うご)きました。

「そうねぇ、(わたし)たちはいっしょに、いきましょう」


















 4.ひとりでそっといくひと・みんなに見送みおくられるひと

クンが、ボアタをよびました。

ボアタは、16(さい)のタウパのいとこです。

あぐらをかいているクンの(まえ)に、()ちました。

集落(しゅうらく)(いえ)をいっけんずつ、たずねるじゃ」

ボアタが、めんどくさい、と()わんばかりに、(はな)にしわをつくりました。

「それでどうするの?」

(つき)のない新月(しんげつ)(よる)、ハチが(そら)へあがる。そうつたえるじゃ」

ボアタが、おどろいたように()を、(おお)きくしました。


















 5.自分じぶんあし天国てんごくへいく

新月(しんげつ)(よる)にする(りょう)があります。

(りょう)へいく(おとこ)たちは、しおが()くのを(いえ)()っていました。

夜空(よぞら)から、(ほし)(ひかり)がふってくるようです。

(いえ)のたつ集落(しゅうらく)のなかを、(みち)がとおっていました。

パンの()が、(みち)(りょう)がわに()ち、えだ()がトンネルをつくっています。

ハチが(みち)(ある)きます。

こしにぬのをまき、えだをつえにしています。

ハチに、()のあいだから(はい)った(ひかり)が、あたりました。

(まえ)をむいて、ゆっくり(あし)(すす)めます。


















 6.あたたかい気持きもちにつつまれて

木々(きぎ)のあいだにハチのすがたが、()えたり()えなかったりします。

(いえ)にいる(もの)たちが(かお)をつきだしたり、(よこ)へいどうしたりしました。

みんなハチへ、()をむけます。

40(さい)ぐらいの(おんな)が、ささやくように()いました。

「ひとりで(さき)にいったおくさん、子供(こども)たちへの(おも)いが、よっぽど(つよ)かったのかもしれないわねぇ」

(あい)があれば、こそだ」

そう、50(さい)ぐらいの(おとこ)が、つぶやきました。

つづけて(おとこ)(くち)が、(うご)きます。     

自分(じぶん)のしめくくりは、(あたま)がしっかりして(ある)けるうちだ」

「ハチさん、きのうから、なにものんでないらしいわ」

(はやし)(はい)れば、すぐに天国(てんごく)へいける」

「おつかれさま」

「ああ、ほんとうに、(なが)いあいだ、おつかれさま」

集落(しゅうらく)(もの)たちが(おも)(おも)いに、おわかれを()いました。


















 7.大人おとなのほこり、それともおやのあいじょう

えだ()のつくるトンネルが、()わりました。

(みち)(りょう)がわに、ヤシの()()ちならびます。

みきの(よこ)に、ボアタとタウパが、()っていました。

タウパの()いに、ボアタが(こた)えます。

「タウパはねどこで、ウンコやオシッコ、したいか? (あたま)がおかしくなって、へんなことやったり、()ったりしたいか。(いえ)仕事(しごと)、できないのに、()ってねたいか?」

タウパが、えがおになりました。

「うん、()べてねるだけがいい」

ボアタが、タウパの(あたま)をたたきます。

「いたっ、いたいなぁ」

自分(じぶん)子供(こども)やまごに、めいわくをかけたくないんだ。大人(おとな)のほこり、って()うのらしい。まだ(ちい)さい自分(じぶん)子供(こども)が、()あいが(わる)くなって、()にそうになったら、自分(じぶん)のいのちをあげても、たすけたいと(おも)う。その気持(きも)ちが、なん十年(じゅうねん)たってもかわらない。だから天国(てんごく)へいく」

タウパの(かお)(うご)きました。

「きたよ、ハチおじいちゃん、やさしそうな(かお)してる」


















 8.空気くうきのすんだ新月しんげつよる天国てんごくからおむかえが

(みち)がすなはまにつきあたります。

ハチが(みち)をまがりました。

(みち)がすなはまにそうように、ヤシの()のあいだをつづきます。

ボアタとタウパが、(みち)にでました。

ハチのうしろすがたを、見送(みおく)ります。

「ハチおじいちゃん、もう、おばけになってたりして?」

ボアタがまた、タウパの(あたま)をたたきました。

「だって、新月(しんげつ)(よる)は、()んだ(ひと)がよくでてくるってばぁ」

ボアタがおどろいたように、(かお)()きました。

「ほら、ハチおじいちゃんのおくさんが、でてきたじゃん」

ハチの(よこ)を、おばあさんが(ある)いています。








 9.まとめ







やぁ、どふぁらずら。

天国(てんごく)へいく、おじいちゃんおばあちゃんだって、

みんなと、わかれたくないずら。

みんなが、だいすきずら。

んだからこそ、天国(てんごく)へずら。




おっと!

おもは、たいせつずら。

ないとつたわらない >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供