冒険:家でできるものすごい挑戦




*目にやさしい背景色を使用*











冒険(ぼうけん)て、わくわくする(かん)じがして、してみたくなるよね。







 

本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生~


目次

1.タウパの前書き

2.冒険は、あぶないこと・ものすごいちょうせん

3.自分のげん界をこえる・そこがべっ世界

4.べっ世界へは、かんたんにいけない

5.だから、ものすごいちょうせん

6.いつまでもできないので・ひみつのちょっとした技

7.べっ世界へ

8.ひとりだったら・大人といっしょに

9.まとめ







 
👒それでは、物語風ものがたりふうにおくります














- そこは、カニがいっぱいいるのしげるしま -

)








1.タウパの前書まえが


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

まだ、みたことのない世界(せかい)

いきたい、いきたい、いきたい。

ぼくは、

その世界(せかい)冒険(ぼうけん)する。

ぜったいに、いくってばぁ。


















2.冒険(ぼうけん)は、あぶないこと・ものすごいちょうせん

細長(ほそなが)()っぱをかさねた屋根(やね)です。

タウパが、(あたま)をさげてのきをくぐり、母屋(おもや)へはいりました。

ヤシの()をあんだマットが、ゆか一面(いちめん)にしかれています。

「お(とう)さん、(うみ)にもぐって(とお)くへいけば、けいけんしたことのない世界(せかい)に、いけるんでしょう」

(とう)さんが、あぐらをかいています。

「べつの世界(せかい)を、みにいきたいのか?」

「うん。ぼく、冒険(ぼうけん)したいんだ」

(とう)さんが、ほほえみました。

冒険(ぼうけん)は、あぶないことをするんだ。わかってるのか?」

「うん。どふぁら(にい)ちゃんが、それはものすごい、ちょうせんだって」


















 3.自分(じぶん)のげん(かい)をこえる・そこがべっ世界せかい

(うみ)にもぐって(とお)くへ、いけばいくほど、べつの世界(せかい)に、ちかづくんだよね」

(とう)さんがこまったように、まゆげをよせました。

「タウパは(しん)けんに、いこうとしてるのか?」

「だってぼく、べつの世界(せかい)をみてみたい、自分(じぶん)のげん(かい)にちょうせんしたい」

「げん(かい)をこえたところが、べつの世界(せかい)だ」

「でも、()なないって、どふぁら(にい)ちゃんがいってた」

()ぬかもしれないぐらい、きけんだってことだ」

(とう)さんが、こわい(かお)になりました。

「ダメだ。そんな冒険(ぼうけん)、ゆるさん――」

タウパが、()(まる)くしました。


















4.べっ世界(せかい)へは、かんたんにいけない

集落(しゅうらく)のまえの(うみ)は、おだやかで(なみ)がありません。

のぼうが2(ほん)、はなれたところに()っています。

水中(すいちゅう)(およ)ぐタウパが、ぼうをまわっていったりきたりしました。

ぼうのあいだに、どふぁらが()っています。

おへそから(うえ)を、(うみ)からだしていました。

タウパが、いきよいよく(かお)をだしました。

「す~~」

(おと)をたてて、(いき)をすいました。

「ふ~、くるしい。まただめだ。べつの世界(せかい)へいくまえに、()ちあがっちゃうよ」

「うううっ、うう」

しゃべれないどふぁらが、うなります。

それがタウパには、なんていったかわかりました。

「そんなにかんたんに、いけるわけないだろうって。だよね、自分(じぶん)のげん(かい)を、こえるんだもんね」













 




5.だから、ものすごいちょうせん

どふぁらは毎日(まいにち)、タウパにつきあいました。

「はっ、はっ、はっ、くるしい。これじゃあ、()んじゃうってばぁ」

タウパが、()(おお)きくしています。

「ぼうを、いったりきたりするからじゃないの。ずっと(およ)いで、(とお)くへいったほうが、(らく)なんじゃないの?」

どふぁらが、うでをくみました。

「うううっ」

「そうなんだ。(およ)がないで(うみ)にしずんで、じっとしててもいいんだ。だったら、ぼうをいったりきたりしたほうが、いいってばぁ。でも、(いき)がくるしくて、くるしくて、がまんできなくて、()っちゃうんだもん」

どふぁらが、うなりました。

「だよね、くるしいのを、こえるんだよね。でもそれって? そっか、だからべっ世界(せかい)か!」


















 6.いつまでもできないので・ひみつのちょっとしたわざ()

)

その()、タウパがおよぎはじめるまえです。

「うん、ぜったいに冒険(ぼうけん)したい。自分(じぶん)のげん(かい)をこえて、べつの世界(せかい)をみるんだ」

タウパの()が、(しん)けんそのものです。

「ううっ、ううううう」

「うん、わかった」

タウパが、△△で○○なこきゅうを、はじめました。

「ううっ」

さらにタウパのこきゅうが、◇◇になります。

タウパが(うみ)にしずみ、(およ)ぎだしました。













 




7.べっ世界(せかい)

水中(すいちゅう)(およ)ぎながら、タウパが(おも)います。

≪すごい、いわれたとおりにしたら、ぜんぜん(いき)がくるしくならない。(いま)までより、たくさんぼうを、おうふくできる≫

どふぁらが、(ある)きだしました。

タウパのすぐそばに、いるようにします。

≪いつ、くるしくなるんだろう? こわいぐらい、くるしくならない。そっか、これってもう、べっ世界(せかい)なのかも!?≫

タウパが、ぼうをまわります。

≪あれっ!みえてるはんいが、みえてるはんいが、せまくなる……≫

タウパの手足(てあし)のうごきが、とまりました。

どふぁらが、タウパを()きあげます。













 




8.ひとりだったら・大人(おとな)といっしょに

すなはまにうつった、ヤシの()のかげです。

タウパが、()をさましました。

「あれっ、ぼく、なんか、まだ(あたま)が、ボーッとしてる」

どふぁらが、あぐらをかいています。

「うううっ」

「そうなんだ、ぼく、()をうしなったんだ」

タウパが()きあがり、()をかがやかせました。

「だけど、ぜんぜん息が、くるしくなかったんだよ。みえてるはんいが、せまくなったと(おも)ったら(くら)くなって、なんかほわんてして、(らく)だった。べっ世界(せかい)ってすごい」

「ううっ、うう」

自分(じぶん)の、げん(かい)をこえたんだ。冒険(ぼうけん)だいせいこうだって」

()ちあがったタウパが、とびあがりました。

「やったー、えっ!」

()ったまま、どふぁらに(かお)をむけます。

「ひとりだったら、()んでたって。わかった、またやるとしても、どふぁら(にい)ちゃんといっしょにする。お(とう)さんが、おこった意味(いみ)がわかった」








9.まとめ







やぁ、どふぁらずら。

冒険(ぼうけん)は、

(とお)くへいかなくても、(みず)()れた(いえ)のふろでできる。

んだが、

ふろでも、きけんずら。

ちょうせんするなら、大人(おとな)といっしょずら。




🌈 おねがい:
ちょっとしたわざは、あぶないので、ひみつにさせてください。



おっと!

こっちは、()どもだけで、できるずら。

(さかな)になって >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓