本能ってなに? カニの暮らしをのぞこう




*目にやさしい背景色を使用*
 










本能(ほんのう)ってしってる?

かんたんにいうと、わからないのにちゃんとできる、って(かん)じかな!







 

本文は:物語風に4分

<ふりがな> 小学3年生~

 
もくじ

1.タウパの前書き <赤っぽい色のカニ>

2.安全なところがわかる

3.自分のあなの場所がわかる

4.人に食べられないのがわかってる?

5.林のなかにいるのに、海がどっちかわかる

6.カニは、海の水がたかくなる日と、それがその日の夜のいつか、わかる

7.海がたかくなったら、次はひくくなる・それにあわせる

8.どうやって、うまれた島がわかるんだろう?

9.自分が土のなかに住むことがわかる

10.まとめ <教えてもらってないから、ぜんぶ本能>







 

👳 それでは、物語風(ものがたりふう)におくります

 













― そこは、さんごしょうにかこまれたのしげるしま
 






1.タウパの前書(まえが)き <(あか)っぽい(いろ)のカニ>


こんにちは、しまむ10さいのタウパです。

すなはまにたくさんいる、(しろ)っぽいカニじゃありません。

(あか)っぽい(いろ)をして、ヤシ(ばやし)にあなをほって、()んでるカニです。

大人(おとな)()のひらより、(おお)きいのもいます。

(いえ)のたつ集落(しゅうらく)にも、あながあって、

昼間(ひるま)でも、カニをみかけることが、あるんだってばぁ。

そのカニをぼくが、しょうかいするから。


















2.安全あんぜんなところがわかる

母屋(おもや)のゆかは、長方形(ちょうほうけい)をしてるんだってばぁ。

(ひら)たい(いし)がたつように地面(じめん)にうまって、ゆかをかこんでるんだ。

そのゆかの(かど)に、屋根(やね)をささえる(はしら)がたっています。

(はしら)は、(ひら)たい石のうえに、のってる。

その(いし)や、ゆかをかこむ(いし)のわきに、あながあいてる。

あなにカニが、()んでるんだってばぁ。

あなをいじると、ぼくたちの(いえ)がこわれる。

だから、そのままにしておくしかない。

 
















3.自分じぶんのあなの場所ばしょがわかる

カニは、(くら)くなってから、行動(こうどう)します。

でっかいハサミを(うち)がわにむけて、(よこ)にあるく。

昼間(ひるま)でもときどき、あなからでてきます。

ぼくよりもっと(ちい)さい()が、カニをおもしろがる。

()()った()のぼうをむけると、カニがからだをたかくしてハサミをあげる。

ぼうをはさませて、ぼうを()ってカニを、はこぶんだってばぁ。

どこへつれていっても、自分(じぶん)のあなに(かえ)る、すごいよねぇ。


















4.ひとべられないのがわかってる?

大人(おとな)は、カニは(とも)だちだっていう。

()どもが、カニとあそんでると、カニがかわいそうだともいう。

だから、集落(しゅうらく)()んでるカニは、でっかくなるのかも?

ぼくらは、カニを()べる。

だけど、いくら(おお)きくても、1ぴきじゃしようがない。

たくさんいないと。

だから大人(おとな)は、集落(しゅうらく)()んでるカニを、相手(あいて)にしない。

カニはそれをわかってて、んでるってこと?

だったら、すごい。


















5.(はやし)のなかにいるのに、(うみ)がどっちかわかる

(いえ)のたつ集落(しゅうらく)から(みち)が、(しま)(せん)たんのほうへつづいています。

カニが、ヤシ(ばやし)から、(うみ)へむかうんだってばぁ。

(みち)をわたって。

(おお)きいのも、そんなに(おお)きくないのも、いっせいにだよ。

もしもぼくが、(みち)にうつぶせになったら。

そのせなかが、カニでかくれるぐらい、たくさん。

どうして(うみ)のほうこうが、わかるんだろう!?


















6.カニは、(うみ)(みず)がたかくなる()と、それがその()よるいつか、わかる

(うみ)(みず)は、すなはまへおしよせたり、(とお)くへひいたりします。

おしよせると海面(かいめん)がたかくなる。

毎日(まいにち)たかさがかわるのに、カニは一番(いちばん)たかくなる()がわかる。

しかも、それがその()よるいつか!

だから、たくさんのカニが、すなはまにでると、(うみ)がたかい。

すなはまをおりずに、もう(うみ)

すごいよねぇ。














 



7.(うみ)がたかくなったら、(つぎ)はひくくなる・それにあわせる

メスはおなかにたまごを、いっぱい()ってる。

(うみ)(はい)ってからだをふるわせて、うむんだ。

うまれたたくさんの(あか)ちゃんは、(うみ)がひくくなる(みず)(うご)きにのる。

(うみ)(あか)ちゃんたちを、(ふか)いほうへつれていくんだ。

そして(あか)ちゃんたちは、(うみ)をただよう。

ただよいながらカニのすがたに、ちかづいていく。

 
















8.どうやって、うまれた(しま)がわかるんだろう?

(うみ)をただよう(あか)ちゃんは、エサとして()べられちゃう。

だけど、たくさんいるから、(おお)くの(あか)ちゃんが(おお)きくなる。

カニのすがたにちかづくと、ただようのをやめる。

さんご(しょう)や、あさいところに()むんだ。

なんとそこは、自分(じぶん)がうまれた(しま)なんだってばぁ!

ほかにも(しま)があるのに、どうしてわかるのかな!?

















 

 9.自分じぶんつちのなかにむことがわかる

カニは、さんご(しょう)やあさいところで、もっとせい(ちょう)する。

そうしたら、(うみ)がたかくなるのにあわせて、およぎだす。

すなはまにおしよせる、(うみ)(うご)きにのるんだ。

すなはまへかえってくる。

そして、(しま)へあがる。

あなをほって、()みはじめるんだってばぁ。








10.まとめ <(おし)えてもらってないから、ぜんぶ本能(ほんのう)

 





やぁ、どふぁらずら。

カニはだれからも、(おし)えてもらってない。

それなのに、いろんなことがわかるずら。

すごすぎる!

どれもぜんぶ、本能(ほんのう)でしてるずら。




おっと!

(あか)ちゃんも本能(ほんのう)で、はじめるのかもしれない。

(ゆび)しゃぶり >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓