指をしゃぶる:気持ちになって




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











したが、ゆびをしゃぶっていたら、やってみて。








本文は:物語風に6分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

.タウパの前書き

2.指は一番のなかよし、って教えてあげる

3.おっぱいをすう練習について聞いてみる

4.いつまで指をしゃぶるのか、問いかける

5.たくさんほめて、せい長したことをつたえる

6.赤ちゃんじゃない、もうお姉ちゃん

7.まとめ








それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ














― そこは、さんごしょうにかこまれたしげるしま ―







1.タウパの前書まえが


こんにちは、しまむ10さいのタウパです。

しまにも、

ゆびしゃぶりをするがいる。

おやはあんまりにしないみたい。

だって、そのうちやめるもん。

ぼくはただ、

ヌクエの気持きもちに、なっただけだってばぁ。


















 2.ゆびいちばんなかよし、っておしえてあげる

四角しかくいゆかには、ヤシののしんがならんでいます。

そこにタウパが、あぐらをかいていました。

(かあ)さんが、ゆかのはしから地面(じめん)におります。

地面(じめん)()つと、だいていた(おんな)()を、ゆかに()たせました。

「ヌクエ、わたしはちょっと、いってくるから。ヌクエは、タウパに、あそんでもらいなさい」

(かあ)さんが、タウパに(かお)をむけました。

「それじゃあ、タウパ、ヌクエをおねがいね。わたしの(いもうと)から(あか)ちゃんを、あずかってくるだけだから。すぐにもどるわ」

ヌクエが、タウパにむきました。

「ヌクエ、こっちにおいでよ」

タウパとむきあうように、ヌクエがあぐらをかきます。

ヌクエが(ゆび)をしゃぶりはじめ、タウパがパッと(ひょう)じょう(あか)るくします。

「あっ! チュッポ、チュッポだ」

ヌクエが(ゆび)をくわえたまま、(くび)をかしげました。

「それ、それ」

タウパが、ヌクエの(くち)を、(ゆび)さします。

「そのしゃぶってる、(ゆび)のこと、ぼく、チュッポって、(おも)ってたんだ」

タウパが、(くび)をかしげました。

「そんな(おと)をさせて、しゃぶってたからかな? もしかしたら、だれかが、そう()ったのかもしれない。なにしろ、ぼくにとっては、チュッポ、だったんだ」

ヌクエが、(くち)からだした(ゆび)を、()ています。

それをタウパが、(ゆび)さしました。

「ヌクエのチュッポ、ヌクエの一番(いちばん)のなかよしだよね」

ヌクエが、ほほえみます。


















 3.おっぱいをすう練習れんしゅうについていてみる

ヌクエがまた、ゆびをしゃぶりはじめます。

「ヌクエは、お(かあ)さんのおなかの(なか)にいるときも、(ゆび)をしゃぶってた?」

ヌクエが、(くび)(よこ)にふりました。

「やらなかったんだ。それとも、(おも)いだせないのかな?」

タウパがつづけます。

「お(かあ)さんのおなかからでると、お(かあ)さんのおっぱいがあるでしょう。だから、おなかにいるときからおっぱいをすう、練習(れんしゅう)をするんだよね」

ヌクエが、(くび)(よこ)にふりました。

「ヌクエ、やってない」

「そうなんだ。ヌクエはおっぱいを、のむようになってから、練習(れんしゅう)したんだね」

ヌクエが、うなずきます。

「ヌクエ、のんでないとき、チュッポした」

「つぎにのむとき、もっといっぱいおっぱいを、のめるように練習(れんしゅう)したんだね」


















 4.いつまでゆびをしゃぶるのか、いかける

「ヌクエはもう、お(かあ)さんのおっぱい、のんでないんでしょう」

ヌクエが(ゆび)をくわえたまま、うなずきます。

「ヌクエ、もう、のんでない」

「ぼくは、おっぱいをのまなくなってから、いつまでチュッポと、なかよしだっただろう?」

タウパが、かたほうのひとさし(ゆび)を、あごにあてました。

ヌクエに()をむけます。

「チュッポとケンカしたり、なかがわるくなったり、したんじゃないからね。まだ、ぼくのチュッポは、ここにいるから。ほら」

タウパが、いっぽうの()のおや(ゆび)を、ヌクエの(まえ)にだしました。

「だけど、ぼくのチュッポ、(くち)(はい)らなくなったんだ。おっぱいのまなくなって、練習(れんしゅう)しなくて、よくなったからかなぁ?」

タウパがヌクエに、(かお)をちかづけます。

「ヌクエは、いつまでチュッポで練習(れんしゅう)するの?」

ヌクエが、両目(りょうめ)(おお)きくします。

「ヌクエはもうこんなに、お(ねえ)ちゃんになったんだから、もうすぐチュッポと、おわかれだね」

ヌクエが(した)をむいて、自分(じぶん)のチュッポを()ました。


















 5.たくさんほめて、せいちょうしたことをつた

かあさんが、かえってきました。

だいている(あか)ちゃんを、ゆかにねかせます。

(かあ)さんが、ゆかのすみを(ゆび)さします。

「ヌクエ、あのうちわ、もってきて」

ヌクエが()ちあがり、ヤシの()でつくったうちわを、もってもどります。

(かあ)さんが、(かお)いっぱいのえがお、ヌクエにむけました。

「ありがとうね。ヌクエは、いい()ね。これがうちわだって、ちゃんとわかるんだから。それに、こうやってもってきて、くれるものね。お(かあ)さん、すごくうれしいな」

ヌクエが、うれしそうにほほえんでいます。

タウパが、あぐらをかいた自分(じぶん)(あし)(うえ)に、ヌクエを(すわ)らせました。

ヌクエが、(あか)ちゃんのほうをむいています。

「ヌクエはすごいね。お(かあ)さんのおてつだいが、ちゃんとできるんだから。ほんと、お(ねえ)ちゃんになったんだね」

ヌクエが、(くび)(うし)ろにむけ、タウパの(かお)()ます。

「ヌクエ、お(ねえ)ちゃんでしょう」


















 6.あかちゃんじゃない、もうおねえちゃん

タウパのあしうえでヌクエが、ゆびをしゃぶりはじめました。

「あれっ? ヌクエ、お(ねえ)ちゃんなんじゃないの!」

ヌクエが、タウパに(かお)をむけます。

「ヌクエ、お(ねえ)ちゃんだよ」

「でもヌクエ、(あか)ちゃんみたいだよ。ほら、()て。(あか)ちゃんが、チュッポ、チュッポって、チュッポでおっぱいのむ、練習(れんしゅう)してる」

ヌクエが、いそいで(あか)ちゃんに、(かお)をむけました。

(かあ)さんが、(あか)ちゃんにむけて、うちわをゆっくりうごかしています。

ヌクエが(くち)から、しゃぶっていた(ゆび)をおろしました。

「ヌクエは、チュッポとなかよしでしょう。お(かあ)さんがヌクエにたのむように、ヌクエもチュッポにたのんでみれば?」

ヌクエがチュッポを、自分(じぶん)のむねの(まえ)にだしました。

それをもういっぽうの()で、そっとなでます。

タウパが、つづけて()いました。

「ヌクエがお(かあ)さんを、よろこばせるみたいに、チュッポもヌクエを、よろこばせる。だからきっと、ヌクエのたのみを、()いてくれる」

ヌクエは、(した)をむいたままチュッポをなでています。

ヌクエのむねの(なか)から、(こえ)()こえるようです。

≪チュッポがいたから、お(ねえ)ちゃんになれた。だからもう、ヌクエのお(くち)(はい)らないで。でも、これからも、ずっといっしょだからね≫

 それからヌクエは、(ゆび)をしゃぶることがなくなりました。








 7.まとめ







やぁ、どふぁらずら。

ゆびしゃぶり、

ヌクエぐらい(おお)きくなってると、

(ねえ)ちゃんを()しきするだけで、やめるかもしれないずら。

したのために、

にいちゃんや、おねぇちゃんの、出番でばんずら。

その気持きもちになって!




おっと!

うまくいかなかったら、またやるずら。

失敗(しっぱい)しても >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供