情けない言い訳・ステキな言い訳




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











()(わけ)って、かっこわるい。

それなのに、らないうちに、いってるみたい。








本文は:物語風に4分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <ほんとうのことだと、言い訳だって思わない>

2.情けない言い訳

  2-1.どうどうとしてるけど

  2-2.自しんまんまんだったのに・口ばっかり

  2-3.子どもでも聞きたくない・しかも人のせい


3.ステキな言い訳

 3-1.人と話すのが苦手・気分がわるくなる

  3-2.ふ安になって、おなかをこわした?

  3-3.ふ安いっぱいの顔

  3-4.思いやった言い訳

4.まとめ








💞 それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ















- そこは、さんごしょうにかこまれたのしげる島 -








1.タウパの前書まえがき <ほんとうのことだと、わけだっておもわない>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

しっぱいしたりすると、つい、いっちゃうわけ

だけど、

ほんとうのことをいってると、

どもはわけって、おもわないんだってばぁ。

だからわけするな、っておこられると、

ほんとうのことなのにって……、

さみしくなる。


















2.なさけないわけ


2-1.どうどうとしてるけど

ヤシの()のあいだに、となりの(いえ)がみえます。

そこに(ひと)があるいてできた(みち)が、とおっていました。

どふぁらが、あるいて(かえ)ってきます。

タウパが、(いえ)のゆかから、とびおりました。

「どふぁら(にい)ちゃん、おかえり、(さかな)、いっぱいとれた?」

どふぁらがいっぽうの()に、茶色(ちゃいろ)いぬののふくろを、()っています。

それを、うでをのばして、(まえ)につきだしました。

タウパが、(くび)をかしげます。

≪むねをはって、どうどうとしてるけど、なんだかふくろ、(かる)そう≫


















2-2.しんまんまんだったのにくちばっかり

屋根やねのつくるかげに、ヤシのをあんだマットを、しきました。

そこにどふぁらが、ぬののふくろを、ひっくりかえします。

(くち)が、(とり)のオウムのような(あお)(さかな)が、マットをすべりました。

タウパのひじから指先(ゆびさき)ぐらいの、体長(たいちょう)があります。

タウパが、(あし)をひらいて()ちました。

「なんだ、5ひきだけじゃん。ひとりでもだいじょうぶだ、だくさんとってくるって、いってたのに」

















 

2-3.どもでもきたくない・しかもひとのせい

しゃべれないどふぁらが、うなりました。

「うううううっ、ううっ」

それがタウパには、なんていったのかわかります。

「夕べ、ねむれないからっていって、ナコが(あそ)びにきた。おかげで、ねむくて(さかな)をとる(りょう)が、うまくできなかったんだって」

タウパが、うでを()みました。

「ナコさんを相手(あいて)にしたのは、どふぁら(にい)ちゃんでしょう。()(わけ)は、かっこわるい。そんなの()どものぼくでも、()きたくないよ」

「ううう、うう」

「うるさい、ほんとうのことだ。(さかな)がとれなかったのは、(あそ)びにきたナコのせいだって、しかも(ひと)のせいにしてるし、さい(あく)


















3.ステキなわけ


3-1.ひとはなすのが苦手にがて気分きぶんがわるくなる

ヤシの()のあいだを、(ひと)がならんであるける(みち)が、つづいています。

タウパが(よこ)をあるく、(おんな)()のクロクへ(かお)をむけました。

「だいじょうぶだよ。みんな()っちゃったけど、この調子(ちょうし)であるいてれば、ちゃんと()にあうから」

クロクが、心配(しんぱい)そうな(ひょう)じょうをしています。

「おくれて、みんなからなにかいわれたら、わたし……」

クロクは、タウパとはふつうにしゃべれます。

ですが、ほかの人としゃべると、きんちょうしました。

そうすると、ふ(あん)になって、気分(きぶん)(わる)くなったり、()まいがしたりします。

タウパがクロクのかたに、かた()をおきました。

心配(しんぱい)ないって!」

















 

3-2.あんになって、おなかをこわした?

「タウパ、ちょっとごめん。わたし、トイレ」

(みち)のいっぽうは、ヤシの()のあいだを()くと、すぐに(うみ)でした。

(くさ)むらをすぎたクロクが、すなはまをおりました。

(うみ)におしりをむけて、しゃがみます。

「ぼくは、ここで()ってるからね」

すなはまへむかって、(おお)きな(こえ)でいいました。

ヤシの()によりかかります。

(かぜ)が、タウパのむねを、そっとこすります。

≪どうしたんだろうクロク、おそいなぁ……≫

(うみ)のほうから()こえてきました。

「タウパごめん、(さき)()ってて、わたしちょっと、おなかがへんかも?」

















 

3-3.あんいっぱいのかお

クロクが、ヤシの()のあいだを、あるいてきました。

「あれっ! タウパ、()っててくれたの?」

「うん、いこう」

(いそ)がないと――」

クロクが、(はし)りだしました。

「ムリだよクロク、もう()にあわないよ」

クロクが、タウパにむきました。

その(かお)いっぱいに、ふ(あん)がひろがっています。

タウパが、え(がお)になりました。

「も~、タウパったら」

















 

3-4思いやったわけ

タウパやクロクの()集落(しゅうらく)をすぎ、すこし()ったところで、()ちあわせです。

小学校(しょうがっこう)のみんなで、ピクニックです。

(みち)からはずれてみんな、(くさ)にすわっていました。

40(さい)ぐらいの(おとこ)先生(せんせい)が、()ちました。

こしに茶色(ちゃいろ)いぬのを、まいています。

「おそいじゃないか、おまえたち。まったく、みんなを()たせて――」

タウパがかた()を、(あたま)のうしろにあてました。

「ちょっと(いえ)によったら、(いぬ)(みず)()みたがってて、井戸(いど)でくんだりしてたら、おそくなっちゃいました。ごめんなさい」

(おとこ)()から、(こえ)があがりました。

「なんだよタウパ、おれたちだってはやく、むこうへ()って、ヤシのじゅえきを()みたいんだぜ」

「ごめん、みんな」








4.まとめ

 





やぁ、どふぁらずら。

クロクをかばって、

タウパのわけは、ステキずら。

それにひきかえ、おいらのわけは、

(;´д`)トホホ……




おっと!

ともだちがこまってる、ページがあるずら。

どこまで聞けば? >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓