友だちのようすがへん。どこまで聞けば?




*目にやさしい背景色を使用*











元気げんきがなかったり、したをむいてたり、いつもみたいにしゃべらなかったり。

ともだち、どうしたんだろう……?








本文は:物語風に4分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <はんだんがむずかしい>

2.聞かずにそっとしておいてせいこう・気がまぎれて元気に

3.聞かずにそっとしておいてしっぱい・学校にこなくなった

4.心配だから、だれにも聞かれない場所で聞く

  4-1.聞いたんだから、友だちのためにゆう気をだして

5.まとめ <どっちもある・友だちのためなら>








🙉 それでは、物語風ものがたりふうにおくります














― そこは、子供こどもがはだかであそぶのしげるしま







 1.タウパの前書まえが <はんだんがむずかしい>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

ぼくは、やすみ時間(じかん)になると、なんとなくリンのところへ。

いつのまにか、(はな)しています。

リンがもしも、学校(がっこう)をやすむと、(すこ)しさみしくなって。

≪どうしたのかな?≫

なんて、()になって。

何日(なんにち)かして、学校(がっこう)にきたリンを()て、うれしくなります。

リンだけじゃなく、

ともだちのようすがへんだと、

どこまでいていいか、むずかしいんだってばぁ。


















 2.かずにそっとしておいてせいこう・がまぎれて元気げんき

小学校(しょうがっこう)教室(きょうしつ)は、おうど(いろ)()っぱでつくった屋根(やね)(した)です。

屋根(やね)をささえる4(ほん)のはしらが、()っているだけで、かべがありません。

地面(じめん)に、ヤシの()をあんだマットをしき、そこにせいとが(すわ)ります。

タウパが、リンの(まえ)にあぐらをかきました。

リンは()がパッチリして、まつ()(なが)(おとこ)()です。

元気(げんき)がないみたいだけど、どうしたの?」

「うん……」

リンは、(した)をむいたままです。

ひさしぶりに、おねしょをして、()ちこんでいました

タウパが自分(じぶん)のあごに、ひとさし(ゆび)をあてました。

「なにか、心配(しんぱい)なことがあるの?」

(かお)をあげたリンが、あわてたように、(くび)(よこ)にふりました。

「ない、ない、なんにもないから」

≪やっぱり、へんだ。リンが、いつもとちがう。でも、きっと、()いたくないんだ。そっとしておいてあげよう≫

そう、(こころ)(なか)(おも)ったタウパが、(くち)にだして()ます。

「そうだ、じゅ(ぎょう)がはじまる(まえ)に、おしっこ――」

()ちあがったタウパが、屋根(やね)(した)から(そと)へとびだしました。

 

午前(ごぜん)のじゅ(ぎょう)が、わります。

時間(じかん)がたって、気持(きも)ちがまぎれたようです。

リンが、元気(げんき)になっていました。


















 3.かずにそっとしておいてしっぱい・学校がっこうにこなくなった

かべのない教室きょうしつに、ひかりがたくさんはいっています。

タウパが、ロンロの(まえ)に、あぐらをかきました。

ロンロは、せが(たか)くて、やせています。

元気(げんき)がないみたいだけど、どうしたの?」

「うん……」

ロンロは(くろ)いかみの(あたま)を、(した)へむけたままです。

クラスの()からいじめられて、こまっています。

「なにか、心配(しんぱい)なことがあるの?」

(かお)をあげたロンロが、あわてたように、(くび)(よこ)にふりました。

「ない、ない、なんにもないから」

≪やっぱり、へんだ。ロンロが、いつもとちがう。でも、きっと、()いたくないんだ。そっとしておいてあげよう≫

そう、(こころ)(なか)(おも)ったタウパが、(くち)にだして()ます。

「そうだ、じゅ(ぎょう)がはじまる(まえ)に、おしっこ――」

()ちあがったタウパが、屋根(やね)(した)から(そと)へとびだしました。

 

ですが――。

ロンロが、学校(がっこう)にこなくなりました。

タウパが両方(りょうほう)()を、ギュッ、とにぎりました。

≪そうだったんだ。いじめられてたんだ。あのときちゃんと、()いておけば……≫

ロンロを(おも)ったタウパは、むねがくるしくなりました。 


















 4.心配しんぱいだから、だれにもかれない場所ばしょ

教室(きょうしつ)屋根(やね)(した)を、気持(きも)ちのいい(かぜ)が、とおっていきます。

タウパが、ブージの(まえ)に、あぐらをかきました。

ブージは、あついくちびるをして、おなかがでています。

元気(げんき)がないみたいだけど、どうしたの?」

「うん……」

(した)をむいたままです。

ブージは、クラスの()からいじめられて、こまっています。

「なにか、心配(しんぱい)なことがあるの?」

(かお)をあげたブージが、あわてたように(くび)(よこ)にふりました。

「ない、ない、なんにもないから」

≪いつもとちがう。やっぱり、へんだ≫

「そうだ、じゅ(ぎょう)がはじまる(まえ)に、おしっこ――」

()ちあがったタウパが、屋根(やね)(した)から(そと)へとびだしました。

 

そして、学校(がっこう)からの(かえ)りです――。

ヤシの()のあいだを、(くろ)(つち)(みち)がつづいています。

茶色(ちゃいろ)(たん)パンをはいたブージが、はだしで(ある)いています。

ブージの(よこ)にタウパが、ならびました。

「ほんとは、なにかあるんだよね? ここなら、教室(きょうしつ)とちがって、だれにも()かれないから」

ブージが、いじめられていることを、タウパに(はな)します。

明日(あした)ぼくも、ブージといっしょにいるから」



 ***

4-1.いたんだから、ともだちのためにゆうをだして 

つぎの()の、(ほう)()です――。

小学校(しょうがっこう)は、ヤシ(ばやし)にかこまれています。

教室(きょうしつ)からでたブージの(まえ)に、(からだ)(おお)きな(おとこ)()()ちました。

「おれたち友だちだろう。〇〇もってきたよな」

ブージの(うし)ろから、タウパがブージの(よこ)にならびました。

(おとこ)()()あげ、ゆうをだします。

「そんなこの、ともだちじゃないから。もしもまた、ブージに、そんなことったら、つぎは、先生せんせいうから――」








 まとめ <どっちもある・友だちのためなら>







かない、ほうがいい。いた、ほうがいい。

どっちもあるずら。

んだから、

いいとおもったほうを、やる。

友だちのためなら、しっぱいしてもいいずら。




おっと!

ともだちの気持きもちをおもう、こんなページがあるずら。

おもいやり >