失敗してもまたやる:挑戦は、かっこいい




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











()どもは、ちょうせんばっかりなんだから――。

(とう)さんもお(かあ)さんも、ちゃんとみててよ。








本文は:物語風に4分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き<いやになる>

2.ずっとやってきたのに

3.教えてもくれない・もうやめる

4.ほんとうは、もっとやりたいんじゃないの

5.なん回しっぱいしても、またやれば

6.ちょうせんしつづけるって、かっこいい

7.しっぱいなんてあたりまえ

8.まとめ <かんたんじゃないから








それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ















― そこは、さんご(しょう)にかこまれたのしげる(しま) ―








1.タウパの前書(まえが)き <いやになる>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

ずっとずっと、がんばってきたのに。

(かい)も、ほめられない。

だから、

いやになっちゃうんだってばぁ。


















2.ずっとやってきたのに

もうすぐ、(しま)(ふね)がきます。

いつもなら、先生(せんせい)にいって画用紙(がようし)を、もらっているころでした。

タウパが、(たか)いヤシの()(うえ)にいます。

()のねもとにすわって、しずんでいく太陽(たいよう)をみていました。

「3年生(ねんせい)のころから、ずっとやってきたのに、1等賞(とうしょう)とか2等賞(とうしょう)(しょう)をもらえない……」

オレンジ(いろ)をした(おお)きな太陽(たいよう)です。

ゆっくり水平線(すいへいせん)にちかづいていきます。

「ぼくのかいた()をみて先生(せんせい)が、じょうずだっていってくれたのに。だからはじめたのに……」


















3.(おし)えてもくれない・もうやめる

(ふと)いしんの(りょう)がわにはえたほそい()が、(かぜ)でゆれています。

「どうすれば(しょう)がとれるのか、かいた()の、どこがダメだったのか、(おし)えてもくれない……」

太陽(たいよう)のはしが、水平線(すいへいせん)にふれます。

タウパが、ヤシの()のしんに()ちました。

両手(りょうて)(くち)をかこいます。

「そんなので、うまくかけるように、なるわけないってばぁ」

(おお)きな(こえ)が、太陽(たいよう)にむかっていきます。

タウパが、しんにすわりました。

「もう10(かい)ちかく()をだした。それなのに1(かい)も……。もうやるのやめる……」

















 

4.ほんとうは、もっとやりたいんじゃないの

(つぎ)()(あさ)です。

ヤシの()のあいだをとおる(みち)を、あるいて小学校(しょうがっこう)へいきます。

となりから(おとこ)()のリンが、タウパに(かお)をむけました。

「どうしたの、元気(げんき)ないみたいだけど」

タウパが、()をかくのをやめたことを、(はな)しました。

「そうなんだ、だからいつものタウパらしくないんだ。ほんとうはまだ()を、かきたいんじゃないの?」

タウパがうつむきました。


















5.なん(かい)しっぱいしても、またやれば

小学校(しょうがっこう)(やす)時間(じかん)です。

グランドのはしに、タウパが()っていました。

(おんな)()のメナリが、うしろからタウパのかたを、たたきました。

「せなかがさみしそうだよ。リンから()いた。()のこと」

メナリが、タウパの(まえ)()ちます。

(しょう)なんて、かんたんにもらえないよ。いいじゃない、しっぱいしたら、またやれば。なん(かい)でも、ちょうせんすればいいよ」

タウパが(かお)を、あげました。


















6.ちょうせんしつづけるって、かっこいい

小学校(しょうがっこう)からの(かえ)(みち)です。

リンとメナリが、タウパの(りょう)がわを(ある)きます。

リンがタウパの(まえ)にでて、(うし)ろむきに(ある)きました。

「ちょうせんしたいことがあるって、うらやましいよ。ちょうせんしてるタウパは、かっこいい」

メナリがタウパのかた()を、両手(りょうて)でつかみました。

「あきらめたら、()わっちゃう。ちょうせんが、()わっちゃうよ。ちょうせんなんだから、しっぱいはあたりまえ、またやればいいんだよ」

リンとメナリが、(こえ)をそろえます。

「そうすれば、ちょうせんがつづく。ちょうせんしつつづけるって、かっこいい」

















 

7.しっぱいなんてあたりまえ

(つぎ)()小学校(しょうがっこう)です。

たんにんの(おんな)先生(せんせい)に、タウパが(はし)りよります。

「やっぱりぼく、()をかきます。画用紙(がようし)ください」

 先生せんせいかおをみあげます。

(しょう)をもらいたい。しっぱいなんてあたりまえだから、ちょうせんをつづける」

1まいの画用紙(がようし)を、タウパがうけとりました。

 先生せんせいが、ほほえみます。

「タウパの()が、えらばれる()が、(たの)しみだわ。もうすくだからね、(ふね)

それぞれの(しま)から、()どもたちのかいた()が、(しゅ)(とう)にあつまります。








8.まとめ <かんたんじゃないから>







やぁ、どふぁらずら。

しっぱいしても、またやる。

ちょうせんしつづけるずら。

かんたんじゃない。

んだから、

かっこいいずら。




おっと!

こっちは、みんなでやるずら。

(かんが)えるの(たの)しい >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓