目標へ:はやく、できるだけはやく




*目にやさしい背景色を使用*











到達できそうにない目標って、「夢」になるんでしょうか?








< 本文は:物語風に2分 >


目次

1.タウパの前書き <干潮と満潮の差>

2.たいした仕掛け・恐れ入る製作

3.あきてくる地道な作業・魚を獲りたい

4.地味な作業・やってられない

5.ふてくされていると師匠が!

6.遠まわりのように思えて、遠まわりじゃない

7.まとめ <こつこつ経験をつむ>








それでは、物語風におくります














- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -







1.タウパの前書き <干潮と満潮の差>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

ここは潮の満ち引きで、

海の高さが、2メートル以上かわる。

高くなるときや高さが、その日によってちがう。

だから、

その日の潮にあわせて、漁をするんだってばぁ。

いろんな漁がある。

どふぁら兄ちゃんは、がんばってる。

漁が、うまくなってきてるんだってばぁ。

















 

2.たいした仕掛け・恐れ入る製作

潮が引くと、まっ白な砂の海底がひろがり、まぶしくて目をほそめるほどです。

歩いていくとずっと遠くに、さんご礁にぶつかってたつ、白波がみえます。

干潟に、どふぁらの膝の高さほどにつまれた石の壁が、ほぼまっすぐに100メートル以上つづいています。

その横を、どふぁらが歩いていました。

≪潮が引くのにあわせて沖へかえる魚を、石の壁がはばむ。頂点を沖へむけた、どでかい三角形ずら。その底辺に石の壁はなく、二辺が島へむいてひらき、頂点は、その先に丸く石でかこった生け簀に、魚がはいるようになってる。たいした仕掛けずら≫

どふぁらが片手を大きくひろげ、白い砂に落ちた石をつかみました。

≪三角形や頂点の丸、高いところからみないと、正確につくれないぐらい、でっかい。その仕掛けが、干潟にいくつもならんでる。恐れ入る製作ずら≫

どふぁらが、落ちた石を崩れたところへもどす、壁の修復をしています。

















 

3.あきてくる地道な作業・魚を獲りたい

どふぁらが、壁にそってすすみます。

≪潮が満ちるのにあわせて、魚が島へちかづく。浜をおりたところで、体長3~40センチのアジが、なん尾もいっぺんに、網にかかるぐらいずら。壁をつかう漁は、新月の夜にする。壁にはばまれ沖へもどれずに、壁によりそうように寝てる魚を、一尾ずつ捕まえながら頂点へむかい、しぶとく沖へむかおうとして、生け簀にはいった魚を一網打尽ずら≫

どふぁらが石を、壁につみます。

≪まったくも~、このところ毎日、おいらひとりで、修繕作業ずら≫

腰をのばして、沖へむいてたちました。

≪やってる、やってる≫

さんご礁の浅瀬に、3人の男の姿があります。

≪くっそ~、おいらもこんなことしてないで、魚を獲らないと。はやく漁が、うまくなりたいずら≫


















4.地味な作業・やってられない

青い空を、白い雲がながれます。

≪雲、あんなにでっかいのに、意外とちかいずら。それにしても、のんびりしてやがる

干潟を寝具にして、大の字をかいています。

≪も~修繕なんて、やってられないずら。ひとねむりするずら≫

どふぁらが、寝息をたてました。

風がやさしく、どふぁらの鼻先をなでていきます。

タウパが浜をおります。

「あれっ、どふぁら兄ちゃん、どこだろう?」

ひいおじいちゃんのガテが、タウパの肩に片手をおいて歩きます。

「やっぱりじゃ。タウパ、ちゃんとさがすじゃ」

ふたりが干潟を、沖へむかいます。

















 

5.ふてくされていると師匠が!

「どふぁら兄ちゃ~~ん」

タウパの大きな声が、広い空間へすいこまれていくようです。

目をあけたどふぁらが、顔を島のほうへむけました。

≪な、なぬっ! がっ、ガテがどうして? ガテは漁だけじゃなく、人生の師匠ずら

急いでたちあがり、歩みよります。

「ううっ、ううう」

しゃべれないどふぁらが、うなりました。

それがタウパには、なんていったかわかります。

「だって、ひいおじいちゃんが、どふぁら兄ちゃんのところへ、いくっていうから」

















 

6.遠まわりのように思えて、遠まわりじゃない

ガテのしおれたまぶたの下の、黒い瞳がほほ笑みます。

「イヤになるころだと思ったじゃ」

「うっ、うう」

タウパが、ガテの顔をみあげます。

「漁をやって、はやくうまくなりたいって」

「だったら、つづけるじゃ。遠まわりのように思うじゃろうが、やっとるのは漁場づくりじゃ。漁場が、よくわかるようになる。経験をつむじゃ。上達の道から、はずれとらん。あせるでない」

どふぁらが口を、強くむすびました。







 

7.まとめ <こつこつ経験をつむ>







こんにちは、どふぁらずら。

目標に、はやく到達する。

それには、

ひとつ、ひとつ、石をもどすように、

経験を、つんでいく。

ん~~~~~~~~~~、辛いずら。




おっと!

とことんやる、男がいるずら。

・すがすがしい自信 >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓