思い:ちゃんと言わないとつたわらない




*目にやさしい背景色を使用*











自分(じぶん)気持(きも)ち、相手(あいて)につたわってるって、(おも)うことがある。

わかってくれてると、いいよね。








本文は:物語風に4分(大人3分)

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <言われなくても、わかりたい>

2.大すきだから、ずっとみていたい

3.だれにもなにも言われない、場所から

4.お母さんはお見通し

5.いる場所がわかっても、気持ちがわからない

6.みつめても、つたわらない

7.すいつこうとしても

8.すいついたら、おこられた

9.言葉にしてやっとつたわった

10.まとめ <親子でも、ちゃんと言わないと、つたわらない>








それでは、物語風(ものがたりふう)におくります















そこは、さんご(しょう)にかこまれたのしげる(しま) ―








1.タウパの前書(まえが)き われなくても、わかりたい>


こんにちは、(しま)(すむ)む10(さい)のタウパです。

どふぁらにいちゃんの、うなるのが、

ぼくは、なんて言ったかわかる。

でもそれは、うなってくれるから。

うなってくれなくても、どふぁら(にい)ちゃんの(おも)いが、

わかりたいってばぁ。


















2.(だい)すきだから、ずっとみていたい

()っぱでつくっ屋根やねしたでした。

ゆかに、ヤシの()をあんだマットが、しいてあります。

そのはしに、5(さい)(おんな)()のセアちゃんが、うつぶせになっていました。

あごを、りょう()でささえ、(かあ)さんをみつめています。

ゆかの反対(はんたい)がわのはしに、(かあ)さんがあぐらをかいています。

ねむるのにつかうマットをあもうと、()をほそく()っていました。

(かあ)さんが、(かお)をあげました。

「セア、そんなところで、なにしてるの?」

















 

3.だれにもなにも()われない、場所(ばしょ)から

ヤシの()のあいだに、(くさ)がはえていました。

(くさ)にうもれているようです。

セアちゃんが、うつぶせになっています。

≪ここならお(かあ)さんに、なにも()われない≫

()でつくった屋根(やね)(した)に、(いえ)のなかがみえます。

(かあ)さんが、()()って作業(さぎょう)をしていました。

セアちゃんは、まばたきをわすれたようです。

≪ずうっと、ずうっと、お(かあ)さんをみていたい≫

セアちゃんの(かお)のよこの(くさ)が、(かぜ)にちいさくゆれています。

















 

4.お(かあ)さんはお見通(みとお)

()()った()をおろし、お(かあ)さんが(いえ)のそとへ(かお)をむけます。

「セア、ほ(いく)(えん)でしょう。そろそろよ」

おどろいたセアちゃんが、(かお)をあげました。

≪お(かあ)さん、ここにいるの、しってたんだ!≫

つづけてお(かあ)さんの、(くち)がうごきます。

「バッタさん、それともアリさん。なにをみてるの?」

セアちゃんが、()ちあがりました。

母屋(おもや)へあるきます。


















5.いる場所(ばしょ)がわかっても、気持(きも)ちがわからない

(かあ)さんがダボッとした、茶色(ちゃいろ)(ふく)をきています。

()をおいたお(かあ)さんのひざのうえに、セアちゃんがのりました。

(かあ)さんの(くび)にりょう()をまわし、ギュッとくっつきます。

(かあ)さんが、うれしそうな()をしました。

(くさ)むらで、バッタさん、なにしてた?」

(からだ)をひいたセアちゃんが、(くび)をよこにふります。

「ちがう、バッタでもアリでもない」

(かあ)さんが、ほほえみました。

















 

6.みつめても、つたわらない

(かあ)さんのひざのうえです。

セアちゃんが、お(かあ)さんにむけた()を、(おお)きくしました。

じっとお(かあ)さんをみます。

「これで、わかったでしょう」

「なにが?」

「えっ! わからないの?」

セアちゃんが、(くち)をギュッとむすび、お(かあ)さんをみつめます。

「そんなにみたら、お(かあ)さんの(かお)に、あながあいちゃうわ」

(かあ)さんがりょう()を、セアちゃんのわきの(した)にいれました。

「さぁ、おりて、ほ(いく)(えん)にいきましょう」

















 

7.すいつこうとしても

セアちゃんが、お(かあ)さんのひざからおりません。

「いやだ、いやだ。じゃあ、これだったらわかる?」

セアちゃんが(くち)を、とがらせました。

「そんな(かお)して、お(くち)がもどらなくなって、そんな(かお)になっちゃうわよ」

セアちゃんが(くち)をとがらせたまま、()(おお)きくしてお(かあ)さんをみつめます。

「それじゃあ、ビックリした、タコさんみたいじゃない」


















8.すいついたら、おこられた

「さぁ、セア、ふざけるのはもりにして、ほ(いく)(えん)にいくわよ」

セアちゃんが、いきおいよく(かお)を、お(かあ)さんにくっつけました。

とがらせた(くち)が、ほっぺにすいつきます。

(わる)ふざけは、いいかげんになさい――」

(かあ)さんがおこり、セアちゃんがなきだしました。

セアちゃんが、りょう()(かお)をかくします。

「そんなに(おお)きな(こえ)でないて……」

(かあ)さんが、まゆ()をよせました。

(つよ)()いかたをして、お(かあ)さんが(わる)かったわ」

















 

9.言葉(ことば)にしてやっとつたわった

「さぁ、セア、ほ(いく)(えん)、すきでしょう。おともだちや先生(せんせい)と、あそぶんでしょう」

なき(ごえ)がやみ、セアちゃんが(かお)から、りょう()をおろしました。

「お(かあ)さん、どうしてわからないの……」

とぎれとぎれに()います。

「バッタや、アリじゃなくて、お(かあ)さんを、みてたんだよ。(だい)すきで、(だい)すきで、ずっとみてたくて、(だい)すきだから、すいついたのに――」

(かあ)さんの(くち)が、ポカンとひらきました。

「あらっ、そうだったの……」







 

10.まとめ <親子(おやこ)でも、ちゃんと()わないと、つたわらない>







こんにちは、どふぁらずら。

(おも)い。

相手(あいて)がわかってくれたら、それはそれは(しあわ)せずら。

んだが、

さみしいずら。

親子(おやこ)でさえ、ちゃんと()わないと、つたわらないことがある。




おっと!

(おも)いが、行動こうどうさせるずら。

・パワーとそのささえ >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓