やって後悔はしない:だけどつらい




*目にやさしい背景色を使用*











すきな()に、こく(はく)するって、きんちょうする!








本文は:物語風に4分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き<気持ちをつたえるのがこわい>

2.もしもきらわれたら、どうすればいい

3.かわいいだけじゃなく、花を大切にするやさしい子

4.せいこうするかもしれないし・やったほうが、後悔しないだけいい

5.こく白をした後悔じゃない・だけどつらい

6.こっちは後悔・しなければよかった

7.まとめ <せいこうすることだってある>








💘 それでは、物語風(ものがたりふう)におくります















― そこは、さんご(しょう)にかこまれたのしげる(しま) ―








1.タウパの前書(まえが)き 気持きもちをつたえるのがこわい>


こんにちは、(しま)(すむ)む10(さい)のタウパです。

すきながいるって、いいなぁ。

ワムエは、ぼくより2つも年上(としうえ)なのに、なやんじゃってるんだってばぁ。

相手(あいて)(おんな)()に、気持(きも)ちをつたえたいんだけど、

こわいんだって。

















 

2.もしもきらわれたら、どうすればいい

パンの()()っぱが、トンネルをつくっています。

大人(おとな)が3(にん)(りょう)うでをひろげれば、つつめるような()のみきでした。

タウパが、よりかかっています。

「だいじょうぶだよワムエなら、せが(たか)くてカッコいいし、やさしくてせいかくもいいから」

ワムエがトンネルの(みち)を、()ったり()たりしています。

(あし)をとめて、タウパのほうへむきました。

「やっぱり、こく(はく)しないほうがいいかな?」

「そんなことないよ、気持(きも)ちをつたえたほうが、いいってばぁ」

「だけど、もしもきらわれたら、ぼくはどうすればいいんだ――」

ワムエがしゃがんで、(あたま)をかかえました。


















 3.かわいいだけじゃなく、はな大切たいせつにするやさしい

タウパが、ワムエの(よこ)にたちました。

「ワムエのすきな(おんな)()のチコ、()がクリッとしてかわいいから、ワムエとおに()いだよ」

ワムエが(あたま)から()をおろしました。

(かお)が、かわいいだけじゃないんだ。チコは、(はやし)から(つち)をはこんで()だんをつくって、(はな)をそだててる。朝夕(あさゆう)、なんども井戸(いど)()ったり()たりして、(はな)(はな)しかけながら、(みず)をあげるんだ。みんなで(うみ)(はやし)であそんでて、どんなに(たの)しくてもチコは、夕方(ゆうがた)(みず)やりにかならず(かえ)る。(はな)大切(たいせつ)にする、(つよい)気持(きも)ちを()ってるんだ」

 タウパがかた()を、こしにあてました。

「だったらますます、いい()じゃないか」

 💞 チコのページは、こっち >















 

4.せいこうするかもしれないし・やったほうが、後悔(こうかい)しないだけいい

ワムエが()ちあがりました。

「タウパに相談(そうだん)するまでに、おれがどれだけ、なやんだと(おも)ってるんだ」

「そんなこと()われても……」

「いい()だから、こんなおれがすきになったって、相手(あいて)にしてもらえないんじゃないかって、心配(しんぱい)になるんだろう」

「すごくすきなんだね」

「じゃなかったらこんなに、ふ(あん)にならない」

「だけどやらないで、あとになってやっとけばよかったって、くやしがるよりも、やってしっぱいしたほうが、その(とき)はつらいけど、後悔(こうかい)しないだけいいとおもう。それに、せいこうするかもしれないってばぁ」


















5.こく(はく)をした後悔(こうかい)じゃない・だけどつらい

「タウパ、()をはなせ――」

 ワムエのかた(あし)に、タウパがだきついています。

「タウパに相談そうだんして、ゆうがでたのに、おれはなんて、バカなことをしたんだ」

 だきついたままタウパが、地面(じめん)にころがっています。

()をはなせって()ってるだろ」

「ダメだよ、死んじゃうよ」

「おれはこの()のてっぺんから、とぶんだ。もう小学校(しょうがっこう)だっていきたくない。()きてるのなんていやだ」

「ダメだってばぁ――」


















6.こっちは後悔こうかい・しなければよかった

ワムエがヤシの()のよこに、あぐらをかきました。

タウパがその(まえ)に、あぐらをかいています。

「どうしてなのか、チコから()いたんでしょう」

ワムエがうなずきました。

「チコは、おれのことはきらいじゃない。気持(きも)ちを()いてうれしいって、()ってくれたんだ。それなのに、それなのにおれは、植物(しょくぶつ)をだいじにするチコにとって、なんてかわいそうなことを――」

ワムエが両手(りょうて)で、地面(じめん)をたたきました。

「みんなであそびにいく(とき)(はやし)をとおる(みち)を、(ある)きながらおれは、ぞう()のえだをおったり、()をちぎったりしてたんだ。なんの意味(いみ)もないのに、しなければよかった……」







 

7.まとめ <せいこうすることだってある>







やぁ、どふぁらずら。

やれば、せいこうすることだってある。

やらないで、後悔(こうかい)するより、

ずっといいずら




おっと!

()どもは、お気楽(きらく)がいいずら。

・うれしいな >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓