妖精2:いい気になる・そんなの最低




*目にやさしい背景色を使用*











調子にのってるって、いいですよねぇ。

でも、のりすぎは……。








< 本文は:物語風に4分 >


目次

1.タウパの前書き <力が効かないから、助けたい>

2.いやなやつらから感謝される

3.新しい力を得た

4.神のようにあつかわれ

5.あそばれてる・バカみたいで情けない

6.助けに応じないなら、罰が待ってる

7.力にあやつられ調子にのって絶好調

8.大きらい・大人になってもぜったいに負けない

9.子どもにバカにされる

10.まとめ








それでは、物語風におくります















- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -








1.タウパの前書き <力が効かないから、助けたい>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

島には、妖精がいる。

大人にしかみえない、ツングツング。

その力は、

子どもには効かない。

だからぼくが、

どふぁら兄ちゃんを、助けるんだってばぁ。

















 

2.いやなやつらから感謝される

大人が、丸まって入れるような茶色いぬのの袋が、大きくふくらんでいます。

袋を、どふぁらがせおい、ヤシ林をとおる道を、集落へむかいます。

≪これで今日、3ど目ずら。こんなにたくさん、枯れ落ちたヤシの実が、ちょっと林をあるくだけで、かんたんに集まるずら。おいらは天才ずら≫

袋の口を両手でつかみ、上半身をすこし前にたおして、あるきます。

≪ツングツングのもたらす幸運を、信じずにあしらって、おいらにいやな思いをさせた集落の連中が、今はおいらに感謝してるずら。枯れ落ちた実の、厚く成長した果肉の用途はおおい。毎日つかうずら。実はいくらあっても、よろこばれる。ウッヒッヒッ、気分がいいずら≫

集落へもどると、実をくばってあるきました。


















3.新しい力を得た

集落の中に立っていたり、集落のまわりに立っていたりする、ヤシの木でした。

幹のむこうにまわした手には、ひもを結んだヤシの実の丸い殻の器が、3つさがっています。

その手と、手前にあてた手とで幹をはさみ、両足のうらで幹をけってカエルが跳ぶようにして、あがっていきます。

≪おいらはヤシの木にのぼるのも、天才的にうまいずら。ぴょんぴょん、スイスイ、あがっていくずら。どんなに高い木でも、お手のものずら≫

放射状にひらいた葉の芯に手をかけ、芯のうえに立ちました。


















4.神のようにあつかわれ

≪ヤシの実のなる芽から樹液を採ってるから、実がならないずら。そのかわり、直径が10センチほどある芽の先を、ナイフで薄くけずって刺激をあたえると、樹液が芽にさげた器にたまるずら≫

多いときには1本の木で同時に、3本の芽から樹液を採ります。

≪うちは親父が、朝夕6本の木にのぼって、家族のために樹液をあつめているずら≫

父親のかわりに家の手伝いを終えたどふぁらは、集落の家の樹液採りを手伝いました。

≪朝夕、たくさんの木にのぼるずら。おいらにいやな思いをさせた連中が今は、おいらを神様のようにあつかうずら。気分がいいずら≫

















 

5.あそばれてる・バカみたいで情けない

砂浜にできたヤシの葉の影に、タウパがあぐらをかいていました。

「まったく、どふぁら兄ちゃんは、ツングツングの力にかかって、すっかりあそばれてるんだから」

タウパが海を、にらんでいます。

「どふぁら兄ちゃんだけじゃない。集落の大人たちも、いっしょだ。最初にいやな思いをみんなでさせて、どふぁら兄ちゃんに、みんなをきらいにさせたと思ったら今度は、どふぁら兄ちゃんを持ちあげるんだから」

タウパが腕を組みます。

「も~、これじゃあ、どふぁら兄ちゃんが、バカみたいじゃないか。そんな情けないの、いやだってばぁ」

















 

6.助けに応じないなら、罰が待ってる

砂浜にすわるタウパが腕をくんだまま、あごをひきました。

「ツングツングにあそばれてるって、ぼくがどふぁら兄ちゃんに言って、どふぁら兄ちゃんが、すんなり信じてくれれば、力がとける」

腕をほどいて、両手を腰にあてました。

「だけど、どふぁら兄ちゃんがもしも、信じてくれなかったら。罰が待ってる。集落の大人たち、みんなが集まる。大人につられて子どももみんな――。そこでどふぁら兄ちゃんが、裸踊りをする。みんなにはやしたてられ、調子にのって踊って、大騒ぎになって最後に、両足をひろげて立ったどふぁら兄ちゃんが、からだを前におって頭をつく。それで両手でお尻を、お尻の穴をひろげるように、ひっぱる」

タウパが大きく息をはきました。

「めちゃくちゃはずかしい格好になった瞬間に、ツングツングの力がとけて、どふぁら兄ちゃんをふくめた大人たち全員が、我にかえる。だから、どふぁら兄ちゃん、最悪になる……」

















 

7.力にあやつられ調子にのって絶好調

次の日の朝でした。

「どうしよう。このままバカみたいな、どふぁら兄ちゃんをみてるのもいやだし、だけど、ぼくの言うことを信じてくれなかったら、最悪になるし……」

浜辺にならぶヤシの木の横にタウパが、海のほうをむいて立っていました。

「うううっ、うっ」

浜をあるいてきたどふぁらが、うなりました。

それがタウパには、なんて言ったかわかります。

「うかない顔なんて、してないよ。アレッ、どふぁら兄ちゃん、もう漁から帰ってきたの。しかも袋、めちゃくちゃ魚が入って、重そうだし!」

「うっ、うううっ」

「天才的に漁がうまくなったから、うちの分の魚をおろしたら、集落のみんなにくばってくるって、も~~、どふぁら兄ちゃんまた、ツングツングに会いにいって、別の力をつけたんだ。いつのまに――」

どふぁらがまた、うなりました。

「ウッヒッヒッ、じゃないってばぁ。集落の者たちにとって、おいらは神だって、も~」

















 

8.大きらい・大人になってもぜったいに負けない

どふぁらが魚を、母屋の横にしいたマットにあけました。

集まった家族がみんな、どふぁらをほめ、感謝します。

どふぁらが得意げな顔で、うなずいています。

タウパが小さく息を、はきだしました。

「これじゃあ、ツングツングにあそばれてるって、ぼくが言っても、信じてくれそうにない。どふぁら兄ちゃんを、最悪にさせられないから、このままでいいや――」

タウパが鼻にしわをつくりました。

「だけど、いい気になって、みっともないってばぁ。こんなふうに人をもてあそぶツングツングって、大きらい。大人になってもぼくは、ぜったいにツングツングに、負けないから」


















9.子どもにバカにされる

≪こりゃあダメずら。こんなに風が強かったら、漁にいけないずら≫

浜辺にならぶヤシの木のあいだに、どふぁらが海にむいて立ちました。

眉を強くよせたかと思うと、首をグイッとかしげます。

「ううっ、うううう」

振りかえって離れの高床で、目をさましたタウパに言いました。

「すごく気分がよかった気がする、おいらはなにをしたんだって? そうなんだ、ツングツングの力がとけたんだ。心配ないよ、どふぁら兄ちゃんみたいに、集落の大人たちも忘れちゃうから」

タウパが腕を組みました。

「だけど子どもは、ぜんぶしってる。どふぁら兄ちゃんをみて、ニヤニヤしたら、バカにされてるってことだってばぁ」







 

10.まとめ






 

こんにちは、どふぁらずら。

子どもたちのニヤついた顔をみて、頭にくる。

頭にくるのは、おいら自身にずら。

いい気になって、最悪ずら。

(;´д`)トホホ……。

 


おっと!

妖精がでてくるページはこっちずら。








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓