子どもが贈る:ステキなプレゼント




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











そんなおくもの、もしかしたら、どもだけに、できるのかも!?








本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <じぶんよりもっと、相手をよろこばせたい>

2.来てくれて、めちゃくちゃうれしい

3.いいところを、みせたい

4.ふこうへいは、いやだ

5.ブタをあげても、よろこばない

6.行ったり来たりしながら・むねが苦しい

7.むかえに来てくれるのも、うれしい

8.すなはまに、たくさんのこってる

9.のこってるのは気持ち・めちゃくちゃうれしい

10.まとめ <子どもっていい>








🎀 それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ














― そこは、さんごしょうにかこまれたのしげるしま







1.タウパの前書まえがき <じぶんよりもっと、相手あいてをよろこばせたい>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

うれしいことをされると、みんな、

それ以上(いじょう)相手(あいて)を、よろこばそうとする。

イモやブタを、

あげたりするんだってばぁ。


















2.()てくれて、めちゃくちゃうれしい

≪やった、やった、やったー≫

タウパが(こころ)(なか)で、よろこんでいます。

小学校しょうがっこう授業じゅぎょうをみてほしいって、たのんだら。どふぁら(にい)ちゃんが、()てくれた≫

地面(じめん)に、()をあんだマットがしいてあります。

そこに、どもたちがあぐらをかいて、勉強(べんきょう)をしていました。

教室(きょうしつ)は、()っぱでつくった屋根(やね)のしたです。

屋根(やね)をささえる(はしら)がありますが、かべがありません。

「どうぞ、(なか)へはいって、(すわ)ってください」

茶色(ちゃいろ)ふくをダボッと()た、(おんな)先生(せんせい)です。

「さぁ、えんりょなさらずに」

どもたちの、うしろです。

どふぁらは、茶色(ちゃいろ)いぬのをこしにまいた、すがたです。

マットに、あぐらをかきました。


















3.いいところを、みせたい

どもたちは、茶色(ちゃいろ)(たん)パンを、はいています。

からだを(まえ)にたおし、ノートに計算(けいさん)をしています。

≪よぉし、ぼくがぜったいに、一番(いちばん)(こた)える≫

タウパが、()をあげました。

「465」

先生(せんせい)が、くびをかしげました。

「はい、ほかにわかる人は、いますか?」

えん(ぴつ)をにぎるタウパの()に、(ちから)がはいりました。

≪くっそ~、あわてない、あわてない。つぎの問題(もんだい)は、ちゃんと計算(けいさん)するんだ≫

タウパがまた、()をあげました。

(こた)えをきいた先生(せんせい)が、ニッコリします。

(せい)かいです」

タウパが、ふりかえりました。

どふぁらにむかって、ガッツポーズを()めます。

≪やった、やった、やったー。どふぁら(にい)ちゃんに、みてもらえた――≫


















4.ふこうへいは、いやだ

小学校しょうがっこうからいえ(かえ)ったタウパが、すなはまへでました。

どふぁらが(うみ)につかり、からだを()でこすっています。

「うううう、うっ」

しゃべれないどふぁらが、うなります。

それが、なんていったのか、タウパにはわかりました。

「わかった、いまいく」

どふぁらがしゃがみ、りょうたを(うみ)にしずめました。

そのかたにタウパが、両足(りょうあし)をのせます。

どふぁらがいきおいよく()ちあがり、タウパがジャンプします。

タウパのからだが、ロケットのように()びました。

(たか)っ! 気持(きも)ちいいんだってばぁ」

タウパが、(うみ)()ちました。

≪こうやって、あそんでくれるのも、うれしいんだってばぁ。ぼくも、どふぁらにいちゃんを、よろこばせたい。でもぼくは、どふぁら(にい)ちゃんを、かたにのせて()ばせない。ぼくばっかりうれしくて、ふこうへいなんだってばぁ≫

 タウパが(うみ)から、(かお)をだしました。


















5.ブタをあげても、よろこばない

()をつかう小屋(こや)から、(しろ)いけむりがあがっています。

タウパのお(とう)さんが、でてきました。

プロレスラーのように、(おお)きなからだです。

(はし)ってきたタウパが、お(とう)さんを(まえ)にしました。

「ねぇ、どふぁら(にい)ちゃんに、ブタをあげてもいい?」

元気(げんき)(こえ)でした

(とう)さんが、(くび)をかしげます。

「なんのために、あげるんだ?」

「どふぁら(にい)ちゃんを、よろこばせたい」

「うちのブタは、どふぁらのブタでもあるからなぁ。あげてもよろこばないぞ」

「えぇ、そんなぁ……」

 タウパが、したをむきました。


















 6.()ったり()たりしながら・むねが(くる)しい

タウパが小学校(しょうがっこう)から、(かえ)りました。

ブタにお(みず)をあげたのに今日(きょう)、みんなのところへ、あそびに()きません。

そこは、あまり(ひと)()ない、(しろ)っぽいすなのはまでした。

タウパが、したをむいて(ある)いています。

きのういっぱいかんがえたけど、ダメだった。だれかから、ブタをもらうことなんて、あきらめなきゃ……。どふぁら(にい)ちゃんを、よろこばせるには、どうすればいいんだ……≫

みんなの小学校しょうがっこう()にあるプールと、おなじぐらいの(なが)さでした。

(ある)いたタウパが、ユーターンします。

≪どふぁら(にい)ちゃんに、ぼくよりもっと、もっとうれしくなって、もらいたいんだってばぁ≫

なんども、()ったり()たりしました。

≪どうすれば……、ぼくはどうすれば……≫

タウパが()ちどまり、むねに両手(りょうて)をあてます。

≪どうしたんだろう? むねが(くる)しい≫

 (おも)って(おも)って、たくさん(おも)って、(くる)しくなりました。

















 7.むかえに来てくれるのも、うれしい

太陽(たいよう)が、水平線すいへいせんちかづいていきます。

≪あ~、むねが(らく)になってきた。だけど、だけど……≫

タウパが、なみだを(なが)しました。

どふぁらがタウパを、むかえにきました。

ヤシの()のあいだに、()ちます。

「うううううっ」

≪も~、ないてる(かお)を、みられたくないってばぁ≫

タウパがからだを、(うみ)のほうへむけます。

≪こうやって、むかえに()てくれるのだって、うれしいのに……≫



















8.すなはまに、たくさんのこってる

すなはまへでたどふぁらが、タウパのほうへ(ある)きます。

どふぁらが(かお)を、(みぎ)(ひだり)へむけました。

(まえ)()に、タウパ(ある)いたあとが、のこっています。

どふぁらが(あし)を、(すす)めます。

≪またここにも、()ったり()たりした(あし)あとが、(なが)くつづいてるずら≫

その()(ある)いたあとでした。

≪タウパは、なにをしてたずら?≫

(うみ)へむいていたタウパが、ふりかえりました。

ぼくは、どふぁらにいちゃんにぼくより、うれしくなってほしかった。だけど、いくらかんがえても、いくらかんがえても、どうすればいいか、わからない」

どふぁらが、タウパをだきよせました。

「ううっ、うっ、うっ」

タウパが、(かお)をあげます。

すなはまにいっぱい、のこってるって、そんなのただの、あしあとじゃないか。からだが、はりさけそうなぐらい、うれしいなんて、ウソだ!



















9.のこってるのは、気持(きも)ち・めちゃくちゃうれしい

「ウソだ、ウソだ」

タウパが両手(りょうて)をあげて、どふぁらのむねをたたきます。

「うっ、ううっ」

タウパがたたくのをやめ、どふぁらへ(かお)をむけました。

「えっ、すなはまにのこってるのは、気持きもちだって、いっしょうけんめい(かんが)えた、ぼくの気持きもち。それが、さいこうおくものだって!

どふぁらがからだを、(うみ)へむけます。

まえは、でっかい太陽たいようです。

どふぁらが、大声おおごえでうなりました。

タウパが(ひょう)じょうをパッ、と(あか)るくします。

「ブタを10(とう)もらうよりうれしい、めちゃくちゃうれしいって――」

タウパが、()びあがりました。








 10.まとめ どもっていい>










やぁ、どふぁらずら。

こんなステキなプレゼントができる。

()どもって、

めちゃくちゃいいずら。




おっと!

こっちは、かがやいてるずら。

・美しいブタ >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓

*画像提供