ウソつきになりたくない・心がいたい




*目にやさしい背景色を使用*











言っても、言わなくても、ウソつきになる……。


 





本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学年生~


もくじ

1.タウパの前書き<ウソをつこうと思ってない>

2.言わないってやくそくした

3.やくそくしたから告げ口はしない

4.言ったらウソつき・だけど、リッ君も友だち

5.どっちも友だち・大切にしたい

6.ウソは人をイヤな思いにする・心がいたい

7.まとめ <みんなだったら、どうする?>








それでは、物語風ものがたりふうにおくります














― そこは、さんごしょうにかこまれたのしげるしま








1.タウパの前書まえがき <ウソをつこうと思ってない>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

どっちもともだちなんだってばぁ。

ウソをつこうなんて(おも)ってないのに、

だれかたすけてってばぁ。


















 わないってやくそくした

(いえ)のたつ集落(しゅうらく)から、ヤシ(ばやし)(はい)りました。

タウパが、(とり)のエサになる()を、さがしています。

「あっ、テアとロボだ。ヤシの()からおりてくる

タウパが、()どまりました。

テアとロボが、地面(じめん)におりました。

タウパに()づいて(からだ)を、ビクン! とゆらします。

せの(たか)いほうのテアが、(くち)をひらきます。

「おねがいだ、タウパ、いまみたことは、だれにも()わないでくれ」

テアとロボがどうじに、(かお)(まえ)両手(りょうて)をあわせました

「たのむ、このとおり」

タウパが、ふたりのおりてきたヤシの()を、みあげました。

()根元(ねもと)からでた()に、茶色(ちゃいろ)くて(まる)いうつわがさがっています。

この()世話(せわ)をしているひとが、ヤシのじゅえきをとっています。

じゅえきは家族(かぞく)の、大切(たいせつ)なのみものです。

テアがかた()をタウパにむけ、(ゆび)を2ほんのばしました。

「2つだけだから。3つうつわがさがっていたうちの、2つだけだから」

こんどはロボがかた()をだし、ひとさし(ゆび)とおや(ゆび)のあいだに、すきまをつくります。

「それに、ほんの(すこ)ししか、のんでないから。(みず)でうすめる(まえ)のじゅえきが、うまいの、タウパも()ってるだろう」

じゅえきどろぼうです。

バレたらふたりは、お(とう)さんにおしりを、ぼうでたたかれます。

タウパが、あごをひきました。

「わかった。だれにも()わない」


















 3.やくそくしたからぐちはしない

つぎのあさでした。

ヤシの()のあいだを、(みち)がつづいています。

みんな、茶色(ちゃいろ)(たん)パンをはいて、登校(とうこう)しました。

小学校(しょうがっこう)につくと朝礼(ちょうれい)です。

(くろ)(つち)校庭(こうてい)に、せいとがあぐらをかきました。

校長(こうちょう)先生(せんせい)が、こしに茶色(ちゃいろ)いぬのをまいたすがたで(まえ)()ちます。

かみには、しらががまざり、(おお)きな(はな)をしていました。

「ヤシのじゅえきは、集落(しゅうらく)のなかに()()や、集落(しゅうらく)のちかくに()()から、とられています。それぞれの(いえ)、なん(ぼん)かのヤシの()世話(せわ)をしていて、その()には世話(せわ)をしている(ひと)から、ゆるしをもらわなければ、(のぼ)ってはいけないことに、なっています。それはみんな、()っていますね」

校長(こうちょう)先生(せんせい)が、せいとをかくにんするように、(かお)左右(さゆう)(うご)かしました。

「ですが、かってにだれかが(のぼ)って、じゅえきをのんでいるようです。もしも、このなかにそんな()や、そんな()()っている()がいたら、どの先生(せんせい)にでもいいので、()ってください」

あぐらをかいたタウパが、(した)をむきました。

≪そんなこと()われても、テアとロボとやくそくしたから……≫


















 ったらウソつき・だけど、リッくんともだち

すなはまに、ヤシのがかげつくっています。

そこに、小学校(しょうがっこう)から(かえ)ったタウパが、あぐらをかきました。

「この(まえ)はタウパが、(はなし)()いてくれて、たすかったよ」

リッ(くん)が、(よこ)にすわりました。

リッ(くん)は、タウパにとって(はな)しやすい、おとなのお(にい)さんです。

いつも、やさしい(はな)(かた)をします。

小学校(しょうがっこう)で、()われなかった? うちのじゅえきが、ぬすまれてるんだ」

タウパがせなかを、ピン、とのばします。

「うちは、あにきとおやじが毎日(まいにち)(あさ)夕方(ゆうがた)にじゅえきを、とってる。だけど、夕方(ゆうがた)にとれるじゅえきが、へってる()(おお)いんだ」

タウパの(くろ)いひとみが、(みぎ)から(ひだり)へ、(ひだり)から(みぎ)へ、いったりきたりしました。

「ぬすまれるのが昼間(ひるま)だから、子供(こども)じゃないかと(おも)ってね。タウパ、なにか()らないかな?」

ひとみがいったりきたり、とまりません。

≪どうしよう、どうしよう≫

リッ(くん)が、ほほえみました。

「こんどは、ぼくが(はなし)()(ばん)みたいだね。タウパのむねにつまったことを」

リッ(くん)が、()ちあがりました。

「タウパが、()いたくなったら、いつでも、ぼくの(いえ)へきて」

そう()ってはまをあがり、ヤシの()のあいだへ、(はい)っていきます


















 どっちもともだち・大切たいせつにしたい

すなはまにのこったタウパが、ひざをかかえました。

≪リッ(くん)(いえ)の、じゅえきだったなんて。ぼくはどうすれば、いいんだろう。()ば、テアとロボが、しかられる。いたい()にあって、かわいそう。()わなかったら、リッ(くん)(いえ)が、こまる≫

タウパの(あし)(さき)を、(しろ)っぽいカニが(ある)いています。

≪それに、ぼくが()ったら、テアとロボに、ウソをついたことになるし、()わなかったら、リッ(くん)に、ウソをつくことになる≫

タウパのかた()が、すなをたたきます

≪ぼくはどうすれば、どうすればいいんだ……?≫


















 ウソはひとをイヤなおもいにする・こころがいたい

つぎの土曜日どようびで、小学校しょうがっこうがおやすみです。

そこは、あまり(ひと)のこない、すなはまでした。

みんなの小学校(しょうがっこう)にあるプールと、おなじぐらいの(なが)さを、タウパが(ある)ます。

ユーターンして、おなじところをもどりました。

≪どうすれば、どうすれば……≫

つぎの日曜日(にちようび)も、(した)をむいてなんどもユーターンします。

(あし)あとが、たくさんつきました。

≪ウソなんか、つきたくない。ウソをつかれると、すごくイヤな気持(きも)になる。そんなこと、したくないんだってばぁ≫

()ちどまって、(うみ)のほうへむきます

オレンジ(いろ)(おお)きな太陽(たいよう)が、なみだでにじみました。








 まとめ <みんなだったら、どうする?>







やぁ、どふぁらずら。

ウソは(ひと)をイヤな(おも)いにする、

こころがいたいずら。

みんなが、タウパだったら、

どうする?




おっと!

(ひと)をイヤな(おも)いにさせないよう、

こんなページがあるずら。

(おも)やり >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供