読書なんてきらい:そんな子へ親が一緒に




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











読書どくしょって、みながら自分じぶんあたまなかに、動画どうがっていうのをうつすかんじなんでしょう?








本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <いっしょに助けにいく>

2.親に読んでもらって、子供は想ぞうしよう

3.おもしろかったら、つづきを自分で読もう

4.お話のつづきは

5.まとめ








それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ















― そこは、かぜにゆれるが、みどりにかがやくしま








1.タウパの前書まえがき <いっしょにたすけにいく>


はじめまして、しまむ10さいのタウパです。

(おんな)()が、ぼくをよんでるんだ。

ぼくにはそのこえが、はっきり()こえる。

小学生しょうがくせいのみんな!

いっしょに(おんな)()を、(たす)けにいくからね。

(そら)をとぶのって、気持(きも)ちいいってばぁ。


















 2.おやでもらって、子供こどもそうぞうしよう

ヤシの()(たか)さは、10(かい)だてのビルと、おなじぐらいです。

その(なが)いみきをまげ、のびないように、(おとこ)たちがおさえています。

(せん)たんの()が、地面(じめん)についていました。

()をむすんで、(なか)にタウパがいます。

みきが、まっすぐにもどる(ちから)利用(りよう)し、タウパが(そら)へあがります。

(たす)けて、おねがいだから、わたしを(たす)けて」

(おんな)()(こえ)です。

「ほら、また(そら)から(こえ)がした。()こえたでしょう?」

タウパが、(おとこ)たちに()きました。

(おとこ)たちが、いっせいに(くび)(よこ)にふります。

「いや、おれたちには、(おんな)()(こえ)など、()こえん」

「でもぼくは、()めたから。(おんな)()(たす)けるって、()めたから」

しっかりとした、()(かた)でした。

「ぼくのじゅんびはいいから。みんなの用意(ようい)ができたら、()をおさえてる、()をはなして」

(おとこ)たちが、おたがいの(かお)()て、(こえ)をそろえます。

「せぇのっ!」

みきが、空気(くうき)()(おと)をたてました。

()千切(ちぎ)れ、タウパがとびだします。

()をつけのしせいで、青空(あおぞら)へまっしぐらです。

「わたしを(たす)けて、おねがい、おねがいよ」

タウパは両方(りょうほう)()を、ギュッとにぎりました。

≪やっぱり、(おんな)()は、この(そら)のどこかにいるんだ≫

(こころ)(なか)()い、(くち)()しました。

()ってて、(いま)(たす)けにいくから」

タウパが、パッ、と両目(りょうめ)を大きくひらきました。

「なんで! なんでなの? (そら)をとんでたのに」

地面(じめん)のようなところに、()っています。

「それにくらい、どうしてくらいの? ここはどこ?」 


















3.おもしろかったら、つづきを自分じぶんもう

(くら)い。だけど、うすく()える」

タウパが、(からだ)をまわしました。

「なんにもないや。(さかな)をとるりょうへ、つれてってもらった(とき)にいった、すなだけの(しま)に、にてる。でも、ここはすっごく、(ひろ)(かん)じがする」

タウパが、(ある)きはじめました。

「すなだけの(しま)だったら、(うみ)にかこまれてるのに。どこまでいったら、(うみ)になるんだろう」

()ちどまって、(した)をむきます。

「これ、すなじゃない。(しま)の、(いえ)がたってるところと、おなじような(つち)だ」

(ある)きだしました。

こんどは(かお)を、(うえ)へむけます。

ほしつきがない。くものひろがったよるそらみたいだ。でも、そらよりもっとちかくに、わりがあるかんじがする」

()ちどまって、ふりかえります。

「おんなじだ。どっちにいっても、おなじってこと?!」

「ちがうわ。そんなことない」

(おんな)()(こえ)です。

「さいしょに(ある)いたほうへ、もう(すこ)しきて。そうしたら、わたしがいるから」

タウパがふりかえって、(ある)きだしました。

「あぶない、とまって! ()ちるわ」

タウパが、両足りょうあしそろえます。

「うわっ! でっかいあなだ」

「そのあなのそこに、わたしがいるの。わたしは、ネイクウ、って()います」

タウパが、(からだ)(まえ)にたおし、あなをのぞきました。

「ぼくはタウパ。あなのそこっていうけど、(こえ)がすぐそばから、()こえてくるよ」

「タウパの(こえ)だって、(ちか)くから()こえるわ。だけど、()ちてる時間(じかん)が、(なが)かったの」

タウパが、まゆをよせました。

「ネイクウは、どうして、そんなところに?」

「とじこめられちゃった。(ひと)()世界(せかい)を、タウパが(いま)いるうす(くら)世界(せかい)に、かえようとしたの。それができないように、ここに()れられちゃったみたい」

タウパが、(くび)をかしげます。

「おねがいタウパ、わたしを、ここから()して」

タウパが、両手(りょうて)をひざにつきました。

「だけど、ネイクウを(たす)けたら、(たす)けたら。ぼくらの()んでいるところが、昼間(ひるま)(くら)くなっちゃうんだよね?」

「だからってわたしを、タウパはおき()りにするの!」

















 4.自分じぶんそうぞうする世界せかいたのしむ・ネイクウのおはなしのつづきは

タウパです。ごめんなさい、おはなしのつづきはありません。

ここはみんなへ、読書どくしょたのしさを、しょうかいするページなので。


ぼくがいたおはなし世界せかいそうぞうできた?

このお(はなし)()んだ()は、それぞれにてるけど、ちがった(そう)ぞうをするはず。

()こえるぼくやネイクウの(こえ)が、()()によって、ちがうんだってばぁ。

ネイクウのいるあなって、どんなあなを、(そう)ぞうするんだろう?

 

それじゃあもしも、お(はなし)がつづいたら!

ぼくは、ネイクウを(たす)けるのかな?

(たす)けなかったら、(くら)世界(せかい)から、どうやってダッシュツすれば?

一番いちばんいのは、ネイクウをたすけて、ぼくがくらす世界せかいを、くらくしないこと。

だけど、どうやればいいんだろう?

(そう)ぞうしてみて。

そうしたら、おとうさんやおかあさんのそうぞうを、いてみたらいいよ。


 

自分じぶんそうぞうする世界せかいが、ひろがる。

それが動画(どうが)、っていうのにはない(たの)しさ、読書(どくしょ)のみりょくなんだってばぁ。

読書(どくしょ)って、おもしろいかも!

そう(おも)ってもらえたら、うれしいってばぁ。








 5.まとめ







やぁ、どふぁらずら。

つづきを()みたいずら。

タウパ、ネイクウのところへもどって、はなしつづけるずら。

ネイクウは、きっと!

ワニみたいな(かお)をして、プロレスラーみたいに(ちから)が、(つよ)いずら。

びっくりするタウパのかおそうぞうすると、

うっひっひっ!




おっと!

こっちは、勉強(べんきょう)らいら。

()があ 








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供