勉強なんてきらい、でも好きなことがある

 


- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











勉強べんきょうより、すきなことしてるほうがいい。








本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <なんでするのかわからない>

2.せいせきがわるいまま・勉強しない

3.すきなこと・友だちがすき

4.こまってる友だち

5.こまってる友だちを助ける

6.ギギのすきなこと・たくさん知りたい

7.ルルのすきなこと・どんなむずかしいことでもがんばる

8.元気に答えるぐらいすきなこと・なんだってする

9.まとめ <きらいだって、するようになる>








🐌 それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ















― そこは、子供こどもたちがはだかであそぶのしげるしま

 ―







 1.タウパの前書まえが <なんでするのかわからない>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

勉強(べんきょう)をすきな()より、きらいな()のほうが、(しま)には(おお)です。

ぼくも、そのうちのひとりだってばぁ。

だって、

なんで勉強べんきょうしないといけないのか、

わからないんだもん。


















 2.せいせきがわるいまま・勉強べんきょうしない

ヤシのを、あんだマットです。

ゆか一面(いちめん)に、しいてあります。

タウパが、せい(ふく)のたんパンをもって、すわりました。

「ちょっと、タウパったら、せいせき、(わる)いままじゃない」

そう()った(かあ)さんが、お(とお)さんにむきました。

「お(とお)さん、タウパに勉強(べんきょう)するように、()ってください」


















3.すきなこと・ともだちがすき

とおさんは、プロレスラーのような、おおきなからだをしています。

こしに、茶色(ちゃいろ)いぬのをまいたすがたで、あぐらをかいていました。

ほほえみながら、やさしい()(かた)です。

「タウパは、勉強(べんきょう)がきらいか?」

タウパが、たんパンに両足(りょうあし)()()ちあがります。

「うん、すきじゃない」

しっかりした、()(かた)です。

「タウパ、おまえにはなにか、すきなことがあるか?」

「ある。友達(ともだち)とあそぶこと」

タウパが、元気(げんき)よく(こた)えました。

友達(ともだち)がすき!」

「それじゃあ、友達(ともだち)を、大事(だいじ)にしてるのか?」

「うん」

タウパが、(ふか)くうなずきました。

「だったら、いいじゃないか、お(かあ)さん」

 タウパが、屋根(やね)(した)から(そと)へ、とびだしました。

















 .こまってるともだち

ギギのおかあさんが、いえなかにむいて、地面じめんっています。

両方(りょうほう)(ふと)ももを、(たか)くつくったゆかのはしに、あてていました。

ゆかには、ヤシの()のしんが、ならんでいます。

そこにギギが、すっぱだかで、あぐらをかいていました。

「ぼく今日(きょう)は、小学校に()かない。ダメだって()われても、()かないから」

「どうして、()きたくないの?」

「だって、だって」

ギギが両目(りょうめ)をつよくつぶり、(した)をむきました。

「つげ(ぐち)になるから、()わない」

(かあ)さんのななめうしろに、タウパが()ちました。

「どうしたのギギ。はやく学校(がっこう)()こうよ」

ギギのお(かあ)さんが、タウパにむきました。

「ギギ、()かないって()のよ。学校(がっこう)で、なにかあったのかしら?」

タウパが、ギギに(かお)をむけます。

「もしかしたら、トングのこと?」

ギギが(くち)を、とがらせました。


















 5.こまってるともだちをたすける

ギギがくちを、とがらせたままです。

タウパが、(たかrt>)ゆかにちかづきました。

「トングのことだったら、学校(がっこう)()こう。(やす)んだら、トングににげたと(おも)われる」

「でも……

「じゃあ、いつになったら()くの?」

うつむいたギギに、タウパがつづけて()ます。

今日(きょう)だけ(やす)んで、明日(あした)()くならいい。でも、ずっと()かないのは、よくない。弱虫(よわむし)になっちゃう」

ギギが、(かお)をあげました。

「どういうこと?」

本当(ほんとう)は、()ったほうがいい、()べきだ、って(おも)ってる自分(じぶん)に、()けちゃう」

ギギがまた、(した)をむきました。

「ほら、ギギだってトングから、にげたくないんでしょう」

ギギが上目(うわめ)づかいに、タウパをみます。

学校(がっこう)()こうよ。トングが、なにもしてこないように、ぼくが(やす)時間(じかん)とか、ギギといっしょにいるから」

ギギが、()をかがやかせました。

(よこ)においてあったたんパンに、両足(りょうあし)をとおしました。

あるきだしたタウパの(よこ)に、ならびます。

ヤシの()のかげをとおり、ふたりの茶色ちゃいろいたんパンが、いろふかめます。

「だけどタウパ、明日(あした)はどうするの?」

タウパが、ギギに(かお)をむけました。

明日(あした)もあさっても、ギギが平気(へいき)になるまで、ずっといっしょにいるから」

















 

 6.ギギのすきなこと・たくさんりたい

ヤシばやしなかみちが、つづいています。

「ねぇ、ギギは、すきなこと、ってある?」

「うん、あるよ!」

タウパにむいたギギの()が、かがやいています。

「ぼく、ヤシの()がすきなんだ。毎日(まいにち)、おいしいじゅえきを、たくさんだしてくれる。かにくだっておいしい。()のしんが、オレンジの()と、みどりの()があって、(おとこ)(ひと)(おんな)(ひと)みたいだし、ヤシの()のことを、いっぱい()たいんだ」


















7.ルルのすきなこと・どんなむずかしいことでもがんばる

タウパとギギのうしろから(おんな)()が、(こえ)をかけました。

「おはよう。いっしょに()こう」

タウパの(よこ)に、ならびます。

「いまギギと、すきなことの(はなし)を、してたんだ。ルルは、すきなことってある?」

ルルが(かお)をグイッ、とタウパにちかづけました。

「わたしね。集会場(しゅうかいじょう)って、すごくすてきだと(おも)うの。(たか)くて(おお)きな屋根(やね)(した)()つと、からだがギュッって、なる。屋根(やね)うら()んであるはしらや、たくさんの屋根(やね)ざいのつくる(せん)がきれい。(おお)きくなったころには、(おんな)()もつくってよくなるといいな。わたし、集会場(しゅうかいじょう)をつくるためだったら、どんなむずかしいことでもがんばる」

(しま)では、(いえ)をたてるのは、(おとこ)仕事しごとです

(おんな)は、くぎのかわりになるひもや、()をおりかさねて屋根(やね)ざいをつくります。


















8.元気げんきこたえるぐらいすきなこと・なんだってする

まえからも、茶色ちゃいろいたんパンをはいたが、あるいてきます。

みちをまがると、小学校しょうがっこうぐちです。

ルルがタウパに、かおをむけました。

「タウパは、ギギになんて()ったの?」

タウパが、元気(げんき)よく(こた)えます。

「ぼくは友達(ともだち)がすき。こまってたら(たす)けたい。(たす)けるためだったら、なんだってする








 .まとめ <きらいだって、するようになる>







やぁ、どふぁらずら。

勉強(べんきょう)がきらいだって、

ギギやルルはもちろん、

タウパだって、しんけんにたすけたいなら勉強(べんきょう)するようになる。

すきなことがあるのが、いいずら。




おっと!

勉強とおなじぐらいだいじずら。

・その子の思い >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供