子どものことで悩むなら:胸をはって笑う




*目にやさしい背景色を使用*

 









子どもといっしょに悩む、それも愛情。

だけどこんかいは!








< 本文は:物語風に2分 >


目次

1.タウパの前書き <両親の影響は大きい>

2.親が悩んでいたら・うつむいたままの子

3.子どもが感じる・やさしい子ほどくるしむ

4.気を取りなおす・子どもを誇りに思う

5.笑い声がひびく・子どもの胸がかるくなる

6.まとめ <簡単じゃないから愛の力で>








それでは、物語のように、どうぞ















 そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ー








1.タウパの前書き <両親の影響は大きい>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

お父さんとお母さんの、影響は大きい。

子どもが、なん才だとしても!

両親が、

明るくて仲がいいのが、一番なんだってばぁ。


















  2.親が悩んでいたら・うつむいたままの子

スラッとした幹の立ちならぶ、ヤシ林のなかでした。

タウパが枯れ落ちたヤシの実に座っています。

ヤシの木の心の声が、聞こえてきます。

≪やさしくて、とってもいい子なのに……≫

そんなお母さんの声に、お父さんがこたえます。

≪そうだね。ほんとうに思いやりのある子だ≫

お母さんとお父さんは、高いヤシの木です。

2本はむきあい、そのあいだに1本の、若いヤシの木が立っています。

≪母親のわたしの、育て方が悪かったのよ≫

≪お母さんだけじゃない、わたしだって。わたしたち親が、いたらなかったんだ≫

≪この子はなんにも悪くないのに、下をむいてしまって……≫

≪ああ、かわってあげられるものなら……≫

≪これから、どうすれば、どうすればいいんでしょう≫

お父さんとお母さんが下をむいて、若い木をみつめます。


















  3.子どもが感じる・やさしい子ほどくるしむ

ヤシの実に座っているタウパが、ヤシの木をみあげます。

≪それじゃあ子どもが、かわいそうだってばぁ≫

上をむいたまま立ちあがりました。

≪お父さんとお母さんが、うじうじ悩んでたら、それを子どもが感じるんだってばぁ。元気になれないだけじゃなくて、やさしいならやさしいほど、お父さんとお母さんを、くるしめてるって、つらくなるんだってばぁ≫

タウパが両手で、口をかこいます。

「元気にしたいなら、お父さんとお母さんが、先に元気になってってばぁ」


















  気を取りなおす・子供を誇りに思う

≪お母さん、もうこの子のことで悩むのは、終わりにしよう≫

≪わたしたちが悪いのに、それじゃあ、あんまりだわ≫

≪あんまりなのは、今までのぼくたち親だ。つたわってしまうよ、この子に。ぼくらの後ろむきの気持ちが。この子にとって逆効果になる≫

≪そうね。こうしていっしょに暮らしているんですものね。感じるわね≫

≪ぼくらは、なにも間違ってなかったんだ。やさしい子に育ったじゃないか≫

≪そうね。わたしたちが育てたんですから、自信をもたなきゃ≫

≪ぼくはこの子を誇りに思う≫

≪ええ、わたしもよ≫


















 5.笑い声がひびく・子どもの胸がかるくなる

≪胸をはろうじゃないか、お母さん≫

≪ええ≫

お父さんとお母さんが、首をもちあげます。

幹の先で放射状にひらいた幾枚もの葉が、空へむきました。

強い日差しが、子どもにあたります。

子どもが顔をもちあげました。

自信にみちた両親の言葉が、聞こえてきます。

子どもの胸に、安心感がひろがりました。

お父さんとお母さんの、笑い声がひびきます。

子どもが大きく息をすい、はきだしました。

子ども自身の悩みが、解決へむかいます。








 6.まとめ <簡単じゃないから愛の力で>







こんにちは、どふぁらずら。

気持ちのきりかえは、簡単じゃない。

んだが、

影響は、単純ずら。

胸をはって笑う、っきゃないずら。

愛、愛、愛の力で!




おっと!

笑い声をひびかせたら、こんなページがあるずら。

・気持ちによりそう >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供