共働き:夫婦円満の秘訣




*目にやさしい背景色を使用*











ときどき仕事を、交代できたらいいのに……。 








本文は:物語風に2分


目次

1.タウパの前書き <カリカリすると怖い>

2.ふんばるお父さん

3.お母さんだってヘトヘト

4.相手の大変さを理解する・ちゃんとねぎらう

5.思い切って休む・子どもたちとの時間をつくる

6.まとめ <むずかしいけど理解>








それでは、物語のように、どうぞ














そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―






1.タウパの前書き <カリカリすると怖い>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

どふぁら兄ちゃんが、多くの国には、便利って言われてる物が、

たくさんあるって。

そんなの島には、ないってばぁ。

お父さんとお母さんは、忙しくてたいへん。

カリカリすると、怖いんだってばぁ。


















    2.ふんばるお父さん

ヤシの木が立ちならび、そのあいだを細い道が続いています。

ふたりとも引き締まった体をして、腰に茶色い布を、ひざ丈にまいていました。

ひとりは、浅瀬に横にながく張る網をたばね、もうひとりは、漁獲でふくらんだ厚い布の袋を、それぞれ一方の肩にかついでいます。

「やっぱり、最後の1回は、やらないほうが、よかったかもしれないな」

後ろから袋をかつぐ男が言い、網をかつぐ男が答えます。

「重すぎるか。集落までまだ、ずいぶんあるからな」

「泣きごとになっちまったか。なぁに、これぐらい」

「そうだな。俺たちの嫁も、がんばってる。もう少しいったら、俺が袋をかつぐ、交代しよう」

網より圧倒的に重いのは、漁獲です。


















   3.お母さんだってヘトヘト

ヤシ林には、人が踏みかためた細い道が、いくつもあります。

ふたりとも、手製のくたびれた茶色いワンピースを、ダボッと着ていました。

たばねた葉を頭にのせ、片手でおさえながら、歩いています。

葉は、大人の手の平ほどの幅をして、細くなったさきが女の後ろで、地面をこすっていました。

「そろそろ旦那が、漁からもどってくるわ」

「そうね。はやく帰って、魚をさばかないと」

「屋根のふきかえの時期がくると、仕事が増えて、やんなっちゃうわ」

女たちは、300枚ほどの葉を頭にのせています。

「葉っぱを集めるのはたいへんだし、これだけ集めても、たいした数の屋根材にならないし」

女たちは毎晩、月あかりで屋根材をつくりました。


















 4.相手の大変さを理解する・ちゃんとねぎらう

集落にちかづき、林の中を通る細い道がまじわります。

ヤシの木のあいだには雑木がしげり、視界をさえぎっていました。

一方の道からは男たちが、もう一方からは女たちが、歩いてきます。

「やだっ!」

「おおっ!」

「おお、じゃないわよ。おどろかさないでよ」

男たちと女たちが、むきあいます。

「ずいぶんたくさん、葉を集めたじゃないか。遠くまでいったんだろう。よくがんばったな」

「そんなことないわよ、このぐらい、ねぇ」

女が、となりの女に顔をむけます。

「そうよ。このぐらい、たいしたことないわ。それより、そんなに袋が、大きくふくらんで」

男が、一方の肩をヒョイッ、とあげて袋をかつぎなおします。

「なぁに、このぐらい、どうってことない」

「魚をおいこむのに浅瀬を走って、たいへんだったでしょう。おつかれさま」


















5.思い切って休む・子どもたちとの時間をつくる

ふた組の夫婦が、女たちを前に歩きだしました。

前をむいたまま、女がいいます。

「帰ったらすぐに魚を、さばきますから」

男の背中で網が、ゆれています。

「おまえだって、疲れてるんだ。俺も手伝う。それで今日は、子供たちといっしょに、はやく休もう」

魚がずっしりと重そうです。

「俺たちもいっしょに、魚をさばくぞ。それで子供たちと、ゆっくり飯を食おう。今夜はやめだ、やめ。屋根材づくりは、明日やればいい」








 6.まとめ <むずかしいけど理解>







こんにちは、どふぁらずら。

相手の大変さを理解する。

なかなか、むずかしいずら。

んだが、それが!

共働き夫婦円満の秘訣ずら。



 

おっと!

んだが、ストレスがたまっちまったら!

・憂さ晴らし >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供