運動:苦手でも好きでいれば・ビリ卒業




- この(いろ)はいけい 👀()にやさしいからね -











失敗しっぱいしても、へたっぴでも。








説明は:物語風に4分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き

2.かけっこは、ビリ

3.走りはばとびは、少しだけ

4.走り高とびは、しっぱい

5.あそぶのは、楽しい

6.きらいに、なりたくないから

7.ビリじゃなくなった

8.まとめ <できそうなのを>








それじゃあ、物語(ものがたり)みたいに、いくよ














― そこは小学生しょうがくせいがはだかであそぶのしげるしま







1.タウパの前書まえが


こんにちは、しまむ10さいのタウパです。

ぼくの友達ともだちにも、運動うんどう苦手にがてがいる。

そのたちも、

いっしょに、うみはやしであそぶ。

運動うんどう苦手にがても、たのしそうだってばぁ。


















 2.かけっこは、ビリ

小学校(しょうがっこう)は、ヤシ(ばやし)にかこまれていました。

校庭(こうてい)(くろ)(つち)を、子供(こども)たちがはだしで、(つよ)くけります。

(はし)っているのは、タウパの同級生(どうきゅうせい)の、(おんな)()たちです。

(みじか)いキョリを、はやく(はし)ります。

体力(たいりょく)そくていをしています。

イククは、ビリっけつでした。

()のパッチリした、からだの(ちい)さな(おんな)()です。


















 3.はしりはばとびは、すこしだけ

こんどは、(はし)りはばとびです。

イククが、とばずに(せん)をこえて、(はし)ってやわらかな(つち)(なか)はいました。

(おとこ)先生(せんせい)が、やさします。

「またしっぱいか、イクク、もう1(かい)だけだぞ。つぎは、(すこ)しでいいから、とぶんだ」

イククが、いっしょうけんめいに、(はし)ります。

(はし)って、せっかくつけたいきおいなのに、スピードを()としました。

(とお)くへとぶ(せん)の、(まえ)です。

調節(ちょうせつ)するように、(あし)をちょこちょこっと(うご)かして、とびました。

先生(せんせい)が、ほほえんでいます。

「よし、よし、それで、いいんだ。うまい、うまい、とべたじゃないか」


















 4.はしたかとびは、しっぱい

つぎは(うえ)(たか)くとぶ、(たか)とびです。

イククが(はし)って、()のえだへ(ちか)づきました。

(よこ)になったえだの(まえ)でとまり、とべません。

「イクク、ななめからゆっくり(はし)れ。それでえだを、またぐようにとぶんだ。がんばれ!」

(すわ)ってみている(おとこ)()が、おうえんしました。

れたとおりにイククが、ななめからえだへ(ちか)づきます。

もちあげた(あし)が、えだにあたりました。

それをみてニヤニヤわらう、()たちがいます。


















 5.あそぶのは、たのしい

おうえんしてくれる()、ニヤニヤわらう()両方(りょうほう)がまざっていました。

子供(こども)たちが、えだ()のつくるトンネルの(した)を、(はし)っています。

イククも(はし)って、みんなをおいかけます。

(いえ)のたつ集落(しゅうらく)(なか)を、とおる(みち)でした。

(よこ)にまがり、(ちい)さな(はやし)をつっきって、すなはまへでます。

(しろ)いすなをかけおり、イククがみんなにつづいて、(うみ)へとびこみました。

上級生(じょうきゅうせい)下級生(かきゅうせい)(おとこ)()(おんな)()、みんないっしょです。

あさせで上級生(じょうきゅうせい)が、(まえ)につないだ()を、(ひく)くさげました。

そこにイククが、かた(あし)をのせます。

上級生(じょうきゅうせい)がいきおいよくうでをあげ、イククがとびあがります。

≪きもちいい。わたしは、みんなみたいに(あたま)から、うしろに1回転(かいてん)できないで、おしりから()ちるけど、きもちいい――≫

イククが(うみ)()ち、(みず)しぶきがあがります。


















 6.きらいに、なりたくないから

集落(しゅうらく)(なか)をとおる、えだ()がトンネルをつくる(みち)です。

イククとシーナが、ならんで(はし)っています。

イククが、スラッとせの(たか)いシーナへ(かお)をむけました。

「ありがとう、つきあってくれて。わたし、スポーツ苦手(にがて)だけど、きらいになりたくない。みんなとも、あそびたいから、こうしてゆっくり(はし)るのは、つづけるんだ」

(はし)りながらせの(たか)いシーナが、(よこ)をむきました。

「いいよ、わたしは、(はし)るのすきだから、毎日(まいにち)、いっしょにやろう」

何回(なんかい)やったら(いき)をきらさないで、トンネルのはしからはしまで(はし)って、いってもどって、こられるようになるかな?」

「きっと、すぐだよ」


















 7.ビリじゃなくなった

「イクク、ごめん。わたし、(さき)にいくからね」

「いって、いって、シーナははやいから、1(ばん)になれる」

半年(はんとし)に1()の、マラソン大会(たいかい)でした。

ヤシの()のあいだをつづく(みち)を、(たん)パンすがたの(こども)たちが、(はし)ります。

おりかえし地点(ちてん)から、シーナがもどってきました。

イククと、すれちがいます。

「すごい、すごい、シーナ、3(ばん)だよ」

「なてるのイクク、イククだって()(なか)へんにいる。ビリじゃない!」

イククがあわてて、うしろをむきました。

イククのあとを、子供(こども)たちが(はし)っています。

「すごい! すこしだけだけど、毎日まいにちはしったからだ」

イククは、うれしくなりました。 








 8.まとめ <できそうなのを>







やぁ、どふぁらずら。

苦手(にがて)でもでいる。

ほんでもって、

できそうなのを、やってみる。

ひとつ、

まぁまぁできたら、

めちゃくちゃ、うれしいずら。




おっと!

運動(うんどう)苦手(にがて)も、(みず)()

(うみ)(かわ)(さかな)って 








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供