傲慢・自分は正しい:そんな人はスルー

 


*目にやさしい背景色を使用*











やだ、やだ、その上から目線。








< 本文は:物語風に2分 >


目次

1.タウパの前書き <自分がえらい、それともバカにしてる>

2.自分の考えが正しいと思って・信用しない

3.えらそうに自分の考えを押し付けるな・うまくかわしてスルー

4.まとめ <ほんのすこしの傲慢でも>








それでは、物語のように、どうぞ















― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―








1.タウパの前書き <自分がえらい、それともバカにしてる>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

ぼくも学校で、おなじようなことがあります。

その男の先生、

自分が正しいと思って、生徒の言うことを信じない。

先生だからえらいと思ってるのか、生徒をバカにしてるのか?

そんな先生につかまったら、

かわすしかない。

















 2.自分の考えが正しいと思って・信用しない

小学校へ通うのに、集落からでて、すぐのところでした。

タウパのうしろに、海がひろがっています。

海からあがったタウパが、短パンに両足をとおしました。

「やばっ、遊びすぎたかも。もう、だれも歩いてない」

リンも、茶色い短パンをはきました。

「いそがないと、遅刻する」

ヤシの木のあいだを走るタウパが、リンに顔をむけました。

「おばあちゃん、どうしたんだろう?」

茶色い服を着て、道端にしゃがんでいます。

2人が足をとめ、リンが心配そうな顔をします。

「おばあちゃん、だいじょうぶ?」

タウパとリンが両側から、おばあさんの肩にそっと、片手をおきました。




小学校の職員室は、葉でつくった屋根の下でした。

壁がありません。

地面にヤシの葉をあんだマットが敷かれ、木製の机がむきあってならんでいます。

あぐらをかいているのは、腰に茶色い布をまいた、おなかのでた男の先生です。

どうして遅刻した。遊んでただけなら、こんなにおそくならないだろう

リンとならんで立つタウパが、ほんのすこしまえにでました。

「学校にくる途中に、おなかを痛がってたおばあさんがいて、ぼくたち2人で肩をかして、おばあさんを家までつれていきました」

先生の口のまわりにはえた、黒いひげがうごきます。

「どうして肩をかした。おまえたちは走るのがはやい。だから、おばあさんの家へいって、家の人に知らせたら、それでおしまいだろう。そうすれば、もっとはやく学校にこられたはずだ」

タウパのほほを、汗がながれました。

「でも、おばあさんの家についたら、家の人は、だれもいなかったから」

「そんなことはない、おまえたちが、すぐに走っていれば、家の人がいたはずだ」

≪そんなの先生に、わかるわけないのに――

タウパが、心の中で言いました。

そもそも、おなかの痛いおばあさんが、ほんとうにいたのか?

タウパとリンは、目が点になりました。


















 3.えらそうに自分の考えを押し付けるな・うまくかわしてスルー

「ねぇ、遊びすぎちゃったかも?」

木からおりた子供たちが、林から道へでました。

「ほんとだ、だれも歩いてない。いそごう、遅刻する」

女の子が2人、男の子が3人、茶色い短パン姿で、はだしで地面をけります。

すらっとのびる幹のあいだが、朝の光にみちていました。


 

5人が、先生のまえに立ちます。

あぐらをかいた先生が、腕を組みました。

「おまえたちは、遅刻ばかりして――」

タウパが片手を、頭にあてました。

「ごめんなさい。寄り道して、遊びすぎちゃって……」

黒いひげにかこまれた、口がうごきます。

「子供は、太陽がのぼってくる空が、ほんのすこし明るくなってきたら、起きる。井戸でしっかり顔をあらったら、すっぱだかのまま浜に立って、太陽を待つ。その日の一番の光をあびれば、一日元気にすごせる。頭がさえて勉強がよくできる。からだが軽くて、家の手伝いがたくさんできる。先生が子供のころは毎日、そうだった。寄り道なんてしなかった」

子供たちが、一様に思います。

≪先生は、そうだったかもしれないけど……≫

「どうだ、おまえたちもやってみろ」

子供たちが、首をかしげました。

「いいか、勉強や家の手伝いをするから、夜はぐっすり眠れて朝、起きられる。そうすればもう、遅刻はしない」

≪寄り道は、余裕があるからできるんだってばぁ。寄り道しても遅刻しない方法を、おしえてくれればいいのに。そんなこともできないで、ばっかみたい

タウパが、心の中で言いました。

子供たちが、そろって何度もうなずきます。

「先生の言うとおりです」

女の子が言いました。

「わたしたちも、やってみようかな?」

「よし。俺たちも朝起きたら、太陽をあびよう」

先生が片手で、ひげをなでました。

「そうだ、そうだ、おまえら、わかればいい。もういけ、いっていいぞ」

 うまくかわして、スルー成功です。







 4.まとめ ほんのすこしの傲慢でも>







こんにちは、どふぁらずら。

ここまでひどいと、わかりやすい。

んだが、

すこしだとしても傲慢は、

スルーがいいずら。




おっと!

あんまりひどいと、こっちかもしれないずら。

・むきあえれば >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供