子供に強くあたったら自己嫌悪の前に必ず




目にやさしい背景色を使用* 











わが子をギュッと、だきしめる思いで!








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き<それって、やさしいからでしょう>

2.子どもへの愛情が深いほど強い自己嫌悪

3.ついあげてしまう怒鳴り声

4.お父さんがかわりに

5.自己嫌悪の前に、自分でしっかりつたえる

6.子どもの胸中に生じる安心感

7.まとめ








それでは、物語風におくります














― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―







1.タウパの前書き<それって、やさしいからでしょう>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

またやっちゃった、

って、自分のことがイヤになるのは、

そうしたくない、

って、強く思ってるからでしょ。

そんなお母さん、とってもやさしいってばぁ。


















 2.子どもへの愛情が深いほど強い自己嫌悪

ヤシの木にかこまれた敷地の、海のほうへよったところです。

隣家とのあいだの小さなヤシ林を背にするように、柱と屋根でできたかまどの小屋が建っています。

海側とヤシ林側の葉をふいた屋根が、地面のちかくまで傾斜し、その下につまれた燃料になるヤシの実の皮と、地面をすり鉢状にほったかまどを雨からまもります。

茶色いワンピースをダボッと着て、片手に棒をもったトーラが、葉をあんだマットにあぐらをかき、オレンジ色の炎をじっとみていました。

「どうして、どうしてなの。すぐに怒鳴っちゃう」

もういっぽうの手が拳をつくり、自分のひざを強くたたきます。

「あ~、イヤだ。も~イヤだ。こんな自分、殺したいぐらいよ」

炎にむかってはきすてました。

「やさしくなんてなくていい。ふつうに、ふつうに注意すればいいじゃない――」

かすかな声が聞こえてきて、顔をあげました。

「えっ、もしかして――」

立ちあがったトーラが、いそいで母屋へむかいます。


















 3.ついあげてしまう怒鳴り声

葉が枯れて灰色をした屋根の軒を、トーラが腰を深く折ってくぐり、中へ入りました。

双子のムンムとミンミが、床にしいた葉をあんだマットのやぶれたところに手を入れ、下に厚くしいた米粒のような石を、かきだして遊んでいます。

「こらっ、あんたたち、また、やって。お母さんをそんなに怒らせたいの!いい加減になさい――」

すっぱだかのムンムとミンミは、5才です。

ふたりのにぎった手をトーラがひらき、石粒をおとします。

「ふたりとも、そんなにひっぱたかれたいの――」

ムンムとミンミが、泣きだしました。


















 4.お父さんがかわりに

お父さんのカモイエが、腰に茶色い布をまいた姿で、入ってきました。

「どうしたんだ、そんなに怒鳴りちらして」

カモイエがムンムとミンミの前に、しゃがみます。

「だいじょうぶだから。お母さんはムンムとミンミが、だいすきなんだ」

カモイエの大きな手が、ムンムとミンミの頭をそっとなでます。

「ふたりともお母さんをみてごらん。やさしい顔をしてるから」

 トーラが、ひきつったような笑顔をつくりました。

















 5.自己嫌悪の前に、自分でしっかりつたえる

母屋からでたトーラが、かまどの小屋のほうへ歩きます。

母屋からかくれるようにして、屋根のかげに入り、ヤシの木を前にしました。

両手を幹にあて、額を幹にぶつけました。

「やだ、やだ、やだ、やだ。頭がこわれて、怒鳴らなくなればいいんだわ」

 トーラの額が幹へむかいます。

カモイエが後ろから、トーラのいっぽうの肩に手をおきました。

「おまえは、よくやってる。がんばってるから、つかれてるんだ」

カモイエが、おだやかな口調でいいます。

「だいすきだって、しっかりつたえるんだ。子どもたちへのおまえの思いを」

















 6.子どもの胸中に生じる安心感

別の日です。

いそいで母屋へむかったトーラが、ワンピースの裾をもちあげて、軒をくぐりました。

「もーあんたたち、今日という今日は、ゆるさないからね」

ムンムとミンミの前に立ったトーラが、棒をもった手をあげます。

「まったく、ふたりとも、いいかげんになさい。もってる石を、もとへもどして――」

ムンムとミンミが、ゆっくり両手をひらきました。

トーラが自分がかかげた棒へ、目をやります。

うしろをむいて棒を落とし、両手を強くにぎってくやしがりました。

拳をひらいて両肩から力をぬき、ムンムとミンミにむきます。

しっかりした口調でした。

「お母さんは、ムンムとミンミが、だいすきなの。うまれてきてくれて、ほんとうにうれしいわ」

トーラは自分でもおどろくほど自然に、笑顔になりました。

ムンムとミンミの口元が、かすかにもちあがります。








 7.まとめ







こんにちは、どふぁらずら。

子どもに強くあたる。

自己嫌悪する間があったら、

〇〇が、だいすき!

子どもをだきしめる思いで、気持ちをつたえるずら。




おっと!

このお母さんも、怒鳴ったずら。

・いそがしいママ >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供