憂さ晴らし:家族やまわりを思いやって

 


目にやさしい背景色を使用* 











やつあたりの前に、スカッとすっきり! 








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き <どなり声だけで、めいわく>

2.不満が生じる

3.蓄積する不満

4.家族やまわりを思って対処

5.わかっていても・ついやつあたり

6.とってもいい憂さ晴らし

7.まとめ








それでは、物語風におくります














― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―







1.タウパの前書き <どなり声だけで、めいわく>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

島の家には、壁がありません。

だから大声をだすと、

まわりの木々のあいだへ響きます。

女の人の声、男の人の声、

ものすごく怒ってると、こわいんだってばぁ。


















 2.不満が生じる

ヤシの木とパンダナスの木のあいだでした。

お母さんのイキキが、ヤシの葉をあんだマットにあぐらをかき、両腕を前後に動かしています。

つかんでいるのは、大人の背丈より長く、手のひらほどの幅の、細長い葉でした。

地面にさした棒にこすりつけ、丸みをのばします。

「屋根をふきかえるころになると、毎日のように材料をつくらなくちゃいけないから、ほんとたいへん」

そこは日中、木陰になりますが、夜は月光がさえぎられます。

影の外が、月のあかりにてらされていました。

「なによこの葉、かれ落ちてから、ずいぶん経ってるじゃない。こんなの使えないわ」

横に、16~7才の長女が集めてきた葉が、むきをそろえて積まれています。

「これもダメ、これもだわ、まったく、あの子ったら、これじゃあ作業が、はかどらないわ」

 屋根材は、たいらにした部分を、ヤシの葉の芯におり重ねて、つくります。

















 3.蓄積する不満

東の空が、うっすらあかるくなったころ、林へ入りました。

涼しいうちに作業をし、陽光が木々のあいだから差しこみます。

人のふみかためた道がつづき、イキキが数百枚の葉を頭にのせ、集落へむかっていました。

細長い葉を細長い葉でギュッ、としばり、片腕をあげておさえています。

「結局、私がやらなきゃいけないんだから。あの子ったら、まったくも~」

スラッとのびあがった幹の横を、落ちてきたヤシの葉が地面にあたり、騒々しい音がたちました。

「なんなのよ、ヤシの葉っぱまで。私に自分でやれっていうの」

イキキが頭を横にたおし、葉のたばを無造作に落としました。

「しかたないわねぇ」

ヤシの葉は芯の両側に、何枚もの細長い葉が、ならんでいます。

細長い葉の芯は竹ひごのようで、たいらにした葉をヤシの葉の芯に、とめるために使います。

 片手にたばねて持ち、葉を頭の上にのせて、歩きだしました。

















 4.家族やまわりを思って対処

イキキの着ている茶色いダボッとした服の、首のまわりが汗で色を深めていました。

竹ひごのような芯をにぎった手で、額をぬぐいます。

「このまま家にもどったら、長女にあたりちらしちゃうわ。長女だけじゃなく、だれかれかまわずに、なるかもしれない」

集落が近くなり前方で、人のふみかためた道が、ふた手にわかれています。

「あたりちらせば、わたしの憂さは、晴れるかもしれないけど、まわりが嫌な思いをするわ」

自分の家とは、違うほうへつづく道を、選びました。

「不満がたまってるのが、わかってるんだから、なんとかしなきゃ」


















 5.わかっていても・ついやつあたり

「おお、イキキじゃないか」

イキキが立ちどまり、横をむきました。

「あらっ、あなた。漁からもどったのね。おつかれさま」

夫が、イキキの頭の上と、芯をにぎった手に目をむけました。

「おまえこそ、がんばったじゃないか」

 イキキの目の色が、かわりました。

「がんばったじゃないわよ。まったく、あの子ったら、ちゃんと作業をしないで、どれだけ私が、たいへんだと思ってるのよ。あなたがあの子を、あまやかすからでしょう。漁へいったって、ろくに魚を獲らないくせに。娘のしつけぐらい、ちゃんとやってください」

夫が目を丸くしました。

横に立ついっしょに漁へいった男が、背負った布の袋をイキキにむけました。

「ろくに獲らないって、そりゃあないだろう」

袋が漁獲で大きくふくらんでいます。

イキキはそれに目をむけず、頭から葉のたばを落とし、手に持った芯をたばにたたきつけました。

「長女にとりにこさせてください。私は家にもどりませんから」

イキキが歩きだしました。


















 6.とってもいい憂さ晴らし

お昼近くになって、イキキが家にもどりました。

母屋の軒をくぐり、屋根のしたに入ります。

「あなた、さっきは、ごめんなさい。不満がたまってて、いいすぎたわ」

夫が樹液の入った殻のうつわを前におき、あぐらをかいていました。

「どうしたんだ、泥だらけじゃないか?」

「ライラと遊んでたの。はやいわねぇ、もう一才半よ。歩きだしたばかりで、私のことおいかけてくるの。必死によ。ひとしきりにげたらつかまって、おおげさにころぶの。地面を思いっきり、ころげまわって、それをまたライラが、走っておいかけてくるわ。くるったみたいに笑い声をあげながら。それでつかまるのよ。私にのりかかってくるから、立ちあがってだきあげるの。高くあげると、手足を思いっきり動かしながら、奇声をあげてよろこぶのよ。地面におろして、また、私がにげるの、も~、楽しくって、楽しくって、とまらないわ」

夫がほほえんでいます。

「いい憂さ晴しになったようだな」

「長女には、おだやかに話すわ」








 7.まとめ







こんにちは、どふぁらずら。

家族やまわりを思いやる。

いい憂さ晴らし、

できるといいずら。




おっと!

できなくて、夫婦げんかにでもなったら、

子どもが、かわいそうずら。

・子どもに与える影響 >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供