言ってはいけない事:どんなに頭にきても




*目にやさしい背景色を使用*











バカ、ってうほうが、まだましかも?








本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生


もくじ

1.タウパの前書き

2.体に、みんなとちがうところがある

3.相手をきずつけるためだったら、もっともっと最低

4.言われた人の気持ちを思うと

5.とりかえしがつかない

.自分がひどすぎて、だれにも言えない

7.自分では、どうにもできない

8.体の、ほんの少しのちがい

9.まとめ <禁句>








それでは、物語風ものがたりふうにおくります














― そこは、カニがたくさんいるのしげるしま ―








1.タウパの前書まえが


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

()(まえ)にわかれば、とめられるんだけどなぁ。

(くち)からでた言葉(ことば)は、()せないし、もどせない。

だから、

ぜったいに()ったら、ダメなんだってばぁ。


















 2.からだに、みんなとちがうところがある

小学校(しょうがっこう)から(みち)にでると、子供(こども)たちがふた()にわかれます。

(みち)をどちらに(ある)いても、ヤシ(ばやし)をしばらくいくと集落(しゅうらく)にでます。

(からだ)(おお)きなガギを、()がらなルイトが(はし)っておいかけました。

()ってよ。なんであんなこと()うんだ。ガギといっしょに、いたずらするのすきだけど、あんなこと()うガギは、最低(さいてい)だ。ケンカしたからって、いくらなんでも、()わない」

「なんのことだよ」

「ケイクの(からだ)が、みんなとちがうことだよ」

ガギが、(かお)(よこ)にむけました。

「ルイトが()ったんだろう。ちがうのは(すこ)しだから、ケイクは()にしてないみたいだ、って」

「だけどそのあとぼくは、ケイクはなんとも(おも)ってないふり、してるのかもしれない、って()ったし。ガギだって、自分(じぶん)()われたら、いやだって――」

(あたま)にきたんだ、しょうがねぇだろう」

「だからって、ガギがそんなこと()うヤツだって(おも)ってなかった。そんなヤツだったのか。みそこなったよ。ぼく、ケイクのとことへもどるから」

ふりかえったルイトが、(はし)りだしました。


















 3.相手あいてをきずつけるためだったら、もっともっと最低さいてい

「くっそ――」

ガギが(みち)をおれ、ヤシの()のあいだの(くさ)むらを(はし)ります。

≪そうだ。そうだった。ルイトの()うとおりだ。自分(じぶん)()われたらいやだって、オレは――≫

(こころ)のなかで()ったガギが、はまへ()びだしました。

()ちどまったかと(おも)うと、そこに(りょう)ひざをつきます。

≪どうしてオレは、そんなこと――。(あたま)にきてケイクをきずつけようとしたなら、ほんとにオレは最低(さいてい)だ。最低(さいてい)のなかの最低(さいてい)だ≫

(まえ)両手(りょうて)をつき、いっぽうの()がすなをたたきます。


















 4.われたひと気持きもちをおもうと

ルイトがガギの(いえ)のたつ、しき()(はい)りました。

()でつくった屋根(やね)(まえ)にして、両手(りょうて)をひざにつきました。

「おばさん。ガギは?」

ルイトが()(おお)きくしました。

「えっ、もしかして今日(きょう)も!」

(いえ)のなかから、お(かあ)さんが(こた)えます。

「お(とお)さんが()ってもきかないわ。ルイトからも、おりるように()ってくれる」

ルイトが、(からだ)をおこしました。

≪もう3日目じゃないか……≫

しき()をヤシの()がかこい、その1(ぽん)です。

ルイトが(のぼ)っていき、()のしんに()をかけました。

「ガキ、今日(きょう)学校(がっこう)へいこうよ」

ガギが()根元(ねもと)に、ひざをかかえて(すわ)っています。

「いつまで、そうしてるんだ――」

(した)をむいたまま、(こた)えません。

「もう、しょうがないなぁ。じゃあ、ぼく、いくからね」


















 5.とりかえしがつかない

ヤシの()(たか)く、(そら)にいるようです。

(よる)になるとたくさんの(ほし)が、すぐそこにありました。

ガギが(はな)しかけました。

「ケイクにあやまったら、またケイクが、いやな(おも)いをするよな?」

星が、まばたきするように、光ります。

「オレのこと、小学校(しょうがっこう)()るだけで、いやな気持(きも)ちになるよな?」

(ほし)(なが)ひかりをつよめてました。

「なにもできないじゃないか。オレは、なんてことを……」


















 6.自分じぶんがひどすぎて、だれにもえない

つぎの()小学校(しょうがっこう)はおやすみです。

ガギの(いえ)(まえ)に、ルイトが()ちました。

「おばさん、ガギ、()(うえ)にいないみたいだけど」

「おなかがすいたみたいね。だけど()べたらすぐ、()ていったわ。あの()、なにがあったのかしら?」

「どっちへいったんですか?」

「あまり(ひと)のこない(うみ)のほうじゃないかしら」


















 7.自分じぶんでは、どうにもできない

ルイトがはまに()ちました。

みちしおと、()きしおがあります。

(うみ)がうごき、ずっとおきへ()いています。

(しろ)いすなの(かい)ていがひろがり、ルイトが()をほそめました。

≪あれだ。あれがガギだ。あんなところに――≫

ずっと(とお)くに、あおむけになっているすがたをみつけました。

≪ガギ、つらいんだろうな……≫

ガギに()をむけたルイトが、ヤシの()のあいだへ(はい)りました。


















 8.からだの、ほんのすこしのちがい

(しろ)いすなの(かい)ていをふんで、おきへむかって(ある)きました。

そのいっぽうの(あし)のつま(さき)が、(うち)がわへむいています。

(かた)がゆれ、(ある)きかたが(すこ)しへんでした。

ガギがあおむけになって、()をつぶっています。

「ほんとだ。(かお)とか、(からだ)とか、やせちゃったみたいだ」

()をあけたガギが、上半身(じょうはんしん)をおこします。

「どうしてここに――」

「ルイトに(おし)えてもらった」

ガギがケイクにむいて、あぐらをかきました。

(かんが)えても(かんが)えても、どうしていいかわからなくて。ほんとうに、ごめん。オレがわるかった」

ケイクの()が、ほほえんでいます。

「ガギのほうが、つらかったんじゃない?」








9.まとめ <禁句きんく







やぁ、どふぁらずら。

(からだ)に、みんなとちがうところがある。

ケンカしても、どんなに(あたま)にきても、

ぜったいに()っちゃいけない、

禁句(きんく)ずら。



 

おっと!

(からだ)に、みんなとちがうところがあったって、おなじずら。








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供