目標の力:目標を持つ、それを見失ったら




*目にやさしい背景色を使用*











まいったときに、思いだせるといいな、目標。








< 本文は:物語風に4分 >


目次

1.タウパの前書き

2.大人にまざり、はじめての作業

3.身も心もはずみます

4.つかれがでてきた

5.つかれ果てて

6.どこかへいってしまった目標

7.日常にもどり思いだす

8.目標を忘れなければ

9.目標にささえられ

10.まとめ








それでは、物語のように、どうぞ















― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―








1.タウパの前書き


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

ぼくたち子どもは、目標なんてなくたって、がんばる。

でもないと、

簡単に、いやになったり、あきちゃったり、するのかもしれない。

目標に力があるなんて、まだよくわからないってばぁ。


















2.大人にまざり、はじめての作業

ヤシ林を背にして、グランドをかこむように、小学校の教室があります。

その建てかえをしている、10人ほどの男たちのリーダーでした。

「俺たちは日がのぼるまえから作業をしてる。ここから、ここまでだ」

太陽を指さし、動いたあとの位置をしめしました。

「ゆっくりやすんで、そのあとまた、たのむ」

リーダーのやさしそうな目が、ハベモにむきました。

「休憩にはいるが、おまえはそのあいだに林へいって、材料を切りだしてくれ」

ハベモは、細身の16才の青年です。

はじめて、ベテランの大人たちといっしょに作業をします。

背中をピン、とのばしました。

「わかりました。まかせてください」


















3.身も心もはずみます

一軒建てると、一軒解体します。

≪よし、二軒目にはいった。作業の段取りがつかめてきたぞ≫

ハベモが心の中でいいました。

解体した場所の、片づけを終えます。

ハベモの声が、はずむようです。

「日中、みんなが休憩してるあいだ、ぼくが林にはいって、材料を集めます」

 男たちがハベモに、笑みをおくりました。


















4.つかれがでてきた

林のなかの木陰です。

「ふ~~~」

大きく息をはきだしたハベモが、片手にオノを持ったまま、りょう手を膝につきました。

≪からだが重いな……≫

ハベモは毎日、日の出まえから日が暮れるころまで、がんばりました。

手首ほどの太さをした枝の一方を地面につけ、枝をまわしながら枝にオノをすべらせます。

「できるだけうすく、できるだけうすく……」

口ごもった言い方でした。

「皮をのこさない。皮をのこさない……」

 ブツブツ言っています。


















5.つかれ果てて

翌朝ハベモは起きられずに、おくれて作業に参加しました。

木陰にたって枝の皮をむきながらまた、ブツブツ言っています。

翌日、自宅の母屋でお昼ちかくになって、目を覚ましました。

葉をあんだマットが床一面にしかれ、厚手の葉であんだ寝具にねていました。

上半身をおこします。

「ぼくまた、起きられなかったんだ」

姉がまえにたち、りょう手を腰にあてました。

「からだがこわれるわ。もう作業にいくのやめなさい」


















6.どこかへいってしまった目標

食事をとったハベモが、海辺に腰をおろして、ヤシの木によりかかりました。

作業、このままやめちゃっていいのかな……

「ハベモ」

声をかけてきた姉が、横にたちました。

「お父さんが、かまどの小屋を修理するんだって。明日でいいから材料、用意してほしいって」

「明日って、小学校の作業が!」

「もう、やめなさい。だからお父さんが、たのんだんでしょう」


















7.日常にもどり思いだす

木陰にたったハベモが、枝にオノをすべらせています。

また、こうして材料を集めたり、漁へいったり、家の仕事をするのかぁ……≫

草の先がゆれ、ハベモのすねに、風があたります。

≪あの子たち、どうしてるかなぁ≫

建て替えをする男たちといっしょに、現場を確認にいきました。

ハベモが、3年生の教室をまえにします。

地面にしいた葉をあんだマットに、子どもたちがあぐらをかいて、歌っていました。

≪ちがう、子どもたちの顔がちがう――。集落であそんでる明るい表情に、真剣さがまざってる。目がかがやいてる――≫

こどもたちの視線にあわせるようにハベモがしゃがみ、子どもたちが背筋をのばします。

はじけるような歌声を、全身でうけました。

ハベモが片手を、つよくにぎります。

ぼくは、この子たちの教室をつくるんだ。最高の教室にする


















8.目標を忘れなければ

いつ、忘れたんだろう。あの気持ち?≫

草の先がゆれて風が、ハベモのすねにあたります。

新学期にあたらしい教室で、勉強する子どもたちをみにいくの、楽しみにしてたのに

かついで帰った材料を、かまどの小屋の横におろしました。

「ぼく、明日また、小学校の作業へいくよ」

あぐらをかいた姉が棒を手に、火の面倒をみています。

「どうして――

「だいじょうぶだよ。つぎからは子どもたちの顔を、忘れないようにするから」


















9.目標にささえられ

日の出まえから男たち全員ではじめた、林での作業を終えました。

ほんの少しのあいだだけ、日差しをやわらかくかんじます。

小学校へはいり、男たちが材料をおろし、木陰に腰をおろしました。

ハベモが、たっています。

「もう作業を、休みたくありません。日中の林での作業、へらしてもいいですか?」

ハベモへむいた男たちの顔が、ほほえんでいます。

「ここにいるみんなも、おまえとおなじころは、そうだった。よくやった。ひと皮、むけたな」








10.まとめ







こんにちは、どふぁらずら。

目標っていい。

ささえてくれるずら。

ほんでもって、

目標をめざす者を、かがやかせてくれるずら。




おっと!

こっちも目標ずら。

・目標へ、できるだけはやく >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供