家族のきずな:助けあう・いっしょに笑う




*目にやさしい背景色を使用*











きずなでむすばれてる、とかって()くけど……。

きずなってなに?







 

本文は:物語風に6分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き <みんなでわける>

2.みんなが集まって・よく太った魚

3.みんなで、ひとつの作業・干物づくり

4.子どもからお年よりまで

5.頭と内ぞうをとる

6.魚からウロコや血を、あらいながす

7.声をかけあい・ひとつしかないナイフ

8.ていねいにしおをぬって

9.とびかう女たちの話し声

10.幸せのえみ

11.まとめ <ほのおがうつしだす、きずな>







 

🐾それでは、物語風(ものがたりふう)におくります















― そこは、さんご(しょう)にかこまれたのしげるしま

 






1.タウパの前書(まえが)き <みんなでわける>


こんにちは、(しま)()む10(さい)のタウパです。

ひと(つき)に1(かい)(さかな)がめちゃくちゃたくさんとれる。

ぼくのおじさんや、おばさんが、(ちか)くに()んでる。

みんなでやって、みんなでわける。

だけど、たいへん。

その()は、(さかな)をとったのが夕方(ゆうがた)で、

作業(さぎょう)が、(よる)になったんだってばぁ。


















 2.みんながあつまって・よくふとったさかな

 ヤシのを、あんでつくったマットです。

地面(じめん)にしき、そこに(さかな)(やま)になっています。

タウパが、まえに()ちました。

「うわぁ~、こんなにたくさん。うれしいけど、やんなっちゃうってばぁ」

スラッとした(さかな)で、よく(ふと)っていました。

大人(おとな)のおおきな()のひらより、(なが)いぐらいです。

タウパが(さかな)にむいたまま、(よこ)へうごきました。

「オレンジ(いろ)の、ほのおの(いろ)がうつって、(さかな)がちがう(いろ)にみえる」

もも(いろ)金色(きんいろ)が、まざったような(いろ)でした。

みんなで、干物(ひもの)をつくります。

ほのおにむいてあぐらをかき、それぞれが作業さぎょうをします。


















3.みんなで、ひとつの作業(さぎょう)干物(ひもの)づくり

ヤシの()のマットを、しいています。

(にん)(おんな)のまえに(さかな)が、ながれでるようです。

「はいはい、まだまだ(さかな)は、たくさんあるからねぇ」

(おんな)()っているのは、()をせん(めん)きのように、あんだうつわでした。

「それじゃあこっちは、ウロコをとった(さかな)を、いただくわね」

(にん)(おんな)が、()まい(がい)のいっ(ぽう)を、()()っています。

(さかな)をおさえて、(かい)(さかな)をこすりました。

「ボアタ、じょうずにウロコを、とばすじゃないか」

「おばあちゃんより、わたしの(ほう)が、はやくできるから」

ボアタは16さいの、タウパのいとこです。


















4.()どもからお(とし)よりまで

タウパのおばあちゃんが、ウロコのとれた(さかな)をつかみます。

「ほら、こうやってつまんで、おしりのあなをとるの」

指先(ゆびさき)で、()るようにひっぱりました。

その(さかな)をおき、ちがう(さかな)()にします。

「ここは、3(にん)でやってるから、はやいわねぇ。どんどん、つまんでとってね。(あつ)めてつぎへ()っていくから」

そういったのとは、べつの(おんな)でした。

()をあんだうつわを、りょう()()ってきました。

「あけるわよ、このさかな、ウロコがとれてるから」








 









5.(あたま)(ない)ぞうをとる

「ほらこうやって、(あたま)をちぎってひっぱれば、(ない)ぞうがいっしょに、でてくるわ」

タウパのお(かあ)さんが、(ない)ぞうをひっぱりだしました。

その(よこ)で、タウパのおじいちゃんの(いもうと)が、作業(さぎょう)をしています。

20(さい)ぐらいの(おんな)が、(りょう)ひざをついています。

いらない(あたま)(ない)ぞうを(あつ)めて、せん(めん)きのようなうつわにいれました。

そして、(あたま)(ない)ぞうをとった(さかな)を、ヤシの()でつくったカゴにいれます。

べつのおばさんふたりが、(ちか)よりました。

「どお、カゴにどのぐらいはいった?」

「あらっ、もういいんじゃない

















 

6.(さかな)からウロコや()を、あらいながす

「じゃあ、()ちあげるわよ」

「せーの」

ふたりのおばさんが、(さかな)のはいったカゴをはこびます。

タウパのお(とう)さんの兄弟(きょうだい)の、おくさんたちでした。

「それじゃあカゴを、ひっくりかえすわよ。それっ」

()をあんだマットに、(さかな)がひろがりました。

「タウパ、お(みず)、はやく井戸(いど)からくんできて」

タウパと、そのすこし年上(としうえ)(おとこ)()ふたりと、(おんな)()です。

(みず)をはこぶのは、わたしたち4(にん)にまかせて」

「そうそう、(すこ)しずつよ、(みず)をこぼすのは。ウロコや()をおとして、(さかな)をきれいにするから」

(にん)()が、()ったり()たりしました。

















 

7.(こえ)をかけあい・ひとつしかないナイフ

ウロコや()がながれ、(さかな)がきれいになりました。

あらった(さかな)を、おくさんたちが、はこびます。

「いい。カゴを、ひっくりかえすわよ、せぇの――」

(さかな)がすべるように、でてきました。

「じゃあ、おじいちゃん、おねがいね」

タウパの、ひいおじいちゃんが、ナイフを()っています。

「まかせるじゃ。ナイフは一本(いっぽん)しかない。なぁに、(さかな)をさんまいにひらくぐらい、わしひとりで、すぐじゃ、すぐ」

















 

8.ていねいにしおをぬって

ひらいた(さかな)を、タウパのお(とう)さんの(おとうと)が、とりました。

「ほらよっと」

となりにすわるのはタウパの、ひいひいおばあちゃんです。

「きれいな(いろ)をした(さかな)()ねぇ。ていねいにぬりましょうねぇ」

ふたりが、しおをぬります。

16(さい)ぐらいの(おとこ)()が、ひざをついています。

しおをぬった(さかな)を、茶色(ちゃいろ)いぬののふくろに、いれました。


















 9.とびかう(おんな)たちの(はな)ごえ

「うちのむすめ、6(さい)なんだけどね、このまえ、わたしのぐあいが(わる)くなった(とき)に、お(かあ)さん、だいじょうぶって、(よこ)になってたわたしのかたに、そっと()をおいてくれたのよ」

「うちの()は、12(さい)になったけど、ぼくが(さかな)をやこうかなんて、なまいきいうのよ。うれしいじゃない」

「タウパ。タウパはどうなの、(いえ)()つだい、ちゃんとしてるの?」

「してるってばぁ、も~、こんなにやってるじゃないか――」

「あっ、ずるい、ずるい」

そういって(おんな)たちが、タウパのお(かあ)さんに(ちか)よります。

「わたしたちにも、(さかな)のたまご、たべさせて」

(くち)(なか)でプチプチつぶれるわ」

「あまくておいしいじゃない」

















 

10.(しあわ)せのえみ

地面(じめん)に、ヤシの()をあんだマットをしいた(いえ)のゆかです。

10(にん)ほどの()どもたちが、(はし)りまわってはしゃいでいます。

ゆかのはしに、ほのおの(ほう)をむいて、あぐらをかいていました。

タウパのお(とう)さん、そのお(にい)さん、タウパのおじいちゃんです。

(にん)が、うみから(さかな)をとってきました。

(にん)のまえには、()のコップがおかれています。

おいしいヤシのジュースが、はいっていました。

()どもたちのはしゃぐ(こえ)が、ひびきます。

それにまざり、(おんな)たちの(はな)(ごえ)が、とびかいました。

大人(おとな)たちが、えみをうかべています。







 

11.まとめ <ほのおがうつしだす、きずな>







やぁ、どふぁらずら。

(たす)けあい、いっしょにわらう。

家族(かぞく)のきずなを、

ほのおが、うつしだしてるずら。

家族(かぞく)みんなでつくった、干物(ひもの)、うまいずら。

そのまま()うずら。

(はん)ぼしは、やわらかくて、さい(こう)

しっかりほせば、なんか(げつ)たっても()える。

んだが、

なぜか、すぐになくなるずら。




おっと!

きゅうきょくの家族(かぞく)のきずなずら。

・かわらぬ(おも)い >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓