腹がすわってない:襲う戸惑いや不安




*目にやさしい背景色を使用*











覚悟を決めていても、ゆらぐことだって……。








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き <気持ちが決まってない>

2.時がとまったような別世界

3.頭がへんになる

4.身にしみている現実・意気ごんで現金をかせぐ

5.ぜったいにやりたい・自分で自分の足をひっぱる

6.腹がすわってない・生じる戸惑いや不安

7.目のまえの現実・暮らしがお金に支配されていない

8.まとめ <腹がすわれば、動じない>








それでは、物語風におくります















- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -








1.タウパの前書き <気持ちが決まってない>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

気持ちが、決まってると思ってたのに。

どふぁら兄ちゃんが、迷うなんて!

ずっと島に、

いてくれなかったら、いやだってばぁ。


















2.時がとまったような別世界

ヤシの木が、縦横おなじ間隔をあけて、立ちならんでいます。

ヤシ林とちがい木々のあいだには、雑木や草がはえていません。

おなじような高さに成長した幹のさきで、葉が放射状にひらき、陽光をさえぎるシェードが、頭上をおおっているようです。

≪おいらひとりで、枯れ落ちた実を、ひろってあるくのはいいずら≫

胸のうちでいったどふぁらが、手にした実をなげました。

≪問題なのは、このだだっ広い畑、まるで時間が、とまってるずら。集落でさえ、別世界に感じることがあるのに、これじゃぁ、別世界のなかの別世界ずら≫

















3.頭がへんになる

また実をほうり、実が地面にあたって、ころがる音がたちました。

≪おいらがだす音じゃ、ダメずら。なんか音が、ほしいずら≫

風がふき、葉がこすれる音がたちます。

≪そうずら。んだが、音がこの場所にあいすぎてて、別世界感が深まるばかりずら≫

地面に黒くうつるヤシの葉の影が、ゆれています。

≪影の足なみが、そろって美しい、品がいいずら。頭がへんになりそうずら≫

 静かな空間を、飛んでいった茶色い実が、音をたてました。

















4.身にしみている現実・意気ごんで現金をかせぐ

どふぁらがあるいてえがく円を、小さくしながら実を、一か所に集めていきます。

≪島にくるまえは、お金に支配されたような場所に、いたずら。そこで苦闘してたおいらがいるからには、家族が今まで得ていたより、多くの現金を得てやる、と意気ごんでるずら≫

枯れ落ちた実の果肉は厚く、日に干したものを、コプラとして国が買いあげます。

≪次にくる船で、ぜったいに今までで一番多くの現金を、得てやるずら≫

大人が丸まってはいれるような茶色い布のふくろが、いっぱいになりました。

口をりょう手で持ち、上体をまえにたおして、背中にかつぎます。

≪よっこらしょっと≫

















5.ぜったいにやりたい・自分で自分の足をひっぱる

畑のヤシの木より、ずっと高く成長した幹のさきでひらく葉が、草のあいだをとおる道に、影をおとしています。

≪ぜったいにやってやる。家族のために少しでも多くの現金を、と思ってなにがわるい――。それなのに、それなのに……≫

ふくろの口を持つ、りょう手に力がはいります。

≪お金のことも、少しは考えてくれ。うちの女たちときたら、おかまいなしに、実をつかっちまうずら≫

果肉は、そのまま食べてもいいですが、ひと手間かけて粉末にすると、食べやすくなります。

≪ふわっとした果肉のまろやかさと、魚やイモにつける塩が相俟って、これがまたうまいずら。粉末をしぼれば、ココナッツミルク。それと塩で煮た魚。くっそー、思いだすだけで腹がへるずら≫

果肉からつくる油を、肌や髪にぬります。

≪おいらもつかう。あまい香りがするずら。なにかの催しに出席するのに、欠かせない身だしなみずら≫

















6.腹がすわってない・生じる戸惑いや不安

≪おいらはアホウずら。現金のために集めてるのに、食ってぬって消費する……≫

集落にはいり、パンの木の枝葉が頭上をおおう道を、あるきます。

≪うちの女たちさえ、いや、島の女たちが、実をつかわなければ――。おっと! 人のせいはまずい≫

枝葉のあいだから差しこんだ日が、黒い地面に白っぽくゆれています。

≪暮らしが、お金に支配されてないずら。ここにいると、頭がおかしくなるずら……≫

地面をふむ、素足に目をむけました。

≪このままここにいていいものか……。戸惑うずら。不安ずら≫

















7.目のまえの現実・暮らしがお金に支配されていない

まえから、茶色い布を腰にまいた男が、あるいてきます。

どふぁらとおなじような歳と背丈ですが、がっしりとした体をしたナコです。

「なんだ、どふぁら、今日も集めてるのか。おなじこと毎日してたら、いやになっちまうぞ」

ナコが丸っこい鼻のしたを、人さし指でこすりました。

「明日は、歌の練習があるから、おどりにこい」

立ちどまったどふぁらが、上をむきます。

「うううううっ」

しゃべれないどふぁらが、大きなうなり声をあげました。

ナコが、首をかしげます。

「おいらは情けない。腹がすわってれば、戸惑いや不安におそわれないって、なんだそりゃ?」

「ううっ、うううう」

ナコが、ニヤけます。

「戸惑いや不安を、ふりはらってやる。思いっきりおどって、アホウになってやるって。おまえ、やけくそみたいだな」







8.まとめ <腹がすわれば、動じない>







こんにちは、どふぁらずら。

おどって、ふりはらったずら。

おいらの目標、

島の人のような強く優しい心、

目指して、一直線ずら。

腹がすわれば、動じないずら。



おっと!

ばかばかしくなることもあるずら。








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓