やらないのに後悔しない:稀なケース




*目にやさしい背景色を使用*











後悔しないって、いいなぁ・・・








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き

2.遠い過去へさかのぼって

3.何から何まできれいにみえた

4.胸がしめつけられるようで

5.思いが消えることはなかった

6.親のきめた相手と結婚

7.花嫁の顔をみて、外へ飛びだした

8.結婚はいい、とってもいい

9.まとめ








それでは、物語風におくります















- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -








1.タウパの前書き


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

ゴージさんは、となりの集落からきた、60才をすぎた、

お腹のでたおじさんです。

胸に、たくさんはえた黒い毛の、いっ本いっ本が、

まるまってるんだってばぁ。

どふぁら兄ちゃんに話しがあるって。

だから、

ぼくもいっしょに聞くことになった。


















2.遠い過去へさかのぼって

地面に、たつようにうまった木が、ならんでいます。

豚小屋のさくを背にして、ゴージがあぐらをかきました。

「ここがいい、ほら、ふたりとも、すわれ」

ゴージとむきあって、どふぁらとタウパがあぐらをかきました。

ゴージが、肩のたかさにあげた片手の指が、前にだらん、としています。

「ずっと、ずっと、前の話だ」

あげた片手の手のひらをめくって、何かを追いはらうように2度ふり、遠い遠い過去へさかのぼるぞ、というようです。

「わしが、まだ15才ぐらいのころじゃった」

















 

3.何から何まできれいにみえた

ゴージが片手を、頭のうしろにあてました。

「いやぁ、その日わしは材料をさがして、となりの集落のちかくまでいっとった。その女の子は、屋根にふく葉をあつめに、もうひとりの女の子ときとったじゃ」

ゴージがはずかしそうに下をむき、後頭部にあてた手で頭をこすりました。

「真っ赤なハイビスカスを、いっ方の耳にさしとってなぁ。どういうわけかわしには、その子の黒目が、つやつや光ってみえた。ほほをながれる汗はもちろん、ほんのりふくらんだ胸のあいだを、ながれる汗まできれいじゃった」

















 

4.胸がしめつけられるようで

ゴージが堪えるように微笑んでいます。

「いやぁ、あんな思いになったのは、後にも先にも、そのときだけじゃった。その子のことが忘れられんで、ここんところが、しめつけられるようじゃった」

ゴージの片手が、毛深い胸をこすりました。

「くるしくってな。わしはわざわざ、その集落のちかくまで、材料をさがしにいった。何度もじゃ。じゃがな、そううまくは会えん。会えたときには、飛びあがる思いじゃった。気持ちをおさえて、木々のあいだから、その子が葉をあつめてる姿をちらちらみながら、材料を切りだしたじゃ。いかないでくれ、ずっとそこにいてくれ、そんなふうに願いながらじゃ」

















 

5.思いが消えることはなかった

そのころは、あの子が好きだとか、恋心を持つ者は、ほとんどおらんかったじゃ。恋心を持ったとしても、だれも相手につたえようなんてことは、思わん。わしは遠目にみてるだけで、うれしかったじゃ。じゃが、そのとき1回会えただけで、何度いっても、会えんかったじゃ」

ゴージの話す声が、小さくなりました。

「足が遠のいたじゃ。それでも今日ならもしかすると、と思っていくことが、しばしばあった。やがてそれもなくなったが、わしの思いのなかから、赤いハイビスカスを耳にさしたその子が、消えることはなかったじゃ」

ゴージの視線が、地面におちました。

「何年かして、親から結婚するようにいわれ、わしは観念した。その子を忘れることにしたじゃ」

















 

6.親のきめた相手と結婚

ゴージが気持ちを入れかえるように、背筋をのばしました。

「婿側をだいひょうして家長や、集落の長など5人が嫁をもらいにいき、嫁側のだいひょうがわしを見定めにきて、それぞれ催しがおこなわれる。ようやく当人どうしが、会える日になったじゃ。催しは昼からじゃった。わしは葉でつくったばかりの衣装を腰にまいて正装をし、会場にあぐらをかいとった。どんな嫁なんじゃろうと、ワクワクしたじゃ」

ゴージが腕をくみました。

「人につれられて嫁が、うしろにたったのがわかったじゃ。緊張して汗が、こめかみからダラダラながれた。それでもって嫁が、わしの横にすわった。わしは、そっちをむけんかったじゃ」

















 

7.花嫁の顔をみて、外へ飛びだした

ゴージが自分の腹を、たたきました。

「司会の男じゃった。はずかしがって相手をみないわしらに、おたがいを確認するように勧めたじゃ」

ゴージが今度は、ひざを勢いよくたたき、切れのいい音がたちます。

「わしは、うしろへすっ飛んで、しりもちをついた。目は嫁の顔に、むいたままじゃった。とまった息をはじめたと同時にたちあがって、外へ飛びだした。井戸の脇へ走ったじゃ」

ゴージが息を、小さくはきだします。

「そこに咲いてた花を嫁にわたし、耳にさすようにたのんだ。その顔をみてわしは、涙がとまらんかったじゃ。まちがいない。赤いハイビスカスの子じゃった」

















 

8.結婚はいい、とってもいい

ゴージが微笑みました。

「わしは幸せ者じゃ。嫁を大切にしたじゃ。結婚はいい。結婚はものすごくいいぞ」

ゴージが顔をグイッと、どふぁらの前にだしました。

「どうじゃ、どふぁら。結婚がしたくなったじゃろう」

どふぁらが首をかしげます。

「いいや、おまえは、結婚がしたくなったはずだ。今日わしがおまえを、たずねてきたのはほかでもない。おまえの嫁にしたい子がおるじゃ」

どふぁらが目を丸くし、その顔をみてタウパが、笑みをうかべました。







 

9.まとめ







こんにちは、どふぁらずら。

ゴージは、自分の思いをつたえなかった。

それなのに、

後悔しないどころか、幸せになった。

ものすごく稀なケースずら。




おっと!

こっちも未来を、ひらいてくれるずら。

・背中をおす >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓