ブタに真珠:その人たちが師匠




*目にやさしい背景色を使用*











その価値(かち)をしらないから、師匠(ししょう)なんじゃない。








本文は:物語風に5分

<ふりがな> 小学3年生~


もくじ

1.タウパの前書き<食べるなかで、シャコ貝のつぎに大きい>

2.黒ひげは真珠貝

3.大人の手とおなじぐらいの大きさ

4.めちゃくちゃおいしい

5.これこそブタに真珠

6.島の人は、価値をしらない

7.しぜんにできた宝石・買ったら高い

8.価値をしらない人たちが、師匠

9.青い空にかがやく

10.まとめ <真珠のように美しい>








それでは、物語風(ものがたりふう)におくります















― そこは、さんご(しょう)にかこまれたのしげる(しま) ―








1.タウパの前書(まえが)き べるなかで、シャコがいのつぎにおおきい>


こんにちは、(しま)(すむ)む10(さい)のタウパです。

シャコ(がい)は、大人(おとな)でもはこべないぐらい(おお)きい。

それをのぞくと、

(しま)()べる()まい(がい)のなかで、いちばん(おお)きいのは!

(くろ)ひげ。

(くろ)(いろ)をして、まわりにひげみたいなのが、でっぱってる。

おいしいよ。


















)

 2.くろひげは真珠しんじゅがい

(いえ)のゆかは、大人おとなのこしぐらいの(たか)さでした。

そこに、(うみ)のほうをむいて、よこになっています。

「どふぁら(にい)ちゃん。おきてる?」

すっぱだかのタウパが、(あゆ)みよります。

(くろ)ひげ、()べたいって、たのんでたんでしょう」

どふぁらが、おきあがりました。

こしに茶色(ちゃいろ)いぬのをまいています。

「うううっ」

しゃべれないどふぁらが、うなります。

それがタウパには、なんていったかわかりました。

「うん、とれたって。ワーイ! はやくべたい。そういえば、(くろ)ひげのことを、どふぁら(にい)ちゃんは、真珠(しんじゅ)(がい)っていってたよね」

どふぁらがはだしで、地面(じめん)にたちました。

















 

3.大人(おとな)とおなじぐらいの(おお)きさ

ヤシ(ばやし)のまえに(いえ)がたっています。

大人(おとな)のひざぐらいの、(たか)さのゆかでした。

40(さい)ぐらいの(おとこ)のスイガが、あぐらをかいています。

「おお、どふぁらにタウパ。とれたぞ、とれた。ほら」

スイガが、(くろ)ひげを()にしています。

(いま)、とってきたばかりだ」

どふぁらとタウパが、スイガのよこにすわりました。

(くろ)ひげは、大人(おとな)()ひら、おなじぐらいの(おお)きさです。

「ちょっとまってろ。(いま)()わせてやるから」

スイガがナイフを()ちました。

















 

4.めちゃくちゃおいしい

(しろ)っぽい()が、ぎん(いろ)のお(さら)にのっているようです。

()のしたへ、スイガがナイフをいれました。

「よし、これでひと(くち)でいける」

どふぁらが、()けとりました。

(かい)(くち)をちかづけ、ズルッとすいあげます。

(くち)のなかに、しおがひいたときのさんごしょうのかおりが、ひろがりました。

「うっうう」

「めちゃくちゃうまいって! あっ、ぼくのぶんも、ヤッター。スイガおじさん、ありがとう」



















 5.これこそブタ真珠しんじゅ

スイガがうれしそうです。

「よし、もうひとつ()え」

スイガが、(かい)をひらきました。

「おっ、こりゃあいかん。かんだら()がかける」

スイガがなにかを、(かい)()からはずします。

(いし)だ、(いし)。ときどきはいってる」

スイガがそれを(くさ)むらへ、ほうり()げました。

≪なぬっ! も、もしかして、そ、それは――≫

タウパが、どふぁらの(かお)をみます。

「どふぁら(にい)ちゃん、どうしたの?」

「ううう」

「ふ~ん。なんでもないんだ」

















 

6.(しま)ひと価値かちをしらない

パンの()の、えだや()っぱが、トンネルをつくる(みち)です。

どふぁらのよこを、タウパが(ある)きます。

「ねぇ、これがどうしたの?」

スイガのすてた(いし)が、タウパの()のひらにのっています。

「ううう」

「うん、どふぁら(にい)ちゃん、おどろいたかおしたから、ひろってきた」

どふぁらが、グイッとあごを()きました。

宝石(ほうせき)の、真珠(しんじゅ)ずら。()ってきたら、どろぼうずら。んだが、(しま)ではだれも、価値(かち)をしらない。おいらもしらないことに、しておきたかったずら。んだが、すてちまうスイガの(だい)たんさに、びっくりしちまったずら≫


















7.しぜんにできた宝石(ほうせき)()ったら(たか)

「ねぇ、どふぁら(にい)ちゃん、これがどうしたの。なんかいってってばぁ」

どふぁらが、まゆ()をよせました。

≪こまったずら≫

タウパが真珠(しんじゅ)ののった()を、どふぁらにちかづけました。

≪こら、やめろ。のどから()がでる。しぜんにできたこの宝石(ほうせき)は、()ったらめちゃくちゃ(たか)いずら≫

どふぁらが(かお)()きました。

()をだして、ふところにいれたいずら。真珠(しんじゅ)が、大金(たいきん)高級車(こうきゅうしゃ)にみえる。おいらはまだまだ、しゅ(ぎょう)がたりないずら≫

















 

 8.価値かちをしらないひとたちが、師匠ししょう

≪その価値(かち)をしらない(しま)(ひと)たちが、(つよ)くやさしい(こころ)()った、おいらの師匠(ししょう)ずら≫

「ううっ」

「きけんな(どく)って、これが?」

≪そうずら、しゅ行中(ぎょうちゅう)のおいらには、(どく)ずら≫

(あたま)のうえから()のえだや()っぱが、なくなりました。

ヤシの()のあいだをいくと、(うみ)です。

「ううっ、ううう」

「わかった。だったら、すごく(たか)いヤシの()にのぼる」

どふぁらが、すなはまへでました。


















9.(あお)(そら)にかがやく

ヤシの()にのぼったタウパが、()のしんにたちます。

どふぁらが、ヤシの()のつくる(くろ)いかげに、はいりました。

「どふぁら(にい)ちゃん、いい、()げるよ。(おも)いっきりいくからね」

どふぁらが、(そら)をあおぎます。

≪おいらには、(どく)ずら。んだが、あれは――≫

真珠(しんじゅ)が、青空(あおぞら)へむかっていきます。

≪あれは、(しま)(ひと)たちの(こころ)ずら≫

太陽(たいよう)のひかりを()けて、かがやきました。







 

10.まとめ 真珠しんじゅように(うつく)い>







やぁ、どふぁらずら。

ブタに真珠(しんじゅ)

その(もの)価値(かち)がわからないと、そういうずら。

しらないのを、バカにした言葉(ことば)

(しま)(ひと)たちのことずら。

んだがそこころは、

真珠しんじゅように(うつく)い。

どふぁらのページの、あっちやこっちのすみっこで、

かがやいてるずら。




おっと!

これは修行しゅぎょうするおいらの、さいしゅう目標もくひょうずら。

・かわら愛情あいじょう >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓