愛情:ほんのちょっとを、つづければ




*目にやさしい背景色を使用*











ほんのちょっとの小さな愛情。

ほんとうに、とどくのかな?








< 本文は:物語風に3分 >


目次

1.タウパの前書き <毎日やっても、どってことない>

2.登校する途中に、ほんのちょっと

3.ほんの1分のできごと

4.毎朝おなじだから

5.雨の日は、ちょっとちがって

6.ルルンがしゃべれるようになった

7.真似をして話すルルン

8.なんとなくだけど・ほがらかになる気がする

9.まとめ <つづければとどく>








それでは、物語風におくります














- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -







1.タウパの前書き <毎日やっても、どってことない>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

ちょっとのことだから、

毎日やっても、

どってことないってばぁ。

それに、

ルルン、かわいいもん。


















2.登校する途中に、ほんのちょっと

黒い土の道に、白っぽくゆれていました。

木漏れ日を素足でふみながら、茶色い短パンをはいたタウパが、登校します。

道をおれ、門柱のように立つパンの木のあいだから敷地へはいり、屋根が褐色の葉でふかれた母屋をまえにしました。

屋根をささえる柱のあいだに立ち、りょう手を膝について顔を、家の中へむけます。

「おはようございます」

腰を少しまえにおって軒をくぐり、床にりょう膝をつきました。

床のむこうから、歩きはじめて間もない女の子が、足をはやめます。

















 

3.ほんの1分のできごと

いっしょうけんめいに足をはこぶ女の子は、ルルンです。

「あっ、ルルン、ころばないで。気をつけてね」

タウパの首にだきついたルルンが、嬉しそうに奇声をあげます。

タウパがルルンをギュッ、としました。

「ルルン、おはよう」

顔をひいたルルンにタウパが、一方のほほをむけました。

ほほに、ルルンが顔ごと、くちびるをおしつけます。

くちびるをはなしたルルンのほほに、タウパがキスをしました。

「ん~~~~、ばっ」

顔をひいたタウパが、ルルンからはなれます。

















 

4.毎朝おなじだから

軒に頭をぶつけないように、タウパが屋根のしたから、外へでました。

ルルンが立って、手をふっています。

「ルルンも大きくなったら、小学校へいくんだよ」

タウパが歩きはじめます。

「いってくるね」

タウパが道へでるまで、ルルンが手をふっていました。

タウパは毎朝、ルルンに会いにきます。


















5.雨の日は、ちょっとちがって

タウパが、母屋へ歩きながら声をかけます。

「おはようございま~す」

軒に頭をぶつけないようにさげ、屋根の下へはいりました。

手の平ですばやくこすって、腕から水滴をおとし、床のはしにりょう膝をつきます。

走りよったルルンがタウパにだきつき、りょう手で肌をたたきました。

ぴしゃぴしゃ水を飛ばして、よろこびます。

「ルルンが、もっとぬれちゃうってばぁ」

ルルンが顔をひき、ぬれてるタウパのほっぺに、顔をくっつけました。


















6.ルルンが、しゃべれるようになった

母屋をまえにしたタウパが、膝にりょう手をつきました。

「おはようございます」

軒をくぐって、床に膝をつきます。

床の反対側で、立ちあがったルルンが、かけだしました。

「たぁぱ、たぁぱ」

「ルルン、おはよう」

ルルンがタウパの首に、りょう手をまわします。

「おーよー、おーよー」

ルルンがタウパのほほに、くちびるをおしつけ、タウパがルルンのほほに、ん~~~ばぁ、しました。


















7.真似をして話すルルン

軒の外にでたタウパを、ルルンが見おくります。

「たぁぱ、てらしゃい、てらしゃい、たぁぱ」

「今日は学校で、ピクニックにいくんだよ。ルルンもいっしょにこれたら。いいのにね」

「ぴぃにく、ぴぃにく」

ルルンが手をふっています。

タウパが手をふりかえしました。

「いってくるねぇ」

ルルンが手をふりながら、タウパを見ています。

















 

8.なんとなくだけど・ほがらかになる気がする

ピクニックから帰ったタウパが、井戸で水浴びをし、夕食をとりました。

大人の腰ぐらいの高さの床です。

タウパが、床のはしから足をおろして、どふぁらとならんで座りました。

ヤシの幹にうつる西の空の朱色が、夜のおとずれをしらせています。

「ううっ、うう」

しゃべれないどふぁらが、うなりました。

それがタウパには、なんて言ったかわかります。

「どうしてルルンのところへ、いくんだって?」

タウパが首をかしげました。

「う~ん、どうしてだろう、なんとなくかな?」

「ううう」

「なんとなくにしては、長いことつづけてるって?」

タウパが首を、反対側へたおしました。

「そう言われても……。ルルンが、ほがらかな子になる、そんな気がするからかな……」








9.まとめ <つづければとどく>







こんにちは、どふぁらずら。

ちょっとしたことでも、つづければ!

愛情がとどく。

ルルンはいっそう、ほがらかな子になるずら!




おっと!

こっちも愛情ずら。

・のびのびと育つ >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓