考えずに、やる:できるかどうかじゃない




*目にやさしい背景色を使用*











考えたらできないことが、考えなければできる。








< 本文は:物語風に2分 >


目次

1.タウパの前書き <先にわかったら>

2.健気

3.思いやり

4.愛情

5.まとめ <やれば近づく>








それでは、物語風におくります















- そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 -








1.タウパの前書き <先にわかったら>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

島の人の気持ちは、強くて優しい。

そう、どふぁら兄ちゃんがいう。

自分も、そうなるんだって、決めてる。

だけど、

どふぁら兄ちゃんの目指してることが、

どんなことなのか先にわかったら、どふぁら兄ちゃんは、どう思うんだろう。

















 

2.健気

レケは40才をすぎた細身の女性です。

幼いころ木から落ちて、利き腕がつかえなくなり、歩き方もへんです。

「レケは、なにもしなくていいからね」

そう家族から、なんどいわれても、首を横にふったレケは、やがて集落の人の杖になりました。

レケが、軒先から声をかけます。

「こんにちは、トイレにいきたいのは、だれでしょう? それとも、トイレじゃなくてほかの場所かしら? どこへでも一緒にいきますよ」

レケが肩をゆらして歩き、その肩をおもにお年寄りが、たよりにしました。

「こんなことしかできないけど、なにもしないでいるより、ずっといいわ。たよってくれる人の笑顔が、わたしのちいさな幸せなの」

レケは、わけへだてなく人の、たすけになろうとします。

レケの話をきいた、どふぁらが思いました。

≪健気ずら。そんなひかえ目な気持ちで、おいらにできるか、考えたら、う~ん……≫

🌠 レケのページは、こちら >

















 

3.思いやり

「だれかぁ。ブタをとめてぇ。犬はブタを追いかけちゃだめぇ。棚が、バラバラになっちゃう」

ネアラが悲鳴をあげています。

「あらぁ、いやだわぁ、こんなにめちゃくちゃに、こわしちゃって。まだ新しくて、つくったばかりじゃない」

食事にかんする物をいれる棚でした。

「なぁに、問題ない。心配しないでください。ほとんどこわれていません」

その家の主が胸をはり、にこやかにいいます。

「ほんとうに、気にしないでください」

≪今ならわかるずら。こわしたことをもうしわけなく思って、かわりの棚をつくる相手の苦労を、さっしていってるずら。おいらにそこまで相手を、思いやれる人になれるかって……。むずかしいずら≫

🌠 ネアラのページは、こちら >


















4.愛情

枝葉のあいだから入った星の光が、杖をつきながら歩くハチにあたりました。

前をむいて、ゆっくり足をすすめます。

それぞれの家の中から、集落の者たちが、そっと見おくりました。

「自分のしめくくりは、頭がしっかりして、歩けるうちだ」

「ハチさん、きのうから、なにも飲んでないらしいわ」

「林へ入れば、すぐに天国へいける」

「おつかれさま」

「ああ、ほんとうに、長いあいだ、おつかれさまでした」

ハチの頭上から枝葉がきえ、道の両側にヤシの木がたちならびます。

木のかげにたったタウパの問いに、いとこのお姉さんのボアタが答えました。

「自分の子どもや孫に、めいわくをかけたくないんだ。大人の誇り、っていうのらしい。まだ小さい自分の子どもが、具合が悪くなって、死にそうになったら、自分の命をあげてでも、助けたいと思う。その気持ちが、なん十年たってもかわらない。だから、自分から天国へいくんだ」

≪………≫

 深いため息をつきました。

≪言葉がないずら。これは強烈ずら。やれるか、やれないかじゃない。子や孫への愛ずら。んだが、口ばっかりのおいらには……トホホ≫

🌠 ハチのページは、こちら >








5.まとめ <やれば近づく>






 

こんにちは、どふぁらずら。

こんなの前もっておしえられたら、尻込みずら。

んだから、

できるかどうかなんて、考えない。

やる!

そうすれば、近づくずら。




おっと!

やるからには、覚悟するずら。

・襲うとまどい >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓