日の出:朝日のくれる様々な思い




*目にやさしい背景色を使用*











朝日はどうして、力をくれるんだろう?








< 本文は:物語風に4分 >


目次

1.タウパの前書き <新しい日がはじまる>

2.亡くなった人の幸せをねがう

3.つらいなみだ・元気をもらう

4.手紙をくれたつらい友達を思って・祈る

5.つらい日々が終る・感

6.つづけるのが大変・はげみになる

7.まとめ








それでは、物語風におくります














 

― そこは、さんご礁にかこまれたのしげる島 ―







 

1.タウパの前書き <新しい日がはじまる>


こんにちは、島に住む10才のタウパです。

島では、

新しい日がはじまる、って言います。

集落からみる朝日は、

海からじゃなく、遠くのヤシ林の上からのぼってきます。

ヤシの木の高さしかない島が、

でっかい弧を、えがいてるんだってばぁ。


















2.亡くなった人の幸せをねがう

レケは40をすぎた細身の女性でした。

「こんなことしかできないけど、わたしの小さな幸せなの」

そういって集落のお年よりに肩をかし、杖のかわりをします。

おじいさんが残してくれた想い出の花。

咲いたところをみようと、レケに肩をかりて毎日通ったおばあさんが、花のもとで他界しました。

その翌朝レケが、浜辺にならぶヤシの木の横に立ちました。

≪おばあちゃんにも、新しい日がはじまるんだわ。もう、はじまってるわね。空でおじいちゃんといっしょにすごしてる。あんなにうれしそうな顔、してたんですもの≫

そこだけ空が明るくなり、その下のヤシ林のヤシの葉が、黒く映しだされました。

ヤシの葉の影を光がつつむようにけし、太陽がのぼってきて、新しい日がはじまります。

みるみる大きくなる太陽が、レケに自信をくれるようです。

✨ レケのページへ >


















3.つらいなみだ・元気をもらう

チコはタウパの友達の女の子です。

敷地のはしにつくった花壇を、お花に水をあげながら歩きました。

「今日もたくさん咲いたね。きれいに、きれいに、きれいになあれ」

チコはお花と話しながら、毎日世話をします。

すると、花壇にむいて立ったチコが、両手を頭にあてて、泣きながらさけびました。

「いやだ、いやだ、いやだ、やめて、おねがい。ケンカしないで」

二頭の犬が、花壇の中でとっくみあっています。

「おねがいやめて、お花がかわいそう。お花が、お花が、おねがい、おねがい」

お父さんが犬をおいはらい、チコが花壇に入りました。

「ごめんね、ごめんね、毎日咲いてくれたのに、ごめんなさい……」

チコは寝る前にお父さんから、朝おきたら浜に立つように言われました。

チコが浜を前にして、ヤシの木の横に立ちました。

明るくなってきた東の空を背に、低い島影がつづき、その縁から白い光がさしこみました。

≪きれいな光だなぁ。ぐちゃぐちゃになったお花のために、がんばらなきゃ、がんばってまた、お花をそだてなきゃ。太陽さん、みてて≫

グングンのぼる太陽が、支えてくれるようです。

チコのページへ >


















4.手紙をくれたつらい友達を思って・祈る

「も~。そんなお金や物が、ある国のことなんて、わからないってばぁ。わかるのは、話してくれたどの子も、がまんしてるって、ことだけだってばぁ」

自分の言ったことを思いだし、ヤシの幹に片手をあてたタウパが、視線を浜におとしました。

自分とおなじような年の、その子たちを思います。

ウソつきになりたくないのに、お父さんが病気でどうにもならない男の子。

あそびにいきたいのに、お母さんにはぐらかされる女の子。

お金がないのがわかるから、お母さんに強がった男の子。

クラスの子に貧乏だって、言われてるみたいな女の子。

≪どの子も、島の子がしないような、がまんをしてる≫

タウパが視線をあげました。

≪海のむこうからつらいのが、とどいてくるってばぁ≫

太陽が島影から顔をのぞかせました。

≪新しい日がはじまる。その子たちにも、がまんのない新しい日が、はじまりますように。ぜったいに、ぜったいに、はじまりますように、どうかおねがいします≫

力強くのぼる太陽が、思いをかなえてくれるようです。

タウパのページへ >


















5.つらい日々が終る・感謝

集落のはずれにある半島の先端を目指し、お父さんのギーニが浜を歩きます。

「お母さんぼく、お父さんと漁へいくのもう、いやだよ。お父さん、自分の友達にバカにされて、カッコ悪いんだもん」

息子の言葉が、ギーニの胸をしめつけました。

≪俺が、漁がへたくそだってわかっていながら、なんどあいつらにバカにされたことか。女房や子供には、魚を満足に食わせてやれずに、申し訳なかった≫

太陽がのぼってくる空へむいて立ちます。

ヤシ林が海にうかんだような島が、影になってつづいています。

≪こんなことって、あるんだな。俺に、こんな能力があったとは――≫

ギーニは、陸でする漁がじょうずでした。

島影の縁からこぼれた日差しが、刺すようにむかってきました。

≪新しい日がはじまるなんて、ありがてぇ。まるで神様がいるみてぇじゃねぇか。ほんとうにありがてぇ≫

ギーニには太陽が、神様に思えます。

ギーニのページへ >


















6.つづけるのが大変・はげみになる

イククがとなりを走る子に、顔をむけました。

「ありがとう、つきあってくれて。わたし、スポーツ苦手だけど、きらいになりたくない。みんなともあそびたいから、こうしてゆっくり走るのは、つづけるんだ」

ですが走っていると、運動がへたくそなのを笑う子から、からかわれます。

「イクク、集落から少しはなれたところで、走ろうよ」

そこは人気がなくて、さみしいところでした。

友達がいっしょに走れない日は、イククの気持ちがしずみました。

≪でも、走りにいかなきゃあ≫

がんばったイククが、マラソン大会でビリを卒業しました。

マラソンするように浜を走ったイククが、半島のヤシの木を背にして立ちました。

≪新しい日って、くるんだね。はじまった。ほんとうに新しい日がはじまった。どうもありがとう。これからも毎日走る。そしてまた、お礼を言いにくるから――≫

島の上にあがった太陽が、いつもよりかがやいてみえます。

イククのページへ >








7.まとめ 







こんにちは、どふぁらずら。

それぞれ、いろんな思いがあるずら。

おいらも、

特に朝日には、たすけられる。

力をくれるずら。




おっと!

発想をくれるのはこっちずら。

・無心 >








✨どふぁらのページの紹介 ↓ ↓


*画像提供